2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役は北条義時。大河ドラマで平安末期から鎌倉時代が描かれるのは2012年の平清盛以来。私がここ10年位で最もお気に入りの大河ドラマは平清盛になります。今作は清盛をはじめとする平家方も出てくるのでそのあたりの描かれ方も期待しております!



昨年は結局年内に完走できなかったので・・・今年もどうなるか分かりませんが精進致しますので何卒よろしくお願い申し上げます。



→無料視聴可能な大河!2022年1月22日更新

→大河姫プロフィールはこちら

→大河ドラマ「青天を衝け」※未完

→大河ドラマ「麒麟がくる」

→大河ドラマ「いだてん」

→大河ドラマ「西郷どん!」

→大河ドラマ「翔ぶが如く」

→大河ドラマ「軍師官兵衛」

→大河ドラマ「武田信玄」

→大河ドラマ「おんな城主直虎」


最新情報

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第18話「壇ノ浦で舞った男」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第18話「壇ノ浦で舞った男」。源平合戦終結!しかし、忘れないで欲しい。あの男、平清盛なくして武士の世はこなかったのです。しかし、源氏勝利も束の間、早くも源源合戦の匂いが・・・?本日以降、我は義経推しである。鎌倉殿の13人第18話

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第17話「助命と宿命」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第17話「助命と宿命」。頼朝は天に活かされる宿命、一方で義高は天に召される宿命を背負っていたか。また、我が武田家の嫡男も地味に粛清されてしまいました。粛清の宿命・・・(涙)。仕方ない。鎌倉は残酷なんだから。義時と政子は「権力者」としての自覚が目覚めた?鎌倉殿の13人第17話

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第16話「伝説の幕開け」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第16話「伝説の幕開け」。水を得た魚のように戦場を支配する義経。その才覚は戦場に限らず調略にも長けており、義仲を瞬殺し、後白河院の心を掴み、平家を圧倒。鎌倉の白い至宝!ところで、範頼の人柄って最高じゃない?鎌倉殿の13人第16話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第15話「足固めの儀式」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第15話「足固めの儀式」。誰が敵で誰が味方か?違うのですね。最初から頼朝には「味方」などいないのです。「味方とは常に敵の仮の姿」ということなのでしょう。最大の味方は最大の敵になる。広常は気付かなかった・・・。鎌倉殿の13人第15話

スポンサードリンク



鎌倉殿の13人キャスト表

→鎌倉殿の13人のキャスト表

鎌倉殿の13人あらすじ感想

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第18話「壇ノ浦で舞った男」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第17話「助命と宿命」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第16話「伝説の幕開け」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第15話「足固めの儀式」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第14話「都の義仲」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第13話「幼なじみの絆」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第12話「亀の前事件」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第11話「許されざる嘘」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第10話「根拠なき自信」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第9話「決戦前夜」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第8話「いざ、鎌倉」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第7話「敵か、あるいは」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第6話「悪い知らせ」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第5話「兄との約束」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第4話「矢のゆくえ」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第3話「挙兵は慎重に」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第2話「佐殿の腹」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第1話「大いなる小競り合い」