2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役は北条義時。大河ドラマで平安末期から鎌倉時代が描かれるのは2012年の平清盛以来。私がここ10年位で最もお気に入りの大河ドラマは平清盛になります。今作は清盛をはじめとする平家方も出てくるのでそのあたりの描かれ方も期待しております!



昨年は結局年内に完走できなかったので・・・今年もどうなるか分かりませんが精進致しますので何卒よろしくお願い申し上げます。



→無料視聴可能な大河!2021年3月14日更新

→大河姫プロフィールはこちら

→大河ドラマ「青天を衝け」※未完

→大河ドラマ「麒麟がくる」

→大河ドラマ「いだてん」

→大河ドラマ「西郷どん!」

→大河ドラマ「翔ぶが如く」

→大河ドラマ「軍師官兵衛」

→大河ドラマ「武田信玄」

→大河ドラマ「おんな城主直虎」


最新情報

鎌倉殿の13人あらすじと感想第2話「佐殿の腹」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第2話「佐殿の腹」。歴史は確信犯によって作られるワケではない。前回、頼朝や時政、義時は行掛り上歴史を変えてしまったと書きました。・・・どうやらこのスケコマシ殿は確信犯であったようです。そう。伊豆に流されてきた時からずっと確信犯。鎌倉殿の13人第2話

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第1話「大いなる小競り合い」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第1話「大いなる小競り合い」。平家の世において特段の不満もなく生きてきた義時。しかし、何が不満か源氏の佐殿に入れ上げる兄宗時の「やんちゃ」に振り回され巻き込まれ気付いたら祖父と戦に!世界を変えるキッカケはこんなものなのか?鎌倉殿の13人の感想第1話!

鎌倉殿の13人キャスト表

鎌倉殿の13人のキャスト表です。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は源平合戦の平安末期から、鎌倉初期承久の乱までがが描かれます。平安時代が描かれるのは「平清盛(2012年)」以来ですが、承久の乱も描かれるのはなんと41年振りです。鎌倉殿の13人のキャスト表を随時更新していきます。年齢は最終回時の「学年」になります。

スポンサードリンク