2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主役は渋沢栄一。渋沢栄一についてはそれほど詳しく知っているワケではないので新しい発見が色々とありそうで楽しみです。また、渋沢栄一に大きな影響を与える水戸藩の平岡円四郎や徳川慶喜との関わりにも期待しております。



幕末の水戸藩は控えめに言って結構「ヤバい」なのでその辺りの絶望感をしっかり堪能したいですね。



今年も完走できますように精進致しますので何卒よろしくお願い申し上げます。



→無料視聴可能な大河!2021年3月14日更新

→大河姫プロフィールはこちら

→大河ドラマ「麒麟がくる」

→大河ドラマ「いだてん」

→大河ドラマ「西郷どん!」

→大河ドラマ「翔ぶが如く」

→大河ドラマ「軍師官兵衛」

→大河ドラマ「武田信玄」

→大河ドラマ「おんな城主直虎」


最新情報

青天を衝けのあらすじと感想第9話「栄一と桜田門外の変」

青天を衝けのあらすじと感想第9話「栄一と桜田門外の変」。井伊直弼が討たれました。恨みをその一身に背負いとは井伊家とは因縁深い某目付を思い起こされた方も多かったようですね。そして、今回から幕末の最重要人物である孝明帝と岩倉具視もご登場。しかし、今週のMVPはね。親父殿。斉昭じゃないよ?市郎右衛門な!青天を衝けのあらすじと感想第9話

青天を衝けのあらすじと感想第8話「栄一の祝言」

青天を衝けのあらすじと感想第8話「栄一の祝言」。慶喜と直弼の運命の対比が鮮やかでしたね。期待をされ望まれる者と無視され軽んじられる者其々の覚悟と悲哀。井伊直弼は家定を自身に重ねたのではないだろうか。あ、そうそう栄一と喜作、結婚おめでとう!美男美女ばかりの血洗島村羨ましい。青天を衝けのあらすじと感想第8話

青天を衝けのあらすじと感想第7話「青天の栄一」

青天を衝けのあらすじと感想第7話「青天の栄一」。うじうじとしていた栄一が目覚めたお話。山の頂から青天を眺めて目覚める演出は良かった。自然、景色が人間に与える影響は大きいと思うのです。そして、江戸では一橋派のあからさまな動きに家定が・・・!?青天を衝けのあらすじと感想第7話

青天を衝けのあらすじと感想第6話「栄一、胸騒ぎ」

青天を衝けのあらすじと感想第6話「栄一、胸騒ぎ」。篤姫と斉彬が初登場。大分物分かりの良さそうな篤姫様で驚きました。そして、幕府では斉昭が暴れ回り阿部正弘の寿命を縮め、一橋家では美賀君が暴れ慶喜を困らせる。でも、流石。吉子は良妻賢母だ。慶喜は母(しかも二人w)には恵まれましたな。青天を衝けのあらすじと感想第6話

青天を衝けのあらすじと感想第5話「栄一、揺れる」

青天を衝けのあらすじと感想第5話「栄一、揺れる」。今週も良かったですね。特筆すべきは藤田東湖!西郷どんでは無視された東湖先生も斉昭にあそこまで泣かれれば、きっと成仏できた事でしょう。そして、その描き方も最高でしたね。歴代最高の藤田東湖と言える。青天を衝けのあらすじと感想第5話

スポンサードリンク



青天を衝けの人物

→平岡円四郎と慶喜!その最期が象徴する水戸藩の不幸

→中川宮と慶喜!岩倉と対照的なその運命

→岩倉具視と孝明天皇の関係

→孝明天皇はヒ素で毒殺された?

→新門辰五郎の娘お芳と慶喜

→阿部正弘と井伊直弼が「琵琶湖」で関係悪化?

→江戸の大老井伊直弼と京の大老長野主膳

青天を衝けの雑談

→ペリー以前の黒船!宝島事件と文化露寇

青天を衝けのキャスト

→青天を衝けのキャスト表

青天を衝けあらすじ感想

→青天を衝けのあらすじと感想第9話「栄一と桜田門外の変」

→青天を衝けのあらすじと感想第8話「栄一の祝言」

→青天を衝けのあらすじと感想第7話「青天の栄一」

→青天を衝けのあらすじと感想第6話「栄一、胸騒ぎ」

→青天を衝けのあらすじと感想第5話「栄一、揺れる」

→青天を衝けのあらすじと感想第4話「栄一、怒る」

→青天を衝けのあらすじと感想第3話「栄一、仕事はじめ」

→青天を衝けのあらすじと感想第2話「栄一、踊る」

→青天を衝けのあらすじと感想第1話「栄一、目覚める」