2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役は北条義時。大河ドラマで平安末期から鎌倉時代が描かれるのは2012年の平清盛以来。私がここ10年位で最もお気に入りの大河ドラマは平清盛になります。今作は清盛をはじめとする平家方も出てくるのでそのあたりの描かれ方も期待しております!



昨年は結局年内に完走できなかったので・・・今年もどうなるか分かりませんが精進致しますので何卒よろしくお願い申し上げます。



→無料視聴可能な大河!2022年1月22日更新

→大河姫プロフィールはこちら

→大河ドラマ「青天を衝け」※未完

→大河ドラマ「麒麟がくる」

→大河ドラマ「いだてん」

→大河ドラマ「西郷どん!」

→大河ドラマ「翔ぶが如く」

→大河ドラマ「軍師官兵衛」

→大河ドラマ「武田信玄」

→大河ドラマ「おんな城主直虎」


最新情報

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第34話「理想の結婚」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第34話「理想の結婚」。今週は誰も死なないかな・・・と思ったら甘かった。りくの希望の子政範病死。りくは都出身と言うこともあり公家の真似事がお好きでしたがやはり「本家」は恐ろしい。因みに、理想の夫婦は和田殿と巴ちゃんなんだろうね。鎌倉殿の13人第34話。

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第33話「修善寺」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第33話「修善寺」。善児、逝く。修善寺はかつて蒲殿、そしてトウの両親が殺された因縁の場所でしたね。その因縁の場所で頼家もまた最期を迎えました。血で血を洗う鎌倉の影の主は義時。しかし、義時にその役割りは向いてはいない。鎌倉殿の13人第33話

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第32話「災いの種」

鎌倉殿の13人あらすじと感想第32話「災いの種」。義時の孤独が際立つお話。特に、息子泰時は頭も心も全く義時について行っていない。また、政子の「一幡助けて」はどうやらガチであったようでこれもまた悲劇。そして、新たな「災いの種」が最終盤で芽吹く。比企の尼・・・生きてたよ。鎌倉殿の13人第32話

スポンサードリンク



鎌倉殿の13人キャスト表

→鎌倉殿の13人のキャスト表

鎌倉殿の13人あらすじ感想

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第34話「理想の結婚」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第33話「修善寺」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第32話「災いの種」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第31話「諦めの悪い男」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第30話「全成の確率」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第29話「ままならぬ玉」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第28話「名刀の主」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第27話「鎌倉殿と十三人」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第26話「悲しむ前に」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第25話「天が望んだ男」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第24話「変わらぬ人」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第23話「狩りと獲物」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第22話「義時の生きる道」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第21話「仏の眼差し」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第20話「帰ってきた義経」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第19話「果たせぬ凱旋」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第18話「壇ノ浦で舞った男」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第17話「助命と宿命」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第16話「伝説の幕開け」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第15話「足固めの儀式」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第14話「都の義仲」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第13話「幼なじみの絆」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第12話「亀の前事件」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第11話「許されざる嘘」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第10話「根拠なき自信」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第9話「決戦前夜」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第8話「いざ、鎌倉」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第7話「敵か、あるいは」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第6話「悪い知らせ」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第5話「兄との約束」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第4話「矢のゆくえ」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第3話「挙兵は慎重に」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第2話「佐殿の腹」

→鎌倉殿の13人あらすじ感想第1話「大いなる小競り合い」