「青天を衝けあらすじ感想」の記事一覧

青天を衝けのあらすじと感想第3話「栄一、仕事はじめ」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第3話「栄一、仕事はじめ」。今回もまた朝ドラ臭が濃いですね。惇忠と千代のやり取りは一瞬、嘉永年間であることを忘れた。平岡さんはどうしても鴨居の大将に見えてしまうし。慶喜は準主役級ですね。「慶喜感」が半端ない。ただ、幕臣には物足りなさも。青天を衝けのあらすじと感想第3話!

青天を衝けのあらすじと感想第2話「栄一、踊る」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第2話「栄一、踊る」。第2話も冒頭から神君家康公自ら異国との交渉に関して解説頂けるとは驚きました。サービス精神が旺盛でいらっしゃる!流石最後の天下人!物語は栄一の、というか農村の日常が描かれておりましたが・・・朝ドラか!?青天を衝けのあらすじと感想第2話!

青天を衝けのあらすじと感想第1話「栄一、目覚める」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第1話「栄一、目覚める」。今年の大河ドラマは麒麟が去った幕末が舞台。第1話を見る限りは久しぶりに幕末本格大河を期待させる内容でした。文久4年7月の慶喜と栄一の出会いから描かれるというのも粋だと思うのですが不安も・・・!青天を衝けのあらすじと感想第1話!

ページの先頭へ