「黄金の日日あらすじ感想」の記事一覧

黄金の日日あらすじと感想第6話「信長狙撃」

黄金の日日あらすじ感想

黄金の日日あらすじと感想第6話「信長狙撃」。嗚呼、十郎!まさかここでお役御免とは・・・(涙)。そして、兼久お得意の「隙あれば六角承禎」が初登場。五右衛門は流石見えているね。兼久は信長憎しで狂っているのです。自身の人生が暗転したのはすべからく信長が原因とでも思っているのでしょう。しかし、兼久を笑って良いのか?黄金の日日あらすじと感想第6話!

黄金の日日あらすじと感想第5話「総退却」

黄金の日日あらすじ感想

黄金の日日あらすじと感想第5話「総退却」。「長政までがのう」浅井の裏切にも信長は落ち着いておりましたね。流石。そして、織田家重臣のやり取りには「創業期の熱さ」を感じました。熱量が熱量を産む。助左もその熱に触れて飛躍か!?そして兼久は情けなし!黄金の日日あらすじと感想第5話!

黄金の日日あらすじと感想第4話「北征前夜」

黄金の日日あらすじ感想

黄金の日日あらすじと感想第4話「北征前夜」。今週も見応えのあるお話でしたね。助左は自分の首が未だに繋がっているのは相当運がよかったという事に初めて気付いたんじゃないかしら?そして、不世出の天才信長を以てしても未来は分からないのです。いわんや我ら凡人をや。皆、優しくなろう。黄金の日日あらすじと感想第4話!

黄金の日日あらすじと感想第3話「羅針盤」

黄金の日日あらすじ感想

黄金の日日あらすじと感想第3話「羅針盤」。今回は本圀寺の戦いが描かれます。てっきり摂津晴門の罠だと思っていたんですけど信長の罠だったとは!そして、善住坊よ。お前はついて行く人間は絶対に間違えてはならないのだけど・・・!?黄金の日日あらすじと感想第3話!

黄金の日日あらすじと感想第2話「岐路」

黄金の日日あらすじ感想

黄金の日日あらすじと感想第2話「岐路」。堺を抜けるも織田勢に包囲され大ピンチ!そこを仲間の囮で脱して芥川城到着。そして、和議成立に向けての相撲対決に至るも敗北!万事休すかと思われた一行を救うのが主人公助左!物語の展開が美しかったですね。でも今日の主役は善住坊だったと思うのですよ。黄金の日日あらすじと感想第2話!

ページの先頭へ