「武田信玄」の記事一覧

武田信玄(大河ドラマ)最終回のあらすじ「神々の黄昏」

武田信玄あらすじ

武田信玄(大河ドラマ)最終回のあらすじ「神々の黄昏」。我が子晴信の五十有余年の旅もいよいよ今宵で最期となります。長篠城を出発し甲斐へと帰路についた晴信ではございましたが、病はもはや輿に揺られる事さえ許さなかったのでございます。武田信玄最終回!

武田信玄の動画を最終回まで

武田信玄

武田信玄(大河ドラマ)の動画を無料でお試し視聴をする方法について。武田信玄は一番好きな大河ドラマで動画で何度も視聴しております。大河ドラマ武田信玄を動画で観るのにお勧めの方法と大河ドラマ武田信玄の想い出。

武田信玄(大河ドラマ)のあらすじ第49話「幻の都」

武田信玄あらすじ

武田信玄のあらすじ第49話「幻の都」。信玄が戦に出ること134度。武田信玄53年の生涯はまさに戦に明け戦に暮れる戦いの日々。と、同時に信玄堤に代表されるような治水や土木工事、金山開発甲州法度の制定等極めて現代的なセンスを持って甲斐信濃等の領国経営に注力する人生でもあった。戦いと国造りに追われる一方で人間武田信玄の生涯は孤独であった。

武田信玄(大河ドラマ)のあらすじ第48話「信玄倒れる」

武田信玄あらすじ

武田信玄のあらすじ第48話「信玄倒れる」。武田信玄が自ら仏師を呼び自らをモデルに掘らせたという武田不動尊像。この像からは勇壮な武将信玄の実像を伺い知る事が出来る。時として残虐な戦ぶりを展開した信玄も子供に対しては深い愛情と洞察を示したと言われている。

武田信玄(大河ドラマ)のあらすじ第46話「最後の出陣」

武田信玄あらすじ

武田信玄のあらすじ第46話「最後の出陣」。第六感、あるいは虫の知らせ、テレパシー。我々がうかがい知れぬ不思議な力。果たして存在するのであろうか?かつて人は自然の声を聞き、魂の叫びを聞く事が出来た。現代人が洪水のように押し寄せる情報を目と耳で理解するように研ぎ澄まされた心でより豊かに何かを感じ取っていた。

ページの先頭へ