「青天を衝け」の記事一覧

青天を衝けのあらすじと感想第18話「一橋の懐」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第18話「一橋の懐」。「忠義と懐両方無ければならない」。貧すれば鈍する、腹が減っては戦は出来ぬ、衣食足りて礼節を知る。武士は食わねど高楊枝精神で体面は保てるかもしれませんけど、戦は出来ない(涙)。そうそう、円四郎暗殺から初めて慶喜が笑ったね(涙涙)!青天を衝けのあらすじと感想第18話。

青天を衝けのあらすじと感想第17話「篤太夫、涙の帰京」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第17話「篤太夫、涙の帰京」。取り敢えず、川路聖謨の悲劇的、いや見事な最期はがっつり描かれるね。そして、禁門の変からの天狗党の乱。慶喜の受難は続く。武田耕雲斎!マトモな人が狂って行くのは哀しい。これも攘夷の呪いか!?青天を衝けのあらすじと感想第17話

青天を衝けのあらすじと感想第16話「恩人暗殺」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第16話「恩人暗殺」。おいおいおいおい。冗談じゃねぇぞ。俺もまだまだ平岡様と慶喜のいちゃつきを見ていたかったぞ。円四郎よ!慶喜と尽未来際と申していたではないか?申していたではないか!!!(号泣)。青天を衝けのあらすじと感想第16話。

青天を衝けのあらすじと感想第15話「篤太夫、薩摩潜入」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第15話「篤太夫、薩摩潜入」。西郷先生がご登場。西郷と渋沢は話した事あったのかな?栄・・・もとい、篤太夫と西郷の鍋談義はとても美しく描かれいましたね。脚本、演者、演出がシンクロしていた。平岡の危うさを指摘された時の篤太夫の表情とか最高でしたね。青天を衝けのあらすじと感想第15話!

青天を衝けのあらすじと感想第14話「栄一と運命の主君」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第14話「栄一と運命の主君」。参預会議の成立と崩壊をそう描きますかと唸らせられる脚本でしたね。まさに、快なり!!そして、栄一は冒頭から成長著しいじゃないですか。すべからく円四郎さんのお陰。これは奇跡の出会い。ありがとう!円四郎!青天を衝けのあらすじと感想第14話!

青天を衝けのあらすじと感想第13話「栄一、京の都へ」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第13話「栄一、京の都へ」。冒頭から泣かせにきましたね。平岡円四郎とやす夫妻のお惚気。これ、毎週やるんですか?そんなに泣かせて楽しいですか!?(涙)。平岡夫妻は江戸のベストカップルです!!そして、栄一と長七郎の対照的な姿。「運」で片付けて良いものなのか!?青天を衝けのあらすじと感想第13話!

青天を衝けのあらすじと感想第12話「栄一の旅立ち」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第12話「栄一の旅立ち」。コロリよりも恐ろしいはやり病「攘夷熱」からようやく回復した栄一。特効薬となった長七郎の姿が良かった。死に場所を求めていた長七郎が気付いた「命の使い道」。でも此処でライフを使い切ってしまったかな・・・。青天を衝けのあらすじと感想第12話!

青天を衝けのあらすじと感想第11話「横濱焼き討ち計画」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第11話「横濱焼き討ち計画」。濃い45分でしたね。視野がどんどん狭くなり過激になるばかりの栄一達。過激な「攘夷かぶれ」に頭を悩ませる慶喜。そして、その慶喜に心強い相棒が!栄一が攘夷にドはまりしてゆく行程はこの時代のよくある風景なのでしょうね。青天を衝けのあらすじと感想第11話!

青天を衝けのあらすじと感想第10話「栄一、志士になる」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第10話「栄一、志士になる」。私は圧倒的に「佐幕派」なんですよね。長州藩より新選組だし会津藩が好きなのです。なので「攘夷病」が血洗島村まで広がっている事が哀しいです。しかし!既に栄一は「攘夷かぶれ」から抜け出せる要素を見せていたかと思います。これは・・・親父と妻の力かな?青天を衝けのあらすじと感想第10話!

青天を衝けのあらすじと感想第9話「栄一と桜田門外の変」

青天を衝けあらすじ感想

青天を衝けのあらすじと感想第9話「栄一と桜田門外の変」。井伊直弼が討たれました。恨みをその一身に背負いとは井伊家とは因縁深い某目付を思い起こされた方も多かったようですね。そして、今回から幕末の最重要人物である孝明帝と岩倉具視もご登場。しかし、今週のMVPはね。親父殿。斉昭じゃないよ?市郎右衛門な!青天を衝けのあらすじと感想第9話!

ページの先頭へ