「麒麟がくるあらすじ感想」の記事一覧

麒麟がくるのあらすじと感想第6話「三好長慶襲撃計画」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第6話「三好長慶襲撃計画」。大河ドラマで「三好長慶」という題を見る事が出来る日がこんなに早く来るとは。次は主役に・・・!光秀と藤孝、そして義輝。この出会いは将来の複線になるワケですね。分かります。そして、駒との関係は悲恋の予感・・・!麒麟がくるのあらすじと感想第6話!

麒麟がくるのあらすじと感想第5話「伊平次を探せ」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第5話「伊平次を探せ」。伊平次を探して再び京へ。幕末京都の顔役達がそろい踏み。何より興奮したのは義輝公・・・も、そうですが「天下人」三好長慶登場!早く、大河ドラマの主役に・・・!麒麟がくるのあらすじと感想第5話!

麒麟がくるのあらすじと感想第2話「道三の罠」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第2話「道三の罠」です。面白や、この宿は、縦は十五里・・・!「道三の罠」には主に二つの意味があったのですね。最後、道三が茶をたてる場面は「伊右衛門」がトレンド入りしたのもいとおかし。しかし、あの場面で茶を飲む・・・飲まざる得ないということか・・・?麒麟がくるのあらすじと感想第2話!

麒麟がくるのあらすじと感想第1話「光秀、西へ」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第1話「光秀、西へ」です。・・・待たせやがって・・・!やっと麒麟がやって来ました。第1話から盛り上がりが凄かった。信長以前の「幕末」がしっかり描かれるのは初ではないかな?良い意味で色々と思うところがありました。麒麟がくるのあらすじと感想第1話はじめます!

ページの先頭へ