「麒麟がくる」の記事一覧

麒麟がくるのあらすじと感想第41話「月にのぼる者」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第41話「月にのぼる者」。平蜘蛛の件は尾を引くかと思いきやあっさり返上しましたね。いや、それでこそ十兵衛。良くも悪くも「我が道を征く」ストロングスタイル。十兵衛はまだ信長を諦めてないし、信長も意外と十兵衛への愛は残っていた。あと、オープニングのクレジットにいた「荒木」は残念ながら村重ではなかったようで・・・。

麒麟がくるのあらすじと感想第40話「松永久秀の平蜘蛛」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第40話「松永久秀の平蜘蛛」。久秀は未来に向けて矢を放ったのですね。当たるか否か、いや、そもそも届くかどうかも分からない。しかし、未来を変える可能性を平蜘蛛に、十兵衛に託したのですね。麒麟がくるのあらすじと感想第40話。

麒麟がくるのあらすじと感想第39話「本願寺を叩け」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第39話「本願寺を叩け」。今宵、可愛いが仕事の熙子が(涙)。出しゃばらないデキた嫁にございました。でも、良い時に亡くなったとも言えるかも。そして!岸の「荒木の父」の言葉でテンション上がったのですが村重は出てくるのか!?麒麟がくるのあらすじと感想第39話。

麒麟がくるのあらすじと感想第38話「丹波攻略命令」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第38話「丹波攻略命令」。三淵藤英の言葉は重かった。散りゆく花も、一度は咲いて魅せたと・・・(涙)。一度も咲くことなく散るどころか根腐れする花も多いと言うのに。そして、十兵衛は相変わらず十兵衛のままで嬉しいような怖いような。麒麟がくるのあらすじと感想第38話。

麒麟がくるのあらすじと感想第36話「訣別」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第36話「訣別」。十兵衛はモテる。そりゃもう容赦なくモテる、愛される。十兵衛の凄みは「元恋人」も皆十兵衛が大好きな事・・・。さて、十兵衛に新しい恋人も出来そうですがこの方も中々のモテ男のようですね。麒麟がくるのあらすじと感想第36話です。

麒麟がくるのあらすじと感想第35話「義昭、まよいの中で」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第35話「義昭、まよいの中で」。迷っているのは十兵衛も同じ。既に不惑を過ぎておりますが多分人生は迷い続けるものなのでしょうね。道を易に求める久秀の気持ちはよく分かります。晴門には・・・迷いはあったな?麒麟がくるのあらすじと感想第35話!

麒麟がくるのあらすじと感想第34話「焼討ちの代償」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第34話「焼討ちの代償」。叡山が焼け落ちました。十兵衛が「言い訳」をしていましたが、久秀は流石。十兵衛の「ホンネ」を喝破しておりましたね。そして、ついに我が子晴信が降臨・・・!せめて、2週は大活躍して欲しい。麒麟がくるのあらすじと感想第34話です。

麒麟がくるのあらすじと感想第33話「比叡山に棲む魔物」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第33話「比叡山に棲む魔物」。天台座主覚恕様のご登場。商才と権謀術数には長けていらしたみたいですね。同じく親王で天台座主となった大塔宮様は武力に長けておりましたので、其々の才能を足して二で割れば無敵の天台座主だったかなとか思いました。・・・俗世から離れて俗世の才能が開花するとは御仏もまた意地の悪い・・・。麒麟がくるのあらすじと感想第33話!

麒麟がくるのあらすじと感想第32話「反撃の二百挺」

麒麟がくるあらすじ感想

麒麟がくるのあらすじと感想第32話「反撃の二百挺」。心配です。誰が心配か?そりゃもう松永久秀様・・・ではなくて駒ちゃん。今宵分かったことがあります。あれば「身の程をわきまえた」愛人タイプ。自信に満ち溢れていて正妻が一番嫌う・・・。麒麟がくるのあらすじと感想第32話!

ページの先頭へ