「鎌倉殿の13人感想」の記事一覧

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第24話「変わらぬ人」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第24話「変わらぬ人」。変わらぬまま、亡くなった蒲殿。変わらぬまままた弟を殺した頼朝。一方で変わった事で生き延びた巴、そして・・・変わろうとして、変われなかった大姫。大姫の都入りは早すぎました。悲しみの鎌倉殿の13人第24話

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第23話「狩りと獲物」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第23話「狩りと獲物」。曾我兄弟の仇討に名を借りた頼朝暗殺は失敗に終わり、見事な「仇討ち」として語り継がれる。史実を視点を変えて料理する見事な脚本。曾我兄弟の暗殺計画は失敗に終わりましたが与えた影響は暗殺以上か?鎌倉殿の13人第23話。

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第22話「義時の生きる道」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第22話「義時の生きる道」。大天狗、逝く。ついに都の大天狗後白河院が崩御。一つの時代が終わりました。頼朝はこれで日の本の独裁を確立したかに見えましたが、足元の地獄鎌倉では新たな修羅物語が始まりそう?鎌倉殿の13人第22話。

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第21話「仏の眼差し」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第21話「仏の眼差し」。頼朝の無神経ぶりには怒りを通り越して失笑してたのですけど。幸せはだんだん大きくなって、不幸は突然やってくる。八重さんと小四郎君は少しずつ幸せを膨らませて来ていたのに・・・(涙)。八重さんの幸せそうな表情が涙を誘う。鎌倉殿の13人第21話。

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第20話「帰ってきた義経」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第20話「帰ってきた義経」。義経、静御前、里、そして武蔵坊。義経一座はそれぞれ最後を迎える。悲劇的ではありましたが、義経と武蔵坊には生き抜いた感がありましたね。一方で嫁二人は・・・意地を通したけど後味は・・・?鎌倉殿の13人第20話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第18話「壇ノ浦で舞った男」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第18話「壇ノ浦で舞った男」。源平合戦終結!しかし、忘れないで欲しい。あの男、平清盛なくして武士の世はこなかったのです。しかし、源氏勝利も束の間、早くも源源合戦の匂いが・・・?本日以降、我は義経推しである。鎌倉殿の13人第18話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第17話「助命と宿命」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第17話「助命と宿命」。頼朝は天に活かされる宿命、一方で義高は天に召される宿命を背負っていたか。また、我が武田家の嫡男も地味に粛清されてしまいました。粛清の宿命・・・(涙)。仕方ない。鎌倉は残酷なんだから。義時と政子は「権力者」としての自覚が目覚めた?鎌倉殿の13人第17話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第16話「伝説の幕開け」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第16話「伝説の幕開け」。水を得た魚のように戦場を支配する義経。その才覚は戦場に限らず調略にも長けており、義仲を瞬殺し、後白河院の心を掴み、平家を圧倒。鎌倉の白い至宝!ところで、範頼の人柄って最高じゃない?鎌倉殿の13人第16話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第15話「足固めの儀式」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第15話「足固めの儀式」。誰が敵で誰が味方か?違うのですね。最初から頼朝には「味方」などいないのです。「味方とは常に敵の仮の姿」ということなのでしょう。最大の味方は最大の敵になる。広常は気付かなかった・・・。鎌倉殿の13人第15話!

ページの先頭へ