「いだてん」の記事一覧

いだてんの感想第30話「黄金狂時代」

いだてんの感想

いだてんの感想第30話「黄金狂時代」。全種目制覇を合言葉に日本競泳陣は盤石!幸先よくワンツーフィニッシュを決めて実感放送も大変好評!しかし!好事魔多し・・・。腹痛とモヤモヤと占いババア・・・。そして、昭和も平成も多分令和もね。色男は癒し・・・!!!大河ドラマいだてんの感想第30話!

いだてんの感想第29話「夢のカリフォルニア」

いだてんの感想

いだてんの感想第29話「夢のカリフォルニア」。ついに始まったロス五輪。オリンピックを軸に当時の日系人の暮らしぶりも描いていましたね。この頃は丁度日系人1世の中に豊に暮らす人々も現れた頃です。もっとも、それが軋轢を生んでしまうのは皮肉なお話しですが・・・。大河ドラマいだてんの感想第29話。

いだてんの感想第27話「替り目」

いだてんの感想

いだてんの感想第27話「替り目」。第2部が始まり3話目ですがバトンタッチの象徴的な話は今回なのかもしれませんね。「いだてん」が本当に「さよなら」をしました。安心して田畑政治に後を託す。ま、30歳超えても生きていけそうだし!大河ドラマいだてんの感想第27話。

いだてんのあらすじ第35話~ベルリンオリンピック~

いだてんあらすじ

いだてんのあらすじ第35話です。ドイツによる非武装地帯ラインラント進駐により独仏間に緊張がはしる。フランスの体育協会もドイツのラインラント進駐に「ベルリンオリンピックボイコットやむなし!」と強硬であったが・・・。大河ドラマいだてんのあらすじ第35話。

いだてんのあらすじ第34話~二・二六事件~

いだてんあらすじ

いだてんのあらすじ第34話です。昭和11年2月26日未明。帝都防衛の要である帝国陸軍第1師団、近衛師団の一部が「昭和維新・尊王斬奸」を叫び決起。この決起は周到に準備されており、決起軍は元老・重臣を次々と殺害し政府は機能を停止する。大河ドラマいだてんのあらすじ第34話。

ページの先頭へ