いだてんのあらすじ第15話韋駄天(いだてん)四三は困惑する。熊本へ戻った思ったらスヤと見合い!?いったい何が・・・?そこには切ない事情があったのだ。大河ドラマいだてんのあらすじ第15話

いだてんのあらすじ第15話上巻~結婚~

いだてん四三が熊本の実家に戻ると問答無用で見合いをさせられる。そこにはスヤとスヤの義母幾江がいた。スヤは結婚したはずでは・・・?

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役について!

→いだてんの感想第15話「あゝ結婚」

いだてん金栗四三の子役キャストは?

→嘉納治五郎と東京オリンピック

波乱の見合い

スヤは池部家の跡取り重行と結婚していた。しかし、重行は身体が丈夫ではなかった事もあり亡くなっていたのだ。




そこで、池部家は新たに養子を迎えなければと考え四三にその白羽の矢が立った。四三は突然の事に混乱しすんなりと飲み込めない。




すると、スヤが突然、



「この話は無かった事に!」



と、言うと顔を赤らめ出て行ってしまう。幾江は四三の態度におかんむりである。



「イイ気になりなさんなよ!」



幾江が欲しいのは「四三」ではない。
スヤである。




スヤは重行が亡くなると実家に戻ったのだが、川で洗い物をするスヤと話をしてスヤの人柄に改めて惚れ込んでいた。




兄の実次としても今回の「オリンピック参加費」を支援してもらった恩もあるし四三が池部家の養子となればいずれ担保の田畑も四三の物になる。




幾江が帰ると四三は次のベルリンオリンピックへの意気込みを語る。東京高師を卒業後は教員になるのではなくオリンピックに全力で取り組みたいのだと。




兄実次は激怒・・・しなかった。



「分かった!ならば尚の事結婚せい」



オリンピックに参加するには費用もかかる。教員暮らしでは難しいだろうが池部家の支援があれば可能ではないかと。



「・・・スヤさんの事ば好かんのか?」



実次の言葉に四三は絶句する。

決断

幾江は四三が養子になるのを断ったからと言って落ち込んではいない。




幾江が惚れ込んでいるのはスヤである。養子はまた別の良い相手を探せばよい。




ところが・・・。



「相手が四三さんでなかったらこの話は無かった事に・・・」



スヤは再婚相手は四三と心に決めているようだ。




お見合い騒動の翌日。四三は日課の水浴びをしながら考えこむ。
海軍兵学校に落ちた時、



「自分の身体を自分の為に使う」



そうアドバイスをくれた事で人生が拓けた。
四三は決意する。




大正2年春。




四三とスヤは結婚する。




四三は自分は4年後のオリンピックを目指しマラソンに集中したいと改めて伝えるがスヤはそれで構わないと言う。




スヤも今迄良くしてくれた幾江に恩返しをする事が大事だと笑う。




かくして。




四三は再び東京へ戻り熊本に残るスヤと遠距離結婚生活が始まる。




いだてんのあらすじ第15話はまだまだ続く。孝蔵は武者修行の旅の際中である。

いだてんのあらすじ第15話中巻~孝蔵の修業~

四三とスヤがすったもんだのお見合い騒動をしている頃。孝蔵は小円朝一座と浜松にいた。浜松には「勝鬨亭」と呼ばれる寄席がある。楽屋に泊まる事が出来て三度の飯も出てくることから芸人の間では人気があった。

スポンサードリンク



面白くはねぇ

孝蔵は寄席でちいちゃんと呼ばれ芸人達から愛される少女になつかれていた。




そのちいちゃんに酌をされながら、よく寄席に来ているお茶子の政治に自分の噺の感想を尋ねてみた。政治は近くの造り酒屋の次男坊でよく父親に連れられ寄席に来ていたのだ。



「たいしてもんですぇ」



政治は孝蔵が噺を徹底的に稽古したのがよく分かると言うが、



「面白くはねぇ」



と。



「なんだと!?」



孝蔵は子供にコケにされたといきり立つが、



「その通りじゃねぇか」



と、これは小円朝である。



「テメエの人情噺はどうなんだ?!」



孝蔵は小円朝につかみかかる。




結局。




孝蔵は勝鬨亭を追い出されてしまうのであった。

二人旅

小円朝の弟子の万潮が孝蔵に付き合ってくれた。




夏の暑い盛り。




勝鬨亭を這う這うの体で追い出されて二人旅である。




浜名湖近くの弁天橋を通り過ぎると、見覚えのある水泳をしている少年達の中に見知った顔を発見する。。
孝蔵の話を、



「面白くはねぇ」



と、宣った政治少年である。浜名湖は水泳が盛んであり、独特の「浜名湾流」という古式泳法もある。



「河童小僧!鰻でも取ってこいよ!」



※関連記事:→浜名湖と言えば堀川城の戦い


孝蔵は政治に声をかける。聞こえているのかいないのか。




政治少年は真剣そのものの表情で泳いでいた。




いだてんのあらすじ第15話もいよいよ最後の段。四三もまた修業中である。

いだてんのあらすじ第15話下巻~四三の修業~

東京では嘉納治五郎が苛立っていた。新体制となった体育協会は財政立て直しの件にかかり切りであった。四三は東京に戻り嘉納治五郎に「結婚」の報告をしようとしていたがタイミングを逸してしまう。

耐熱練習

盛夏。




四三は館山で合宿を行っていた。




オリンピックは7月に開催される。夏の暑さを克服しなければ勝利はおぼつかない。




真夏の太陽が照り付ける時間に帽子も被らずトレーニングを続ける四三。まかり間違えば命の危険もあるようは日々を送る。




季節は流れ四三の卒業が近づいた冬のある日。




四三は池部の家に手紙を出す。




一般的には東京高師を卒業すると全国の中学の教員となる。四三も故郷熊本に戻り地元で中学の教員になるはず。




しかし、四三は卒業後も熊本には戻らず、2年半後のオリンピックに挑戦するためマラソン漬けの日々を送る覚悟であった。




覚悟であったが。



「実次さん!これはどげんことですか!!」

「あ、いや・・・」



その覚悟でいる事を幾江に手紙を出して知らせたのだ。幾江は激怒して実次に怒鳴り込んで来る。




実次は兎に角平謝りに謝るしかなかった・・・。




スヤも、



「オリンピックまでの辛抱」



と、幾江を説得していた。

プロ

四三の決断は東京高師でも歓迎されてはいない。
特に怒っているのは永井である。



「官費で学んでおきながら教師にならんとは!」



それでも、四三は東京高師の教授陣に、自分は教職にはすすまずトレーニングを続けると宣言する。その様子を見ていた嘉納治五郎が一言。



「・・・時にいだてん!靴を脱ぎたまえ」



四三は言われるがままに靴を脱ぐ。その足は汚れ、血マメだらけであった。




嘉納はその脚を不格好で汚らしくとても人の上に立つような人間にはなれないと言う。



「このような脚では世界一のマラソン走者位にしかなれん!」



マラソンを極まめて日本のプロスポーツ選手の嚆矢となれ!嘉納は四三の衣食住は体育協会が面倒を見ると宣言するのであった。




以上、いだてんのあらすじ第15話でございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのあらすじ第16話~転機~

→いだてんの感想第15話「あゝ結婚」

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役について!

いだてん金栗四三の子役キャストは?

→嘉納治五郎と東京オリンピック