いだてんを動画で見たい!放送時に見逃してしまったり複線回収の鮮やかさを動画で再確認したいという方にお勧め。いだてんの第1話から最終回まで動画視聴する方法があります。管理人はいだてんは勿論、大河ドラマは30年以上見てますが、見逃した時に無料で視聴が出来ました。

いだてんを見逃した場合に無料動画を見る

いだてんの放送を見逃してしまった!もう一回再放送・動画を見たい!通常は放送終了後から6日後の土曜日NHK総合で13:05から再放送がありました。しかし、最終回の再放送も終わってしまうともう放送はありません。




いだてんを見逃してしまった!いだてんを動画でもう一度観たい方にお勧めの方法があります。

いだてんを見逃し無料動画で見る方法

いだてんを見逃した、名場面をもう一度動画で観たい方には「U-NEXT」がお勧めです。
(2019年1月5日現在の情報です)




管理人も現在利用中なのですがお試し期間であればいだてんの動画を無料で視聴する事が出来ます。

管理人は無料お試しから始めて現在はU-NEXTの月額会費1990円(税抜)内で特選見放題を使用しています。



基本会費1990円(税抜)で付与されるポイントのみなので利用なので追加料金はありません。


→いだてんの動画



無料期間であっても600ポイントの付与があるので「見放題」以外の作品も楽しめます。


お試し期間中に解約すれば完全無料です。
見逃したいだてんやもう一度見たかった名場面を動画で観た後に「継続」しても良いかな?と思ったら、有料で継続しても良いですし、あんまり使わないかも?と思ったらお試し期間中に解約すれば費用はかかりません!
※いだてんはポイント利用で視聴する形となります。

いだてんの動画は全話見れない・・・?

いだてんを動画で見たい方に一点注意をしてほしいことがあります。




いだてんで重要な役回りを演じていた俳優さんが諸事情で途中降板してしまいました・・・。




そのため、第4話/第5話/第6話/第7話/第8話/第10話は配信停止中です。




勿論、私は放送時に現在配信停止中の話も放送時に視聴しております。もし、未視聴の方でその間のお話が気になる方(当然気になりますよね)はコチラに感想とあらすじを書いております。多少なりともお役立て頂ければと・・・!

大河ドラマいだてんについて

日本で初めてオリンピックに参加(1912年ストックホルムオリムピック)した男「金栗四三」と日本に初めてオリンピックを招致(1964年東京オリンピック)した男「田畑政治」の物語です。語りには落語家「古今亭志ん生」が登場。

激動の20世紀初頭から半世紀を描く

大河ドラマというと「幕末明治」と「戦国時代」が定番です。




勿論、この時代は日本史上屈指の激動の時代であり魅力的な人物が多数活躍する時代でもあります。




いだてんを含む過去10年(2010年~2019年)までの大河ドラマで「幕末明治」「戦国時代」以外を描いたのはこの「いだてん」以外では「平清盛」だけですね。




しかし、日本史上最も激動だったのはいだてんで描かれた明治後期から昭和中期までの半世紀だと思うのです。




日清戦争・日露戦争、そして第一次世界大戦を経て、世界の五大国の一角を締め、世界三大海軍と称されるだい海軍を擁するようになる!




坂の上の雲を目指していたら、もう坂は登りきっていた!




しかし、そこからの転落もまた早かった・・・。




チャーチル曰く「出てくるエネルギーに際限がない」と言われたアメリカと戦い日本全土は焦土に。




御維新以来半世紀かけて作り上げてきた大日本帝国はそこから半世紀かけて坂道を転がり落ちていくワケです。




そして、戦後の復興ですね。




日本の歴史で最も激動だったのは間違いなくこの時代だと思います。



→いだてんの動画

敗者の歴史

いだてん前半の主人公金栗四三は金メダルが期待されながらストックホルムオリンピックでは途中棄権。そして、自身の全盛期に出場するはずだったベルリン大会は戦争で開催されず。




戦後、復活したオリンピックにも出場しますが、アントワープ大会は16位、パリ大会は途中棄権と成績は振るいませんでした。




そして、もう一人の主人公である田畑政治も夢に見た1964年東京オリンピックを目前にして職を追われています。




金栗と田畑は日本スポーツ界の黎明期を支えながらも表舞台に立つことがなかった先人たちの「象徴」なんだと思います。




大河ドラマいだてんは「敗者」つまり表舞台に立つことはなかった、立てなかった、記憶にも記録にも残っていないが、偉大な先人たち一人一人の物語なのだと思います。

挑戦と挫折

いだてんは「左からも右から叩かれる」大河ドラマでもありました。




左からは「2020年東京オリンピックに向けて国威発揚のための時代錯誤大河」右からは「自虐史観が随所に見られる前世紀的大河」といった感じで。




その是非についてはココは論じませんが、脚本家は「そういうリスク」があることを分かっていて敢えて火中の栗を拾っているのだと思います。
(まあ、概ね批判はエアプならぬエア視聴が多かった印象ですけど)




後半はどうしても「戦争とオリンピック」「民族主義とオリンピック」といった負のテーマに触れざる得ない。宮藤官九郎はそこにどうしても「挑戦」したかったのではないかと。




歴史を描く大河ドラマで日本史上最も激動であった20世紀が殆ど取り上げられていないのであれば自分が黎明の鐘を鳴らしてやろうと。




結果は(興行的には)見事に惨敗。




私にはこの大河ドラマいだてんそのものが金栗や田畑、そして嘉納治五郎、シマ、小松君といった「敗者達」と重なって見えてなりませんでした。




いだてんは今年最も多くの人が呟いたドラマの一つだったそうです。




以上、いだてんの動画を無料で試す方法について。

大河姫

今宵は此処まで致します。