いだてんの感想第43話「ヘルプ!」。歴史はそれ自体は繰り返さないかもしれないが、役者を変えて繰り返す。幻の東京五輪とジャカルタアジア大会。退くも地獄、行くも地獄。田畑政治の信念が試される。にしても・・・川島は腹立つが・・・。大河ドラマいだてんの感想第43話

いだてんの感想第43話「哀愁」

津島さんは確かに老いぼれだよ。耳は遠いし、単位の言い間違いなんかしょちゅうで小便も近い。




・・・まーちゃん、やめたげて・・・

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?

津島さん

津島さん、ああ見えても小磯内閣蔵相、戦後は宮様内閣で蔵相に再任。その後、公職追放を経て戦後賠償問題でも活躍していた。




津島さんは東京帝大、大蔵省とエリート街道(戦前は省の中の省と言えば内務省だけど)をひた走る。私大出で軽量級閣僚しか経験のない川島とはモノが違うの。
(因みに、池田勇人は京都帝大)




しかし。




悲しいかな、時代は変わった。




党人肌の川島が幅を利かすような時代。




多分、苦々しいと思う部分もあると思うんですよね。一方で、もはや自分の時代ではないと現実を受け入れる部分もあるんかな。




川島が田畑に言っていた、



「(津島さんには)期待してないからだろ?」



というのも当然感じている。




河野と田畑の会話聞いてたんだけど、最後の一番大事なところ、



「俺は好きだよ」



ってのちゃんと聞こえて・・・ないんだろうなぁ・・・。




耳遠いから・・・。

いだてんの感想第43話「政治がやりたい」

スポーツがやりたい田畑と政治がやりたい川島。川島と田畑はちょっと似ているのかもしれません。情熱的なところ、そして田畑とは方向性は異なるけど「人間が好き」なところが。

スポンサードリンク



政治を楽しむ

政治を楽しむというのは二重の意味で。




一つは文字通り「ポリティックス」という意味。もう一つは「まーちゃん」のこと。




ただ、川島にも信念みたいなものはあると思う。



「日本は変わるんだ!オリンピックで!!」



変わるとは何か?国際社会で名誉ある地位を占め、失われた栄光を取り戻す。これも決して悪いコトじゃない。




その為に「使えそう」なイベントは使うし何よりも、



「楽しむ」


のだ。




川島は政治、つまりは「人事と評価」が好きなんだろうと思います。そして、その才覚がある事にも自覚的。




組織委員会の面々には個別に接触して「仲間割れ」を誘発するような言動を問いかける。まあ、サークルクラッシャー女子みたいな感じかな・・・?




自壊していくのを眺めているのが好きなんだろうなぁ・・・。

小物ではないが・・・

「川島はそんな小物ではない」

「オリンピック担当大臣なんて数あるアクセサリーの一つ」



河野の言っている事はまあ、そうなんだと思います。




しかし「田畑」を気に食わないのも間違いないと思います。小物ではないけど、ある意味で人間小さい処もある。繊細とでも言うべきかな?川島は人の感情が分かるし、それ以上に「自分自身の感情」にも敏感




そう。




敏感なんですよね。



戦前の犬養毅や高橋是清と渡り合った(と、いうのは少々誇張だと思うけどw)田畑からすれば「川島は小物」なんです。そして、それは田畑の一挙手一投足から滲む。それが敏感な川島をいたく傷つけたんだろうなと思います。

いだてんの感想第43話「歴史は繰り返す」

歴史は役者を変えて繰り返す。田畑政治が初めて迷いを見せた。しかし、その迷うを断ち切ったのは・・・。皮肉にも川島正次郎だったかな。

迷い

田畑政治が迷ったのは2回目。




まずは、幻となった東京オリンピック。



「今の日本は嘉納さんが世界に見せたい日本ですか!」



あの時、散々迷って迷って嘉納先生とは袂を分かった。




だから分かるんですよね。



インドネシアの人がどれ程アジア大会を心待ちにしていたのか。インドネシア、そしてアジア各国の選手がどれ程この大会にかけているのかを。中止なればどれ程の選手達の未来を奪ってしまうのか。




岩田に「嘉納さん何か言ってないか?」と尋ねる場面は象徴的。




嘉納治五郎先生も迷ったと思いますけど、田畑と同じ決断をしたんじゃないかな。




出場すると。




しかし、その結論を出すには時間が必要だった。




田畑の「アタマ」を整理したのは東龍さんでしたね。



「何で迷っているの?」

「東京オリンピック!オリンピックだよ!でなきゃとっくに出てるよ」



オリンピックが再び返上させられるかもしれないという恐怖。




天秤にかかっているのは「東京オリンピック開催」と田畑が最も大事にしていた価値観である「選手ファースト」という考え方。選手ファーストを貫く事で東京オリンピックが返上になるかもしれない。




そして、最後に背中を押したのが川島正次郎ですね。



うん!まーちゃんよく言った!

川島の想い出

ホテルの電話が繋がらない。




んで、繋がらない新築ホテルは川島の貢献もあって建築された。




オリンピックの問題がいつの間にか政治問題に。



黒幕は川島正次郎か?




直接的な表現はないんですけど、海老を食べているだけで雰囲気ありますね。




で、その川島さんなんですがね・・・。




昔、ウチの曾祖父の元に挨拶に来たことがあったとか。




此間実家に帰った時にリアル親父殿から聞いた。
(親父殿はいだてんは見てない)




曾祖父(父親にとっては祖父)曰く、調子の良い男だが憎めない奴だと言ってたようです。まあ、愛されるお人柄ではあったのかな?力のある人からは。




あ、我が家は三代前は資本家だったのです。




今ではすっかり落ちぶれて父子孫三代労働者階級ですが・・・(涙)。




以上、いだてんの感想第43話「ヘルプ!」でございます。

今宵は此処までに致します前にちょっと提案がございます!

あの、、、「進撃の巨人」見ていますか??私、大河ドラマの後深夜放送されている「進撃の巨人」のアニメを見ております。私は漫画ではなくアニメ派。今(2019年10月1日現在)3期まで放送されているのですけど、大河ドラマ用に登録したU-NEXTでお試し期間内なら全話(3期まで全て)お試しで無料視聴可能なので是非ご覧になって頂ければ・・・!歴史好きな人なら絶対ハマると思います・・・!
※注:2019年12月1日現在の情報です。

→大河姫オススメ進撃の巨人を覗く?


大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第44話「僕たちの失敗」

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?