いだてんのあらすじ第45話です。東京オリンピックを2年後に控えた段階での会長と事務総長の解任劇は各方面に波紋を広げる。後任の会長もすぐには決まらなかった。足元の組織委員会でも動揺が広がる。大河ドラマいだてんのあらすじ第45話

いだてんのあらすじ第45話上巻~託す~

田畑の組織委員会解任を聞いた仲間達が心配し田畑を訪ねて来た。渉外部の岩田は田畑が辞めるなら自分も組織委員会を辞するとまで言う。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?

ストップウォッチ

松澤たちは突然組織委員会を解任された田畑を元気づけようと集まったのだ。田畑はその気持ちを嬉しく思うのだが、素直になれない。



「組織委員会に残るお前たちに俺の気持ちは分かるまい」

「僕も組織委員会を辞めようと思います」



岩田の言葉に田畑は驚く。



「ダメだ!君じゃなきゃダメだ!俺が敷いたレールを走り切ってくれ!」



ここで、岩田をはじめとする枢要メンバーまで抜けてしまったら、組織委員会はガタガタになる。岩田は田畑の説得を受け入れる。



「なら、これは暫く僕が持ってて良いですか?」



突然の組織委員会解任劇で紛失していた嘉納治五郎から託されたストップウォッチ。田畑はずっと探していたんだと怒る。



「いや、持ってて良い!」



暫くはオリンピックから離れて、女房孝行、家族孝行をするから必要ないと話す。




多少元気を取り戻したかのように見えた田畑を見て一同は帰路につく。




帰り際、菊枝と娘のあつ子は松澤達に今日のように時々訪ねて来てほしいと頼む。田畑は解任以来、ずっとふさぎ込んでおり今日のように組織委員会のメンバーが訪ねれくれば気も晴れるだろうと。家族孝行をすると田畑自身は言っていたが・・・



「家族で旅行?疲れるだけです(笑)」


娘のあつ子はわがままな父との旅行など願い下げと笑う。


「それでは裏組織委員会ですね」



村西の言葉に皆笑顔で頷く。

変化

田畑の後任には歌人として有名な与謝野晶子の息子で外交官の与謝野茂が就任。後任の会長は4ヶ月の空位の後に九州電力会長・安川電機社長の安川第五郎が就任する。




東京オリンピック記録映画は黒澤明が監督を引き受けていたが、田畑の辞任を受け監督を辞任。組織委員会は後任の記録映画監督に頭を悩ませる。




また、意外な人物も監督辞任を発表する。




女子バレーボール監督の大松である。




大松に率いられた日本代表は先日の世界選手権でソ連を下し世界一となり、



「東洋の魔女」



と世界から称賛を集めて東京オリンピック金メダルも期待されていたのだが・・・。




田畑は驚いて大阪の大松を訪ねて理由を問う。



「あの子達が不憫に思えてねぇ」



バレーボールばかりに打ち込んでいたずらに婚期を遅らせている。田畑は大松の指導方法には多少思うところはあるが、それでもその指導力は卓越している。東京オリンピックまでの監督継続を頼むが大松の決意は変わらなかった。

いだてんのあらすじ第45話中巻~裏組織委員会~

田畑家では「裏組織委員会」が続いていた。田畑を慕っていたグラフィックデザイナーの亀倉は新しい東京オリンピックのポスターを「表」に見せる前に田畑に披露していた。

スポンサードリンク



黎明の鐘

「いいね!パーン!と来たね!」



田畑は亀倉のデザインに満足する。この頃になるとようやく国民もマスコミも「東京オリンピック一色」という感じだ。




岩田は迫る東京オリンピックの様々な課題を田畑に相談していた。



「コンパニオンオーディション、通訳、聖火リレー・・・」



岩田はコンパニオンのオーディション会場に現れた謎の老人の話をする。



「何言っているからよく分からなかったんですけど・・・」

「黎明の鐘ば鳴らした男と・・・」



田畑は金栗四三だと確信する。金栗は聖火リレーの最終ランナーに立候補を希望していた。




そして、岩田に自らが走った日本全土の地図を託して帰って行ったのだ。




田畑は日本全国での聖火リレーを行うという案が思い浮かぶが、それでは何日かかるか分からない。

裏と表

岩田は表の組織委員会で聖火リレーの実施案を提案する。



「沖縄で聖火を四つに分けて日本全土をリレーする」



聖火を分けるという案は裏の組織委員会で田畑の娘あつ子が思いついた案だ。聖火を分けて日本全土で10万人が参加する聖火リレーを行う。表の組織委員会でも素晴らしいアイデアだと実施の方向で動きだす。




裏の組織委員会で田畑の知恵を受けた岩田が表の組織委員会で提案するという流れが出来ていた。




岩田は田畑の意を受けて、前回ローマオリンピックの参加国を上回る国に参加してもらうため、IOC未加盟のアフリカ諸国にも出向き、オリンピックの意義を説いて参加を促していく。

いだてんのあらすじ第45話下巻~鬼の目にも~

田畑は日紡貝塚監督を辞任した大松の元を再び訪ねる。今度は妻の菊枝と娘あつ子を伴っての大阪入りである。

人でなしか非国民か

田畑は娘が婚期を遅らせるほどバレーボール打ち込んだら親はどう思うのかが知りたかった。




そこで、あつ子に大松のスパイクを受けさせて、その様子を見ると何を感じるのか知りたかったのだ。




当然。



あつ子は秒で断った。



「なので、俺が受けてみる事にした」



大松もこの日は妻子、妻と娘を連れていた。




田畑と大松の家族が見守る中、大松は田畑にスパイクを撃ちながら複雑な想いを吐露する。



「俺は非国民か人でなしか?」



監督辞任を伝えると全国から5千通の手紙が送られて来たと言う。




半分以上6割は辞めるべきというものだが、残りの4割程度はオリンピックで金メダルを獲るためにも続けるべき、この時期に辞めるのは非国民だといった内容もあった。




また、このバレーボールだけの生活を2年も続けたら家庭が崩壊するとも。




その様子を見ていた菊枝が思わず叫ぶ。



「やるべき事を投げ出して男が家に帰って来ても嬉しくありません!」



大松の妻も頷く。




また、騒ぎを聞いて選手達も集まって来た。



「私達は青春を犠牲にしていない!バレーが青春だから!」

「俺についてこいと言って下さい!」



大松は暫し絶句。
田畑は苛立ちながらダメを押す。



「自分進退を決められる事を有難く思え!」

「言えないなら俺が代わりに言ってやろうか!」



そして。


「俺についてこい!」

「そして、俺が必ず嫁に出してやる!!」



大松は日紡貝塚の監督に復帰する。



この年の大晦日。




志ん生は紅白歌合戦を見ていた。




トリは三波春夫の東京五輪音頭だがそこに五りんの姿をみたような気がした。




また、岩田達組織委員会は開会式のデモンストレーションの航空自衛隊ブルーインパルスの協力を得て大空に何かを描こうと考えていた。隊員の松下は、岩田達にある提案をする。




以上、いだてんのあらすじ第45話でございます。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第44話「僕たちの失敗」

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?