いだてんのあらすじ第44話です。ジャカルタのアジア大会は別の意味で世界的にも注目されてしまった。出場かボイコットか。その趨勢は図らずも田畑達日本選手団の決断にかかっていた。津島は大会ボイコットを主張するが田畑は直前まで悩む。大河ドラマいだてんのあらすじ第44話

いだてんのあらすじ第44話上巻~決断~

開会式直前になっても参加かボイコットからの結論は出てない。田畑達日本選手団の優柔不断ぶりは日本国内では激しい批判を受けていた。また、新聞紙上には「東京オリンピック開催に黄色信号」といった記事が躍っていた。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第44話「僕たちの失敗」

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?

利益衡量

「どんな判断にもプラスとマイナスがある」




田畑達の前に現れた川島は判断材料を提供する。




IOCが認めないジャカルタのアジア大会に参加すれば、最悪IOCから除名や資格停止、東京オリンピック開催返上という可能性も考えられる。




一方で大会をボイコットすればようやく改善しつつあったアジア諸国の対日感情の悪化、また、第三世界の盟主を自任し、日本との関係においても良好なインドネシアの対日感情悪化は避けられない。




田畑は決断する。



「出るよ。だがアンタの為じゃない」



選手の為、アジア民族のスポーツの祭典を楽しみにしているインドネシアの人々の為に出ると語る。

知恵を絞る

いざ、大会が始まると日本選手団は大活躍を見せるが、日本の新聞にその活躍が取り上げられることはなかった。新聞紙上には東京オリンピックの危機をある記事が躍る。




大会が始まってからも田畑はIOCからの除名を回避するため知恵を絞る。




東京の河野とも国際電話で相談をする。



「台湾とイスラエルの選手が一人でも参加する可能性はないのか?」



一人でも参加すれば、大会としての体裁は整うのだが現状その可能性はなかった。



「大会の名称を変更してはどうか?」



IOCの正式な大会ではなかく、オープン大会や親善大会としてしまうのだ。田畑は河野の提案に乗る。田畑はインド代表のソンディと共にジャカルタ大会を「親善大会」とするように大会組織委員会に迫る。




しかし、これがインドネシア国民の怒りを買う。




インドのソンディは身の危険を感じ早々に帰国、田畑にも護衛が付く。

いだてんのあらすじ第44話中巻~退場~

川島は大会参加を決めたのは現組織委員会執行部の津島や田畑であると明言する。その数日後に帰国した田畑は記者会見で大会参加のいきさつを語るが・・・。

スポンサードリンク



右往左往

「スポーツは政治と宗教とは中立でなければならない」

「しかし、現地に行ってしまった上で大会のぶち壊すとても出来ない」



田畑は苦渋の決断であったと説明するが、翌朝の新聞の論調は田畑に批判的なものばかりであった。



「田畑、強気な記者会見」

「まさに、厚顔不遜な開き直り」



日本のマスコミは大会参加に批判的であり、犯人捜しにやっきとなっていた。田畑は格好のターゲットである。




また、国際陸連からもジャカルタ大会参加のいきさつに関して説明を求められていた。田畑は「あれはオープン大会」と言い逃れるつもりだったが、それが事前に漏れて、翌日撤回という迷走ぶりを見せる。




川島は国会に田畑を参考人として招致するように動き、自らの意気のかかった議員に田畑や津島の対応を糾弾する流れとなる質問をさせる。




田畑は喚問中に自分の目指してきたオリンピックと自分が置かれている「立場」の落差に戸惑う。



「何処で間違えた?何処で・・・?」



東京オリンピックの返上、ベルリンオリンピック、ロサンゼルス大会・・・。




ふと。




高橋是清の姿が脳裏に浮かぶ。



「金も出して口も出せばよい!」



それは、高橋是清の言葉ではなかった。田畑自身が高橋是清に語った言葉である。




喚問の後。




津島は組織委員会会長を自任決断を川島に伝えるが、田畑も辞めさせるようにと釘を刺す。

天国から地獄

結局。




国際陸連から今回のジャカルタ大会において責任を問われるのは開催国インドネシアのみ。




日本をはじめ、大会参加国はなんら責任は問われない事になった。




田畑はこれで東京オリンピックも大丈夫だとほっと胸をなで下ろすが、その席上で組織委員会から津島と共に退出を命じられる。



「俺が辞めたらオリンピックはどうなるんだ!」



津島と田畑の事実上の解任。




田畑は「辞任」会見で自分の力はオリンピックに役立つと懸命に訴えたが聞き入れる者はいなかった。

いだてんのあらすじ第44話下巻~失意~

田畑の解任劇で五りんのオリンピック宣伝部長の話も立ち消えとなる。五りんは志ん生との二人会に向けて稽古に励んでいたが、その当日に置手紙を残して姿を消す。美津子は焦るが志ん生は「二人会が独演会になっただけ」と何事なかったかのように高座に上がり客を沸かせる。

俺のオリンピック

人生をかけた東京オリンピック組織委員会から解任され失意の田畑は連日バー「ローズ」でヤケ酒を煽る。




マリーはクダを巻く田畑に手を焼きついに店から追い出す。




行くあてもない田畑は家に帰るが、今度は妻の菊枝に酒をよこせとからみ、つまみまで買いに行かせる。




しかし、一人になると菊枝への想いを呟く。



「・・・すまいと思っている・・・んだよ」



田畑はオリンピックばかりで家庭を顧みなかったことを反省し、今度こそは女房孝行しなければと決意する。




ところが菊枝はまだ玄関前に立ち尽くしていた。




菊枝の目の前に「俺のオリンピック」と呼んでいた模型が置かれていたのだ。



「あれ、誰かいるの・・・?おわ!!!」


「忘れものですよ!田畑さん!」


「まーちゃん!完成させないと!」



岩田と松澤、そして元聖火リレー踏破隊の森西の姿があった。




以上、いだてんのあらすじ第44話「僕たちの失敗」でございます。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんのあらすじ第45

→いだてんの感想第44話「僕たちの失敗」

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?