麒麟がくるキャスト織田信秀高橋克典。意外にも大河ドラマはこの麒麟がくるの信秀役が初大河。麒麟がくるキャストは「親父世代」も気合いが入っております。織田信秀は名前は知られているけど有名なのは「位牌」になってからの事件ですが今回は生きた信秀をどう演じる!?麒麟がくるキャスト織田信秀の高橋克典への期待。

麒麟がくるキャスト信秀は高橋克典

麒麟がくるで織田信秀を演じるのは高橋克典。高橋克典ももう麒麟がくるが放送される2020年には56歳。早いモノです。




しかし!意外にも大河ドラマはこの麒麟がくるが初大河。余談ですけど、NHKの二枚看板の朝ドラへの出演もないんですよね。




今回麒麟がくるキャストは織田信秀ですが・・・。




若い頃、いや、今でも信長も似合いそうな気がしますね。



→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表

大河ドラマは初出演への気合い

麒麟がくるキャスト発表のお披露目会見でも初大河への意気込みを語っておりました。



大河ドラマ初出演です!「出たい出たい」と思っていたフラストレーションを、今回は斎藤道三の敵方のような形で精一杯暴れてみたいなと思っております。皆さんの胸を借りて頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。



会見で「斎藤道三の敵方」と語っておりましたが麒麟がくるで斎藤道三を演じる本木雅弘とは歳も1歳差。




二人の戦いも楽しみですね。

信秀の思い出と高橋克典への期待

織田信秀が信長の父で大国今川や蝮の道三と丁々発止やり合った事は割と知られておりますが一番有名なのは「位牌」となってからだと思います。信長が信秀の葬儀に現れ位牌に抹香を投げるというアレですね。動く信秀の登場は本当久しぶり!

スポンサードリンク



意外と大河に現れない

織田信長の父信秀では意外と大河ドラマには登場しておりません。私も記憶にあるのは「信長-KING OF ZIPANGU-(1992年)」の林隆三位かな・・・?林隆三は翔ぶが如くの勝海舟も良かった・・・。




我が子晴信が主演の「武田信玄(1988年)」では今川家と戦っているという描写はありましたがキャストはなし。



大河姫

大河ドラマ「武田信玄」では今川義元が太原雪斎に「織田など道端に転がっている石ころ・・太原、お前が言って始末して参れ(笑)」と完全に舐められておりました。最も、太原雪斎は信秀を評して「中々しぶとい」と評価しておりましたが・・・。

→武田信玄第12話


他、「秀吉(1996)」「利家とまつ(2002年)」あたりでは登場位してもおかしくはないんですけどね。




つまり、ご登場は林隆三以来と言う事になります。

若い頃は信長っぽい?

高橋克典は御年56歳にして初大河という事になりますが、個人的にはもう少し若い頃なら信長で主役も張れたんじゃないかなと感じます。




なので、信長の父信秀にキャスティングするのは中々センスを感じる。




また、信長や光秀、道三といった人物は過去様々な名優たちが演じて来ており、色々な「パターン」がありますが、信秀はホント久しぶりで「色」がない。




無骨な猛将タイプ?意外と冷酷な謀将タイプ?実は義理人情に厚い親父?!




どんなタイプの「武将」「」になるのか今から楽しみですね。




麒麟がくるのコンセプトは「英雄たちの父親世代」も描く事のようなので、まだ二十代とは言え既に大河ドラマは四作目の信長を演じる染谷翔太との親子関係、そして高橋克典も語っていた斎藤道三との戦いは勿論「海道一の弓取り」今川義元の軍師太原雪斎との戦いにも注目したいですね。




・・・多分出ると思うんだよね。




太原雪斎。




以上、麒麟がくるキャスト織田信秀は高橋克典でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表