西郷どんの感想第46「西南戦争」。今宵の主役は西郷でも大久保でも、勿論、糸でもなくて・・・清正公!!!・・・冗談はさておき(でもないけど・・・)。いと、現れました!!いとの健脚はこの布石か!?大河ドラマ西郷どんの感想第46話

西郷どんの感想第46話~いとは健脚~

薩軍は熊本城で清正公に翻弄され、政府軍は田原坂で清正公に翻弄される。



「清正公と戦っているようじゃ」



と、西郷は語ったとか・・・。




西郷は「和田越え決戦」終了の後に薩軍の解散を宣言。薩軍の組織的抵抗は事実上此処で終わります。この後は数百名の兵児と共に脅威的な速さで鹿児島へ戻るのですが・・・。

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→現在動画視聴可能な大河ドラマは?

→いだてんのキャスト表

→西郷どん菊次郎の子役キャストについて

→西郷どん明治天皇のキャストは野村万之丞

→西郷どん市来宗介役のキャストについて

→西郷どんのキャスト表(随時更新)

メロドラマ

まあ、正直来るんじゃないかとは思っていましたけど。この西郷どんでは家族や男女の仲を描くのがお好き・・・。
(菊次郎の看病に糸がやって来た記録はある)




ここで糸と西郷の再会場面にはメロドラマじゃあるまいしというね。




しかし!!!




皆さん!




特に翔ぶが如を見て来た皆さん!!




お忘れですか!?



伝説の女子を!



千絵さん



糸は何処で登場するのかなぁと思っていたんですけど、これはきっと「翔ぶが如く」へのオマージュだと思ったのが「和田越え決戦」の辺りというところ。




翔ぶが如くで千絵さん(有森也実)が単身八郎太さん(堤真一)を追いかけて現れたタイミングと同じw




千絵さんは「和田越え決戦」の前に登場して八郎太さんと再会。しかし、翌日の「和田越え決戦」で八郎太さんは戦死。もっとも、このタイミングで矢崎の子供を宿すというデキる女子です。
(嫌味じゃないよ!)




翔ぶが如く明治編では兎に角この千絵さんと八郎太さんがメロドラマ「東京府恋愛物語」を担当してくれたんですよね。
(因みに、千絵さんを演じた有森也実は翌年東京ラブストーリーの関口役で日本中の女性を敵に回す・・・!)




西郷どんでは「メロドラマ」まで吉之助さぁが担当。




吉之助さぁ、めっちゃ忙しい・・・!

賊将の家族

やっぱり比較しちゃうんだよね。




前述の「西郷と糸の再会」もだけど、後半は翔ぶが如くと被る場面が多いね。




従道が西郷の家族を庇護するために動いたのをいとは断っていました。



「お引き取りを!」



眉間にシワを寄せた糸に雪篷先生が、



「官軍より怖いw」




みたいに茶化すワケですけど。




翔ぶが如くだと泣けるんだよなぁ。




ここ、従道自らやって来て、従道の姿を見て糸は一瞬「ホッとする」んだけど改めて自分の立場を鑑みて、援助を断ると同時に、



「討つも薩摩兵児!討たれるも薩摩兵児!親兄弟が分かれて戦う事ほど惨いものはない!」



と、この事態を政府におりながら防げなかった従道を非難するの。・・・この言葉は実は裏では自身の夫隆盛への言葉であったりするのがまた泣ける・・・。




此処は西郷どんの感想だからもう止めますけど。




興味のある方は(興味なくても見て欲しい!)是非コチラをどうぞ!!!




さて、大河ドラマ西郷どんの感想第46話はまだまだ続きます。其々の西郷隆盛・・・!

西郷どんの感想第46話~其々の薩摩~

久光が今宵は気を吐いておりましたね。薩摩の芋侍の意地でありますか。そして、大山格之助も今宵で最期。・・・大山自身も好きなんですけど、大山を演じた北村有起哉も好きだから。正直物足りなさがあったんですけど・・・。ああ、私は少々、「蟹江格之助」に引きずられ過ぎていたかな?

スポンサードリンク



久光の意地

柳原前光が帝の勅使として薩摩へと下向。



「久光殿に西郷の説得を・・・」



久光はその前に、



「シサツは視察なのか刺殺なのか」



を、問い、答えられない柳原前光を前に。



「答えられないと、いう「答え」ですな」



久光カッコ良いな・・・!




もう、何度も言ってますけど、久光と西郷の関係に新たな視点(此れは中々コロンブスの卵)を入れたのは良かったと思うのよね。これも視点は良いんだからもっとやりよう(描き方)はあったと思うけどね。




この頃政府は久光までもが西郷軍に同心する事を怖れました。この柳原前光が勅使として下向したのは史実ですね。




久光は此処で、



「中立」



と、宣言しています。




因みに、西南戦争の「見通し」が立った後も久光へは最大限の配慮をしています。




これは「戦争」という事態を怖れたワケではないと思うんですよね。




恥知らずの新政府とは言え、



「金満薩摩藩」



の存在がなければ維新はあり得なかった事はよくよく理解している。その島津家に対して弓引く(例え賊軍としてであっても)のは気が引けたんではないかな。



※関連記事:→金満薩摩の礎を創る

大山格之助

私はこの西郷どんが始まってからこの方この大山格之助には期待をしていました。私、第2話の感想で早速「大山格之助に注目したい」って言ってますからね。




ただ、今日まで期待には応えてもらえませんでした・・・。




なんだか、アホの俊斎とコンビ組んでいていつもビックリしいている少々間抜けだけど気のいい先輩扱いみたいで・・・。




しかし!




今日分かりました。




ああ、そういう事か。




ついつい、蟹江格之助に影響されまくっていたんですね。




今日の格之助はカッコよかったと思う。。



「おいもこれで(大久保と会えるのも)最後か?」

「有馬と先に行って待ってる」



この感じが「友」でも「仲間」でも勿論「敵」でもない。




なんかこのね。




殺されるのに対して怒りも憎しみも哀しみもなく、
ただ、



「先に行ってる」



ってね。



「お前だけを極楽には行かせない(笑)」



って、いう言葉も脚本の意図を超えて諧謔っぽい感じがしてね。




ああ、この大山はこういうチョット意気な奴なんだとね。




北村格之助の力。




流石、前世は秀次。




大河ドラマ西郷どんの感想第46話もいよいよ最後の段。来週で最終回なんですね。一年は早いものでございもす。

西郷どんの感想第46話~落としどころ~

来週は最終回。最後の方は駆け足でしたね。まあ、それも致し方ありません。色々あって3話減らしているワケですしね。大久保をどう始末するのか・・・?

紀尾井坂

予告編で紀尾井坂の変が描かれていました。翔ぶが如くも最終回は前半の10分位で城山攻防戦は終わります。




後は、大久保の覚悟のお話しでした。




西郷どんでの大久保はハッキリ言って、



「良いとろ無し」



だと思うのですよね。




兎に角人間として「小さい」というね。




西郷は紀尾井坂で斃れる大久保になんと声をかけるのか?(かけないのか・・・?まあ、かけなさそうだな・・・)




来週に翔ぶが如くの最終回の感想も一緒に上げたいと思います。




以上、西郷どんの感想第46話「西南戦争」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→現在動画視聴可能な大河ドラマは?

→いだてんのキャスト表

→西郷どん菊次郎の子役キャストについて

→西郷どん明治天皇のキャストは野村万之丞

→西郷どん市来宗介役のキャストについて

→西郷どんのキャスト表(随時更新)