軍師官兵衛のあらすじと感想第19話「非情の罠」です。来るべき時が来てしまった。生きるって難しいですねぇ。信長は村重を高く評価しているのに・・・。そして評価が高いからこそ怒りも一塩。そして、御着の殿!やはり只者ではなかた・・・!軍師官兵衛のあらすじと感想第19話

軍師官兵衛のあらすじ第19話「非情の罠」

荒木村重の謀反。この反乱はかつてない規模での反乱である。荒木村重、そしてその与力である高山右近、中川清秀もそれに同心!摂津一国が丸々敵に寝返ったのだ・・・!




大河姫

違う!中川清秀が村重兄貴を・・・(涙)




→【公式】歴代の秀吉と官兵衛は?

→荒木村重と中川清秀の関係。村次を救う?

軍師官兵衛のあらすじ第19話上巻「村重謀反」

有岡城。



村重の謀反は三木の寝返り処ではない。信長は荒木村重とは縁戚となっている明智光秀、そして村重謀反で最も大きな影響を受ける秀吉を有岡城への使者に立てる。




秀吉はかつて北陸戦線で柴田勝家と大喧嘩。さらに、怒りに任せて勝手に戦線を離脱し信長の逆鱗に触れた事があった。
その時は、



命懸の宴


を催し、どんちゃん騒ぎを昼夜を問わず繰り返す事で、自身には「謀反」の気はないことを示し信長の勘気を解いたのだが・・・。



「静かにしていると戦支度を疑われますぞ」

「疑う必要はない。戦支度をしておる」



村重の決意は決まっていた。村重は秀吉と光秀の両名にも、



「捨てられる前に身の振り方を決めた方がいい」



と告げる。
光秀はつい先日村重嫡男の村次に嫁がせて自分の娘倫を離縁の上返すように要求する。村重はこれに応じ完全に戦闘態勢へと入るのであった。




だしは村重が謀叛を起こした事に納得がいかない。というより、村重が主戦派でもある清秀や村次に引きずられる形で、本意ではない謀反を起こしたと考えていた。しかし、謀叛には反対のはずの右近はどうしているのか・・・?
それとなく、



「右近の意見も聞いた方がよい」



と村重に告げるが村重は右近も謀叛に同意していると取り合わない。




だしは右近に直接真意を問う。右近はキリシタンでもある自分は必ずしも今回の謀反は本意ではなかったが、恩義のある村重が立つと決めた以上はそれに従うと告げる。




過去、かつての主君、和田惟長に暗殺され掛かった際に首に大怪我を負いながら助かり、自分と一族を引き立ててくれた村重に恩義があるという。だしは最後の手段、官兵衛を頼る決意をするのであった。

軍師官兵衛のあらすじ第19話中巻「鬼神」

安土城。



信長は怒りに震えながら青竜刀を磨いていた。光秀と秀吉は村重謀反について直接報告を願いでるが信長は会わなかった。




その後、摂津の国堺の豪商、今井宗久が来城。商人としては地元で戦果を交えられては商売に差し障る。それとなく早めの鎮圧の願いでる。信長は日本は小さき国である事、しかし、自分はその小さき国を明や天竺を超える豊な国にすること、そのためには手段を選ばない事を告げる。




かつて信長は自身の弟でもあった信行を殺害している。しかし、それだけでは手ぬるかったのかもしれない。
※信行の子どもは男子であったが助かっている。




村重謀反につき、年頭の登城やあいさつも中止。能の「敦盛」を舞う信長は鬼神のようであった。




姫路城。



村重は謀反に及び播磨各地にも謀反を促していた。既に御着城の小寺政職は反乱を決意。官兵衛の父職隆は直接説得に出向くが家老の小河良利から毛利に付くことはきまっていると告げられ政職との面会は拒否されて姫路へ戻っていた。




官兵衛は秀吉から政職謀叛の話を聞き自らが説得に乗り出す事を告げる。政職とは長い付き合いである。今回も特に家老の二人小河良利や江田善兵衛に言いくるめられているだけ。御着からは敵とみなされいる官兵衛を御着へ送るのは危険と反対意見もある中、官兵衛は、



「だしからの手紙」



を切り札に説得に乗り出す事にする。




官兵衛は村重の妻だしから「謀叛を思い止まるように説得して欲しい」と手紙を受け取っていたのだ。

スポンサードリンク



軍師官兵衛のあらすじ第19話下巻「人の業」

御着城。



御着に入った官兵衛は政職との面会に成功する。織田を裏切った家がどうなったのかよく思い出して欲しいと恫喝をかけ、一方で亡きお紺から「小寺を頼む」と言われおり、官兵衛が必ず政職を守ると誠意を見せ、村重は「本位ではない」とだしからの手紙を切り札クロージングをかける。




官兵衛は政職から、



「村重が思い止まるのであれば自分も思い止まる」



と言質を得る事に成功するが。政職の眼は・・・虚ろであった。




官兵衛は政職の虚ろな瞳に気付いていない。




官兵衛は御着の状況を秀吉に報告。さらに、村重説得のため単身有岡城へ出向く事を許すように願い出る。村重を直接説得している秀吉だが、これは秀吉軍団にとっては死活問題。秀吉は官兵衛の有岡城訪問を許可する。




官兵衛は訪問前に半兵衛にも面会する。肺を患っている半兵衛は既に長くはない。



「私にはもう時間がないというに・・・」



天下布武、天下泰平への道はまだまだ険しいようだ。




半兵衛は自分亡きあとは官兵衛に秀吉を託すつもりであった。その官兵衛を有岡城へ送る事には大反対であったが、最後は根負け。さらに、官兵衛の家臣の反対、有岡城へは行かせまいとする善助達を出し抜く手助けをする。




有岡城。



官兵衛は村重と面会する事に成功する。自分が天下布武という信長の一大事業に参加できたのは、村重のおかげでもあり感謝していること、そして、それをここで投げてしまうのは非常に惜しいと心を尽くして村重を説得する。




しかし村重は官兵衛に衝撃的な事実を告げる。主君、政職から村重に書状が来ていた。そこには官兵衛が有岡城へ向かうのでそこで殺して欲しいという内容であった。




なんだかんだ言っても恩義のある小寺家に黒田家は忠義を尽くしてきた。




御着で殺せば黒田勢に攻められる事まで考えての事だった。政職は自分を頼りに、そして信頼してくれていると信じていただけに、官兵衛の受けた衝撃は察するに余りあるものであった。




村重は人間がいかに恐ろしい生き物か背筋が凍ったと告げる。また、官兵衛にも謀反に加わるように説得する。
しかし、官兵衛は



「自分は謀反はしない!」



とこれを拒否。




しかし、この状況で無事に城を出る事はできなかった。官兵衛は有岡城で囚われの身となってしまう。

軍師官兵衛の感想第19話「非情の罠」

来るべき時が来てしまいましたね。信長さん怒っていますね。荒木村重と官兵衛が話合う場面。村重は浪人時代から信長に見いだされての活躍、そして反乱に至る経緯、信長の村重に対する考え(役に立つ人間と高評価)と、村重の信長への疑念というミスマッチ・・・。




二人の関係がなんとなく、昭和な夫婦みたいですね。。。



旦那「言わなくても分かっているだろ」

奥様「ああ、あたしを捨てる気なのね!!」



ここは伏線伏線でしっかり描かれているので、視聴者が置いてけぼりにならずに感情移入できましたね!




あと、だし役の桐谷美玲さん。とんでもない事をしでかしましたが、とっても演技が素晴らしいですね。正直、だしは期待以上でした。
(桐谷さんごめんさい!)




ちょっと気になるのがこの後に控える本能寺の変。今の処光秀の反逆フラグはないのでいきなり謀反を起こされると視聴者が置いてけぼり・・・。左京進のようにならなければいいなと思うのですが。




個人的には佐久間信盛追放に絡めて、謀反フラグが立つような?!




官兵衛が最期有岡城へ訪問しますが、半兵衛が事実上官兵衛の行動と追認しているのがちょっと意外でしたね。松寿丸の件の伏線なのかもしれませんが。




前半を支えたのは「村重」と「政職」ですね。ずっと言い続けている事ですが、政職は決して愚かでも無能でもないんですよね・・・。最後、官兵衛はそれを思い知らされていましたね。




以上、軍師官兵衛のあらすじと感想第19話「非情の罠」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】歴代の秀吉と官兵衛は?

→軍師官兵衛あらすじと感想第20話「囚われの軍師」

→中川清秀!荒木村重との皮肉な運命・・・!

→ロレンソ了斎は最強の日本市場マーケッター

→オルガンチノは龍が如く