麒麟がくるのキャスト子役について。第1話で絶妙な双六の腕間を見せていたウメちゃんはじめ、駒の幼少期のなど麒麟がくるで登場する子役キャストを紹介していきます。麒麟がくるでの光秀は第1話で19歳なので子役キャストは登場しませんが、回想場面などでは光秀の子供時代が描かれ子役が登場するかもしれませんね。麒麟がくるの子役キャストの情報を随時更新していきます。

麒麟がくる第1話から10話の子役キャスト

麒麟がくるで第1話から10話で登場の子役キャストです。

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表

ウメの子役キャストは苑美

麒麟がくる第1話で望月東庵先生を相手に双六に興じていた少女!その後、市街戦で家が焼けてあわやという場面もありましたが見事に十兵衛が助けていましたね。




・・・もしかして助からないパティーンかとヒヤヒヤしました。







炎の場面はセットの家を燃やして撮影!これは撮り直し出来ないですよね。エリカ様の場面でもあったんだろうなとか考えてしまいます。





さて、ウメを演じていた子役キャストは苑美ちゃんです。




何処かで見た記憶はありませんか??苑美ちゃんは昨年の大河ドラマ「いだてん」でスヤの幼少期を演じていました。




大河ドラマ出演は2年連続となります!




光秀は後に足利義昭に従い上洛、畿内中心に活躍するはずなので、今後は「ウメ」が大きくなった大人キャストも現れるかもしれませんね!



  • 名前
  • 苑美
    そのみ

  • 生年月日
  • 2011年3月30日

  • 出身
  • 神奈川県

  • 事務所等
  • ウォーターブルー

  • 主な作品
  • 2020:麒麟がくる
    2019:いだてん
    2018:for School JAPANGLE「お菓子」編
    2018:60誤判対策室(WOWOW)
    2017:三匹のおっさん3
    2016:夏目漱石の妻 他

駒の子役キャストは田中乃愛

麒麟がくるで駒の子役キャストを演じていたのは田中乃愛ちゃん!




こちらも何処かで見た記憶が・・・という方もいたのではないでしょうか?いだてんでは金栗サワ(四三の兄実次の娘)の幼少期の子役キャストでしたね。




麒麟がくるでは光秀はすでに青年に達しており子役はいませんが、今回の駒のように回想場面での子役キャスト登場の可能性はあるように思います!




もし、回想場面があるのなら光秀の子供(光慶)と同じ子役キャストになるような気がします。昨年のいだてんの金栗四三の子役も同じでしたからね。



  • 名前
  • 田中乃愛

  • 生年月日
  • 2013年7月9日

  • 事務所等
  • セントラル

  • 主な作品
  • 2020:麒麟がくる
    2019:なつぞら
    2019:いだてん
    他、多数

スポンサードリンク



徳川家康(松平元康)の子役は岩田 琉聖

後に天下人となる松平元康の子役キャストは岩田琉聖君。




・・・今回はちゃんと子役キャストがいるのです。




麒麟がくるは天文16年(1547年)から始まりますが、ちょうと3年前の戦国大河「おんな城主直虎(天文13年開始)」と時代が重なるんですよね。




そのおんな城主直虎で元康(家康)を演じたのは阿部サダヲ。元康登場時は10歳位でしたが子役を立てずに子供時代を熱演しておりました・・・!




因みに、麒麟がくるで元康の父松平広忠を演じるのがミスター小早川秀秋こと浅利陽介。




ちょっと雰囲気が似ている気がしますが如何でしょうか?



  • 名前
  • 岩田琉聖

  • 生年月日
  • 2010年9月7日

  • 事務所等
  • 株式会社キャロット

  • 主な作品
  • 2019:イノセンス冤罪弁護士
    2018:僕らは奇跡でできている
    2018:手紙
    2018:未解決の女
    他、イオンのランドセルCMなど多数




以上、麒麟がくるの子役キャストでございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表