麒麟がくる松永久秀を演じるのは吉田鋼太郎。松永久秀は「乱世の梟雄」として有名ですね。信長野望シリーズでも概ね智謀が高くてよく裏切る。大河でも出演自体は多いのですけど、久秀の活躍は最後の「爆死」のみということも多い。しかし、麒麟がくるでの松永久秀はちょっと毛色が違うかも!?

麒麟がくるで松永久秀を演じる吉田鋼太郎

麒麟がくる松永久秀を演じる吉田鋼太郎。



※前列向かって一番左




お披露目会見では、


信長なら信長のイメージを皆さん持っていらっしゃるんですね。私の中のイメージはこうだと。

僕も真田丸の信長役で3話ほど出させて頂いたんですけど、「あんな信長いないだろ」という意見も沢山ありました。

松永に関してはまだ皆さん、中々イメージを持つまでに至っていないので、ある意味ではやりたい放題できるのではと思っています。

ただ、コア逆にコアなファンもいらっしゃるので、裏切らないように、さらにその上を行くような松永を作らなければならないと思っております。



と、真田丸での信長役のエピソードを交えて決意を語っておりました。




あの信長は信長でインパクトあって好きでしたけどね・・・!蹴られる光秀の表情も秀逸で(笑)




真田丸・・・。多分永遠のお蔵入り(涙)

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表

吉田剛太郎の想い出

最近は「おっさんずラブ」シリーズでコミカルな演技が光っております。しかし、吉田剛太郎と言えばまず朝ドラ「花子とアン(2014)」の九州の石炭王嘉納伝助ですね。




仲間由紀恵演じる妻、葉山蓮子との別れの場面が切ない。




九州の石炭王ではありますが、腕っぷしと度胸で巨万の富を築いており、その行動は粗野で粗っぽい。しかし、一方で心根は非常に繊細で優しいという複雑な役柄でした。




そして、もう一つが「MOZU(2014)」の中神甚役。




中神甚はね・・・。




もうめっちゃ怖い・・・!




因みにこの「MOZU」では明智光秀役の長谷川博己とコンビを組んでおりました。




この麒麟がくるで再びタッグを組むのか・・・!?




明智光秀は松永久秀が信長を裏切った際に「早まった・・・」と言ったとか言わないとか・・・。

麒麟がくるでの松永久秀への期待

松永久秀は戦国時代を、特に信長や秀吉周辺を描く場合には度々登場しておりますが、「乱世の梟雄」「茶器狂い」「爆死」というステレオタイプな描き方が多いですね。しかし、今回はそうした「松永久秀像」に一石を投じるようになるのではと期待しております。

スポンサードリンク



大河姫

軍師官兵衛の松永久秀(演:ミッキー・カーチス)はたった1話の出演ても深みがあったけど

三好長慶時代の松永久秀に注目

大河ドラマ麒麟がくるの製作記者会見で、



「英雄たちの父親の時代」



が描かれると発表されていたんですよね。



また、2019年3月の出演者お披露目で「京の医師望月東庵」に堺正章がキャスティングされ、2019年8月には足利義輝(義昭じゃなくて義輝!)に向井理がキャスティングされるに至り期待が高まりました。



「三好長慶が出るのでは?」



私、信長の野望シリーズは武田信玄後、三好長慶プレイが定番なんです。




結果的には三好長慶(演:山路和弘)、さらには管領細川晴元(演:国広富之)まで出演。




これはもう脚本陣が「三好政権全盛期を描く気満々」としか思えない!




改めて吉田剛太郎のコメントを読み返してみると味わい深い。



ただ、コア逆にコアなファンもいらっしゃるので、裏切らないように、さらにその上を行くような松永を作らなければならない



とどのつまり、三好長慶の家臣時代の松永久秀に期待しろという事なのだと思います。梟雄的イメージが強い松永久秀ですが三好長慶が存命中は一度も裏切ることなく寵臣として活躍しているんですよね。




もし、三好政権下の京都しっかり描かれるのであればおそらく大河ドラマ史上初なのではと思います。




個人的には「応仁の乱(1467)」と「桶狭間の戦い(1560)」の間の100年位は大河ドラマ空白地帯で、ココを三好長慶主演大河で埋めて欲しいとまで思っております。




まずは、この時代の京都周辺の「面白さ」を麒麟がくるで描いて、三好長慶大河主演の布石となればと期待しております。




以上、麒麟がくるでの松永久秀への期待でございます。
大河姫

今宵は此処までに致します。

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表