麒麟がくるのあらすじと感想第25話「羽運ぶ蟻」。義昭はとても人が好さそうですね。という事は、これからたっぷりご苦労をされるのでしょうね。ご自身が長く法体の身であったこともあり、兄義輝公のようにはなれないと言っておりましたが、是非、大塔宮護良親王を見習って欲しいか・・・!?麒麟がくるのあらすじと感想第25話です。

麒麟がくるのあらすじ第25話「羽運ぶ蟻」

近江矢島御所


覚慶は還俗し足利義昭と名乗る。




細川藤孝などに支えられ次期将軍就任を目指すがいかんせん、戦力は乏しい。まずは有力大名を味方に付けねばならない。




義昭一行が頼ったのは越前朝倉である。




琵琶湖沿いを北へ進み越前へ入ると若狭、敦賀を抜け朝倉の本拠一乗谷を目指すが・・・。



大河姫

義昭、髪生えたね。

一行はその手前敦賀で留めおかれていた。一刻も早く朝倉義景と共に上洛しなければ、幕府は三好一派の良いようにされてしまう。藤孝たちは焦りを募らせるが、当の義昭は物見遊山のような雰囲気でる。




この日も義昭は一人庭を歩きなが、一匹の蟻が大きな蝶の羽を持って歩いているのを興味深かそうに眺めていた。




いてもたっても居られない藤孝は単身、一乗谷の十兵衛を尋ねる。



大河姫

藤孝、大丈夫。義栄様は一度も都には入らない。。(確か)

気安さもあり義景の義昭への対応への不満を爆発させる。



「いったい義景様は何を考えている!?上洛する気があるのかないのか!?」



十兵衛は気まずそうに視線を逸らしている。



「・・・いや、すまぬ・・・十兵衛殿に申す話ではなかったな」



大河姫

十兵衛のこの表情ジワるwwwwwww

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表

→麒麟がくるの子役キャスト

→三好長慶の限界と松永久秀の夢

→本能寺と鉄砲の関係

麒麟がくるのあらすじ第25話上巻「美濃へ」

稲葉山城


永禄10年(1567年)、信長は斎藤義龍の死後家督を継承していた子の龍興を破り稲葉山城に入った。これで、尾張と美濃が織田領となり、かつて道三に付き美濃を追われた明智一族も帰国することが可能になった。




明智荘を守っていた伝吾からその知らせを聞いた牧は美濃へ帰ることを決断する。




一乗谷の十兵衛の屋敷では、子供たちを寝かしつけた十兵衛と熙子が牧のことを話している。



「お母上様は美濃にお帰りになられるとか」

「うん、もう随分前から決めていたようだ・・・」



近日中に十兵衛はの牧を美濃へと送り届けることになっていた。




熙子は十兵衛自身は帰りたくはないのかと尋ねるが、十兵衛にはその気はないようである。




熙子にとっても美濃は故郷でありが懐かしい気持ちはあるが・・・。



「子供たちにとっては此処越前が故郷ですからね」



大河姫

平和。
家族が大事。
平和が一番。。

数日後、十兵衛と牧は美濃へと向かう。



明智荘


十兵衛と牧は十一年ぶりに訪れた明智荘の変わらぬ風景に一瞬声を失う。




かつての明智屋敷に戻ると伝吾が二人を出迎えてくれた。




屋敷は弘治2年の戦で半分焼け落ちてしまっていたが、伝吾が修繕しすぐにでも生活が出来るほど整えられていた。




牧はかつて、伝吾が言ってくれた言葉を思い出していた。



「この先十年、二十年皆で待っている」



本当に待っていてくれた伝吾に牧は改めて礼を伝えるのであった。また、その夜は明智荘の住人が集まってささやかな宴を開いてくれた。



大河姫

この母上は磔にはならんかな?

翌日。




十兵衛はこれもまた十一年ぶりに稲葉山城へと登城する。




信長と会うのだ。

スポンサードリンク



麒麟がくるのあらすじ第25話中巻「大きな国」

稲葉山城


十兵衛は稲葉山城で懐かしい男と再会する。



「おお!十兵衛!久しいな!!」

「儂がいるのが不思議か(笑)」



「いえ、御噂は聞き及んでおります」



大河姫

稲葉一鉄の雰囲気w

一鉄。。。w

稲葉良通である。




かつては高政の側近としてならし、反織田の急先鋒であったが、今は織田に下っている。良通は過去のいきさつを悪びれるでもなくご機嫌に話す。



「龍興様、あれはダメだ・・・一人で何も決められぬ・・・」

「だが、信長様は違う!儂はこのお方についていくと決めた!」

「お主とは色々あったがこれからは共に織田家を盛り立てていこう!」



大河姫

義龍はともかく高政(義龍)はめちゃくちゃ優秀なんやぞ!ちょっと軟弱な雰囲気だったけど。。

十兵衛は醒めた表情で良通の後ろ姿を眺めていた。




天守で信長と再会する。そして、挨拶もそこそこに、十兵衛に仕官を提案する。



「十兵衛!儂に仕える気はないか?」

「・・・その儀は・・・」

「まだ、迷っておるのか?」



十兵衛は前将軍義輝への想いを話す。



「義輝様こそ、この世を平かにするお方と・・・」



大河姫

このお方(義輝)こそ世を平らかに。。そりゃ、人を見るセンスが。。

その義輝が亡くなってしまった。今は何をどうしたいのか自分でも分からないと言う。



「分からぬか・・・儂も分からぬのじゃ」



信長もまた「分からない」という。




かつて、桶狭間の戦いで今川義元を破ったおり、十兵衛は信長に、



「美濃を獲ったら次はどうする?」



と、尋ねてたが、信長は答えなかった。今、実際に美濃を手に入れて次にどうするのか信長自身にも分からない。



「じゃが・・・分かったこともある」

「儂は戦が嫌いではない」

「戦に勝つと皆が喜んでくれる、褒めてくれる・・・!」

「もっと、皆が喜ぶ戦がしたい」



大河姫

戦が好き。。
皆が褒めてくれる。。
サイコちゃん….。
帰蝶と十兵衛がコントロールするんかな・・・?

尾張、美濃を抑えたといっても周囲にはまだ敵も多い。次は攻める戦ではなくて守る戦もしなければならない。



「・・・上洛なさっては如何でしょうか?」



十兵衛は信長に上洛を勧める。



大河姫

こらこら。後には武田がおるぞ?上洛するなら秘密裏に進めないとね。。後ろから刺されますよ?

かつて、道三は最期の戦いの前に「大きな国」を創るようにと話していた。信長は興味を示す。



「義輝様の弟君はどうなのじゃ?」

「儂が神輿を担いでも良いぞ?」



信長は子供もようにキラキラした表情で十兵衛を見つめていた。





駒の丸薬は評判を呼び処方する量も増えていた。




しかし、本来貧しい人が無料で使えるようにと処方していたはずなのだが、一部で高額な銭で取引をされているという噂を耳にする。




どうも平吉という少年が「家族が病」と偽りを言ってもらった丸薬を転売しているようなのだ。




駒は高額で取引されるのは本来の趣旨と違うと怒り丸薬を下ろしている寺社へ文句を言いに行く。



「兎に角!気を付けて下さいね!!」



寺の住職は駒のあまりの剣幕にタジタジである。




その様子をたまたま寺を訪れていた今井宗久がみかけて興味を持つ。



「いったい何があったのですか?」

「いや、これは今井様、実はこの丸薬が・・・」



一方駒はようやく転売屋である平吉を見つけ出し転売を止めるように叱るのだが。



「転売して何が悪い?」



平吉の家族は確かに病ではなかったが、飢えていた。この転売の銭で幼い妹、弟に飯を食わせることが出来たのだ。




駒は何も言えなくなってしまう。




家に帰ると平吉との出来事を東庵に話す。



「どちらが、正しいのか分からなくなってしまいました」



大河姫

永禄の転売ヤー。
…転売ヤーは悪。。
な、の??
かな??
私には分からなくなって来ました。。

悩む駒に東庵はどちらも「正しい」のではと話す。




その平吉から薬を買った人は「銭が払える」人だったのである。その銭で平吉一家が飢えをしのげるのであれば良いではないかと。



「薬はお前の手を離れて色々な処で人助けをしているのだ」



大河姫

ああ。
良い話だね。
薬が一人歩きして人を助ける。
既に、作者の手を離れてるんだね。。

駒はなんとなく、納得する。

麒麟がくるのあらすじ第25話下巻「義昭の覚悟」

十兵衛が越前へ戻る。




熙子が戸惑い気味に十兵衛に来客があると話す。



大河姫

細川さんが訪ねて来たのはバレたのかと思ったよね?

「あのお方は如何かと」

と、義景に入れ知恵したのがw

居間から娘の岸と玉の笑い声が聞こえてくる。



「義昭様・・・!」



大河姫

良い人オーラヤバい。絶対苦労するわ。。

十兵衛が義昭に会うのは甲賀和田惟正亭以来である。義昭はあの時は無様な姿を見せたと気恥ずかしそうに笑う。



「あれから儂もよくよく考えた」



そう言うと十兵衛に先日見た蟻の話をする。




大きな蝶の羽を一匹で運ぼうとする蟻。その蟻は周囲の蟻が手助けをしようとしても頑なに一匹で羽を運ぼうとしていたという。




十兵衛は話の意図が良く見えない。



「蟻は儂じゃ・・・そして羽は将軍」

「儂は一人で将軍という羽を運ぼうとしていた」



義昭は幼くして出家し、ずっと坊主であったため、兄義輝のような武士にはなれないが多くの大名に支えられれば。そのような形の将軍であれば自分でも世の役に立つのではないかと考えたと伝える。



「朝倉殿にもよしなに伝えて欲しい」



大河姫

「儂は武士ではない。ずっと坊主。。」

義昭殿、昔、大塔宮護良親王というお方がおってな。。。

十兵衛は義昭にある種の可能性を感じる。



一乗谷城


「前にあのお方は如何と思うと申していたではないか?」

「はは、されどよくよくお話をしてみて考えが変わりました」



十兵衛は義景に義昭が語った「蝶の羽を運ぶ蟻」の話を伝える。



「門跡ともなると随分と妙な事を考えるものじゃ・・・w」



義景は蟻の話を聞いてもあまりピンと来ているワケではないようだが上洛には前向きになる。




側近の山崎吉家は上洛の費用が高額になるとあまり気が進まない様子である。



大河姫

銭はあるだろ?金満越前w

そこに、場違いな子供の鳴き声。



「おお!どうした阿君丸!」



義景の子供のようだ。



「ちゅー太郎が居なくなってしまいました(泣泣)」



十兵衛が吉家に尋ねる。



「ちゅー太郎様?」

「様ではない!・・・ネズミだ・・・!」

「?」



ちゅー太郎とは阿君丸の飼いネズミの名前である。義景以下、侍女、小姓総出でそのちゅー太郎を探し始める。



「ちゅー太郎!ちゅー太郎!!どこじゃ!?」



十兵衛はぼんやりとその様子を眺めていた・・・。




以上、麒麟がくるのあらすじ第25話「羽運ぶ蟻」でございます。

麒麟がくるの感想第25話「羽運ぶ蟻」

麒麟がくるの感想第25話「羽運ぶ蟻」。分かってはおりましたが相変わらず十兵衛は「正直」ですね。



「あのお方は如何かと」



からの、



「直接話をして考えが変わりました」



正直で柔軟なヤツ・・・w




十兵衛の良さではあるのですが、これが責任ある立場のお方ですと困りものではあります。現在はフリーの非正規塾講、美濃時代は一応美濃斎藤家の碌を食んでおりましたが、事実上、遊軍というか便利屋というかフリーみたいなものでしたからね。




信長に仕官してそれなりの大所帯の中間管理職的立場になった時に果たして十兵衛は今の正直さを貫くのは興味深いですね。

スポンサードリンク



麒麟がくるの感想第25話「将軍機関説」

甲賀の和田惟政亭では裸足で逃げ出してみっともない姿をさらしましたがそれでもやはり足利将軍家ご嫡流。




天下の静謐を願い、この戦の世に(多分)贖罪の意識をお持ちでいらした。




今回、ようやく足利家嫡流として兄義輝が目指した方向とは異なる将軍像を見つけたようですね。




義輝は自主自立将軍親政(正しい表現か自信ない・・・w)を目指しました。それは父義晴をはじめ、周囲が義輝を「将軍らしく」教育した影響もあるとは思いますが、義輝自身が武芸百般に優れその「素養」があったことも大きいと思うのですよね。




しかし、期せずして将軍職就任を目指すことになった義昭にはそういった武門らしい素養はない。




一方で今の室町幕府の状況を客観視できる立場にあるとも言えると思うのですよね。




その結果が「将軍機関説」というか「象徴将軍制」とでも言うような新しい将軍像。




力ある大名に支えてもらう




うん。




新しい将軍像が見えてきました。




そのことに義輝が気付いていれば、あのような最期を迎える事はなかったのかな・・・?




才覚があるのも中々考え物でございます。

麒麟がくるの感想第25話「信長と秀吉が入替り!?」

麒麟がくるの信長像がこれまでのイメージを一新しているのは何度か触れてきましたが、どうも、信長像と秀吉像を入れ替わっているように感じるのですよね。




信長は美濃を併合した段階で所謂「天下布武」という旗印を挙げております。岐阜城登城記でも少々触れましたが、やっと2カ国の太守の段階でこれを言ってのけるのは結構凄い事だと思います。




信長はかなり早い段階から天下という「ゴール」を意識してそこへ向かって走って行った。この辺りはカリスマ経営者の若い頃によくある物語ですね。




一方で秀吉は目の前の事をひたすら頑張った。




草履取りの1番、足軽頭の1番、侍大将の1番、部将の1番・・・気付いたら天下獲ってた。因みに、秀吉の天下獲り物語で「課題」と「承認」を与えるのが信長の役割。




しかし、この麒麟がくるの信長は、目の前の事に一生懸命。




皆に褒められたい


皆に喜んで欲しい




可愛い・・・いや、かなり屈折しているから怖いですね。




信長の天下布武の陰には光秀あり!?。




十兵衛(と、多分帰蝶)が信長にどんどん課題を与え、信長は嬉々としてその課題をこなし、どんどん大きくなり、十兵衛にも扱えない位大きくなったときに・・・!?




因みに、秀吉。




秀吉は既に天下を見ている!ような気がするんですよね・・・?




信長と十兵衛にとっても獅子身中の虫となるような?




以上、麒麟がくるのあらすじと感想第25話「羽運ぶ蟻」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→麒麟がくるの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→麒麟がくるのキャスト表

→麒麟がくるの子役キャスト

→麒麟がくるのあらすじと感想第26話「三淵の奸計」

→三好長慶の限界と松永久秀の夢

→本能寺と鉄砲の関係