いだてんのあらすじ第21話です。いだてん金栗四三の戦いは終わった。約束の地になるはずだったベルリンを訪れた四三は、そこでやり投げに興じるドイツ人女性のパワーに圧倒される。マラソン、駅伝、そして・・・。いだてんの次の目標が決まった。大河ドラマいだてんのあらすじ第21話

いだてんのあらすじ第21話上巻~帰国~

アントワープオリンピックは終わった。メダルを逃し、平凡な記録に終わってしまった傷心の四三は西欧諸国を放浪。そして、ベルリンで出会ったスポーツを楽しむ女性性たちの姿に新たな決意を固めていた。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第21話「櫻の園」

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→二階堂トクヨ女史とは?

帰国

「おなごの体育をおれはやる!」



帰国した四三はシマが働くミルクセーキで熱弁を振るい、ベルリンで撮影した写真を嬉々として披露する。




カイザーのドイツ帝国は欧州大戦では敗戦国である。また、皇帝ヴィルヘルム2世はドイツ革命の余波で亡命し帝政ドイツは滅んでいた。




国民全体がさも沈んでいるかと思いきや、ベルリンで女性たち、そうそこには母もいれば妻もいる、は思い思いにスポーツを楽しんでいた。



「おなごは強い!国力の源泉は此処にある!」



四三はシマもいずれオリンピックに出れるかもしれんと語るがシマの表情には迷いが見えた。



「いま、お付き合いしている人がいます」



シマは二階堂トクヨの代理で見合いした増野と交際をしていたのだ。

浜松にて

四三が新たな目標をみつけ帰国した頃。




浜松ではアントワープオリンピックで大敗した内田達競泳選手が改めて敗戦時の状況を報告していた。内田は最下位、共に出場した斉藤は途中棄権。



「クロール・・・!」



内田はアントワープで西洋人の練習風景を目の当たりした瞬間に敗北を確信したと言う。西洋人はとても器用に息継ぎをして物凄いスピードで泳ぐ。内田達が鍛錬を続けていた日本泳法は全く歯が立たなかった。




報告会の後。




浜松の水泳協会の顔役の政治は悔しさと怒りと驚きで泳ぐのを禁止されている事も忘れ、弁天橋から浜名湖へ飛び込む。



「何がクロールだ!!!」



その時。
弁天橋に残された政治の着物に何者かが近づくと、スッと財布を抜き取って行った。




その男は勝鬨亭に身を寄せていた孝蔵であった。




孝蔵は路銀が入ったと、そのまま東京へと帰京するのであった。

いだてんのあらすじ第21話中巻~新婚生活~

四三は「自宅」としている播磨屋へと戻る。そこには妻のスヤが長男正明と待っていた。暫く「居候」していたはずの美川は浅草で所帯を持つことになったと少し前に播磨屋を後にしていた。

スポンサードリンク



8年目の新婚

「メダルは獲得出来なかったが悔いはない!」



四三は今回のアントワープオリンピックで競技人生は最後にすると語る。スヤはこれでようやく熊本へ帰れると喜ぶが・・・。



「熊本へは何時か戻るが今じゃなか」



四三は東京府立第二高等女学校に就職を決めて来たという。これからは女子体育の普及に力を尽くすと語る。




なんの相談も受けていなかったスヤは驚く。




驚くが・・・。



「分かりました・・・私は明日熊本へ帰ります・・・」

「・・・待って!お前はここにおってくれ・・・」



一緒に東京で暮らそう。四三はスヤを抱きしめるのであった。

美川の場合

孝蔵は久しぶりに東京へ戻っていた。政治からくすねた財布が丁度良い路銀になったのだ。




孝蔵は浅草十二階の居酒屋へと向かっていた。



「あら!もどってたのかい!」

「お!孝ちゃん!」



出迎えたのは人力車夫の清さんと小梅である、実はこの二人は所帯を持って、居酒屋を切り盛りしていた。




仲睦まじい二人の様子を喜ぶ孝蔵。




しかし、小梅は確か・・・。



「やあ!」


美川が店にやって来た。そう、美川は小梅に振られていたのだ。しかし、諦めがつかず度々店に顔を出していたのだが・・・。



「しつこいね!さっさと熊本へ帰んな!!」



怒鳴りつけられた美川は泣きながら店を後にするのであった。

いだてんのあらすじ第21話下巻~櫻の園~

四三は晴れて第二高女の教師になる。そして、この第二高女はシマも教師として務めていた。二人は此処で同僚教師となる。

空回り

四三は自信に満ちあふれていた。ベルリンで見た女性達の美しさを伝えれば皆こぞってスポーツに目覚めるはず。



「剛健な身体こそ美!!」



四三は写真を見せ熱弁を振るう!振るうが・・・。




熱く語れは語る程に女生徒達が引いている事に四三は気付かない。



「放課後練習するばってん希望者集まって!」



勿論、放課後の校庭にいるのはぽつねんと佇む金栗四三ただ一人であった・・・。



「竹早(第二高女)は伝統を重んじる校風です・・・」



シマは四三のやり方ではとても女生徒はついてこないと説明するが、イマイチピンと来ていない様子の四三。




シマはチュニックも見た事がない女生徒に、イキナリ露出の多い体操着の写真を見せるのは産まれたばかりの子供にビフテキを食わぜるようなものだと説明する。



「なるほど!それなら・・・!」



翌日。




四三は欧米列強の女性と日本女性の身体について「論理的」に図解をして体育の重要性の説明を試みるが、生徒たちは益々困惑するばかりである。




途方に暮れる四三。



「ぱかーん!」



テニスの音。




永井道明が第二高女にテニスの臨時講師としてやって来ていたのだ。永井は何故か人気がある。



「永井先生・・・どうすれば・・・」

「エチケットである」



永井は女生徒に尊敬される先生になるには、エチケットが必要であると説く。



「気にった服を着て、香水を付けなさい」



四三は一張羅で香水をつけて槍投げをする。




この迷走っぷりを見かねた生徒たち数名が四三の元へやって来る。




リーダー格の村田富江が話す。



「第二高女はシャンナイスクールと呼ばれているのを知ってますか?」



シャンとは「美人」といった意味である、つまり、「美人の無い学校」というのが悲しいかな第二高女の他校からの評価なのだ。




何が悲しくて、運動などして浅黒く、ガタイのよい身体にならねばならんのだ・・・。



「分かった!でも、一回投げて欲しい・・・」



四三はこのままでは教師の威厳あったもんではない。



「後生じゃから・・・」



富江はしぶしぶ槍を投げる。



「おお!」



校舎の窓から様子を見てた女生徒達は意外にも?上手く投げる富江に喝采を送る。富江たちは段々と楽しくなっていく。



「オールシャンばい!」



四三は富江たちに身体を動かし汗をかけばもっと「シャン(美しく)」なると発破をかけるのであった。

結婚

四三の取り組みは少しづつ成果を挙げる。四三は次の一手として、まず足袋の播磨屋改め「ハリマヤ製作所」に半袖短パンの体操着発注、そして、二階堂トクヨの東京女高師との対抗戦を汲む。




対抗戦の日。




体操着を着るのをためらう女生徒たちにシマが発破をかけて着替えて表へ出るように促す。シマはこの時、ある決意を固めていた。



「縁談は無かった事にして欲しい」



シマはやはり運動を、マラソンを、オリンピックを諦められないと増野に告げる。




しかし。



「オリンピックに出れば良いし、結婚もして子供も産めば良い」


結婚の為にやりたいことを諦める時代ではないと増野は話す。




シマと増野は結婚する。




以上、いだてんのあらすじ第21話でございます。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんのあらすじ第22話

→いだてんの感想第21話「櫻の園」

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→二階堂トクヨ女史とは?