いだてんの感想第36話「前畑がんばれ」。戦前最後の明るい話題ですね。日本初の女子金メダル。人見絹江が切り開いた女子スポーツのタスキは前畑に繋がりました。このベルリンで明るい話題は最後。先は真っ暗です。大河ドラマいだてんの感想第36話

いだてんの感想第36話「前畑がんばれ」

前畑秀子が見事に金メダルを獲得しました。実におめでたいですね。




私も「前畑がんばれ」とTwitterで応援!決勝終了後に開催国であるドイツの期待の星であるゲネンゲル選手と健闘を称え合う場面も良かったですね。おそらく、お互いに言葉は分からないと思いますが、じ苦しみを乗り越えて来た者同士通じ合うモノがあったのだと思います。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?

本当の戦い

ロサンゼルスオリンピックではさほど期待をされていなかったものの下馬評を見事に覆して銀メダル獲得しました。




一夜にして無名の少女が日本のシンデレラに変身を遂げたワケです。




しかし、前畑秀子にとっての本当の戦いは帰国後に、



「ベルリンで金メダルを獲得する」



と決意をした瞬間から始まったのだと思います。




ロサンゼルスオリンピックでは、



「入賞できれば・・・」



という気持ちでしたし、ある意味では敗退しても「期待」もそこまでではない分注目もされていない。




ベルリンオリンピックではそうはいきません。



「前畑ばんばれ」

「必ず勝て」

「金メダルだ」

「結婚しよう」



と日本全国が注目しております。そして、自分自身もかつてない程に、



「勝ちたい」



という気持ち。




その重圧を跳ね除けての金メダル獲得ですからね。その精神力たるや、前回のロス五輪の比ではない程に成長していると思います。




・・・因みに。




前畑選手の趣味は麻雀だとか。




これ程の重圧下で勝利、いや自分の「泳ぎ」が出来る程強靭な精神力があるという事は、きっと麻雀も赤木シゲルばりな強さだったはす。




最後に、第36話「前畑がんばれ」の紀行パートは1992年バルセロナ五輪金メダリストの岩崎恭子元選手でしたね。




前畑と同じく女子200m平泳ぎで56年振りに金メダルを獲得しています。前畑秀子は岩崎選手が金メダル獲得時にまだご存命でした。



「今まで生きてきた中で、一番幸せです」



若い才能が突然花開いた事に喜んだと同時に自分自身にも重ね合わせたのではないかなと思います。

いだてんの感想第36話「ヒトラーのオリンピック」

前畑秀子には帝国臣民からのもの凄いプレッシャーがありましたが、ゲネンゲルもまた、開催国の金メダル候補としてドイツ国民の期待を背負っております。また、新生ドイツのヒトラー総統の期待も。
その重圧たるや・・・?

スポンサードリンク



それでも牧歌的時代

我々は後の歴史を良く知っております。




ドイツ第三帝国は、



オーストリア併合

ズデーデン地方編入

チェコスロバキア解体

独ソ不可侵条約



そして、1939年9月1日のポーランド侵攻(第二次世界大戦開戦)へ。




さらに、戦後は特に共産主義陣営により国威発揚の為にオリンピックが利用される現実を。




しかし。




皮肉な事にこの時代はまだ「自由」があったように感じている人が多かったんですよね。ヒトラーからのプレッシャーなんかはチャウシェスクからのプレッシャーに比べれ大したことないし、冷戦下のソ連や中共やなんかよりも遥かに「自由」があった。




ヒトラーは当然ゲネンゲルの金メダルを期待したとは思いますが、金メダル獲得出来なかったゲネンゲルを責めるような事はしないし、劣等人種の日本人が金メダル獲得をした事に不機嫌になったりしない。




いだてんでも、



「ヒトラーが前畑の活躍に敬意を表して私邸に招いた」



という演出がありましたね。




同時代に生きていて、生き抜いた人も、



「自分達の自由が脅かされていると感じてはいなかった」



と語っている人が多かった。当時の映像を見ても、多くのドイツ人が前畑の活躍を称えています。一方でコントラストを描くように通詞のヤーコブ。彼は自分の居場所はもはこのドイツにない事を理解していた。




破滅への道程は必ずしも多くの人々に見えているという事なのでしょうね。




もっとも、我が大日本帝国に関しては多くの国民が「破滅への道」を歩んでいる事を感じながら破滅へ向かっていたように思います。

いだてんの感想第36話「重圧」

嘉納治五郎先生最後の、最大の挑戦が始まります。金栗四三は再会した嘉納治五郎先生に「自分」を重ね合わせたのかな。そして、この「幻の東京オリンピック」で大きな役割を果たす副島道正の言葉が重い。

ベルリンと同じである必要はない

ベルリンオリンピックは素晴らしいオリンピックでした。




それは揺るぎない事実なんだと思います。




現に、レニリーフェンシュタールの「オリンピア」はヴェネツィア映画祭で最高賞を受賞していますし、開催期間中、



「人種差別的な雰囲気」



は一切なかった。




ドイツの女子水泳の優勝候補ゲネンゲルを破った前畑を観客は称えたし、ゲネンゲル自身は勿論、総統閣下も賛辞を惜しまなかった。




しかし、気付いている人はいたんですよね。




直感で「何かおかしい」と感じたのは田畑政治。




そして、殆ど「確信」していたのは多分ラトゥール伯爵だと思います。



「ベルリンと同じである必要はない」

「神宮は大変素晴らしい競技場だ」



日本なら、嘉納治五郎なら「素晴らしいオリンピック」を開催してくれる。ラトゥールからのメッセージなんだと思います。




嘉納治五郎先生は?




今迄の嘉納治五郎先生なら気付いたはず。




ただ、目の前で「史上最高のオリンピック」を見せられて、いや「魅せられて」焦りを覚えているんだと思います。



「豪放磊落な嘉納先生が消えた」



そのことに気付き、そしてその先も多分「見えて」しまっている副島道正。




ここから先は副島道正が一番辛い役回りであり、最も大事、後ろ向きだけど、仕事をするのだと思います。




以上、いだてんの感想第36話「前畑がんばれ」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します前にちょっと提案がございます!

あの、、、「進撃の巨人」見ていますか??私、大河ドラマの後深夜放送されている「進撃の巨人」のアニメを見ております。私は漫画ではなくアニメ派。今(2019年10月1日現在)3期まで放送されているのですけど、大河ドラマ用に登録したU-NEXTでお試し期間内なら全話(3期まで全て)お試しで無料視聴可能なので是非ご覧になって頂ければ・・・!歴史好きな人なら絶対ハマると思います・・・!
※注:2019年10月1日現在の情報です。

→大河姫オススメ進撃の巨人を覗く?

今宵は此処までに致します。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第37話「最後の晩餐」

→小松勝のモデルは山下勝か?

→嘉納治五郎と幻の東京オリンピック

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→バ-「ローズ」は実在?マリーのモデルがいる?