いだてんの感想第24話「種まく人」。今週で第1部金栗四三編は最終回なんですね。もっとも、四三の人生はまだ折り返してもいませんし、この後パリ五輪にも参加しますが。「種まく人」の題名が良いですよね。四三は勿論ですが・・・シマちゃんこそ「種まく人」の象徴だったと思います。大河ドラマいだてんの感想第24話

いだてんの感想第24話「逃げる」

金栗四三の出身は熊本。オリンピック選手とは言え一介の教師である四三に出来る事は少ない。こういう時、医者や看護師や救急隊員やらと比較して自分も無力さを感じます。四三も例外ではなかった・・・。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→二階堂トクヨ女史とは?

見捨てる

「こん男はいずれ熊本も見捨てる」



幾江さんの言葉。これってある種の真理なんですよね。




かつて、何度熊本へ帰って来いと言われても、言を左右に戻らなかった四三が今回の震災で戻って来た。



「東京が苦しい時に逃げて来た」



なので、阿蘇山が爆発すれば、熊本も見捨てる。幾江さんが言っているのは人の性質を見ているという事でしょうね。




四三も返す言葉がない。最も、四三は自分が出来る事に気付いて東京へ戻る事にはなりますけど。




現代社会でもありますよね。




世渡りが上手いのはサラリーマンの必須能力ではありますけど、あまりに節操がない奴を見ていると、まあ、少なくとも「あまり親しく付き合おう」とは思わない・・・。




あと、よく吠える人ね。




自分の味方で吠えている時は頼もしいけど、次はその刃が自分に向くかもとか考えちゃう。




一方でお客様(私は営業ソルジャー長いので・・・)よく吠えるヤバい担当に会うとチャンスと思ったりしてました。




多分、自分以外の業者も罵詈雑言を浴びているはずなのでスルースキルの高い私なら囲い込みやすいとかね・・・。




優しい担当者は誰にでも優しい事が多いからね。

エンタメ

四三は無力を嘆き失意の内に熊本へ戻ります。



「逆らわずして勝つ!」



兄の言葉に四三のシナプスが繋がる!



「走る事で元気づける!」



四三が出来る事は走る事だけで、自分が走れば皆笑った。それは意味のある事だと。




同じく、孝蔵もの落語も。




エンターテインメントは日常があってこそではありますけど、それでも、エンタメ力は決して非常時に無力というワケではないのだと思います。

いだてんの感想第24話「種まく人」

今回の題名は「種まく人」ですね。そこには四三は勿論、弥彦や嘉納治五郎先生、おかしな二人や二階堂トクヨ女史も・・・。日本のスポーツ黎明期にまだ海の物とも山の物とも分からないスポーツの発展の為に力を尽くした人々の事。だけではない。

名もなき人

シマちゃん先生。




シマちゃん先生こそこの「種まく人」の象徴なんじゃないかなと思います。




四三も弥彦も嘉納天狗もおかしな二人も二階堂トクヨ女史もハリマヤの主人も大森夫妻皆種まく人です。




彼等は皆、その事績が本になり映画になりドラマになり多くの人々に知られています。




しかし、「種をいた」のは歴史の教科書に載っている人やWIKIで事績が述べられている人ばかりではないと思うんですよね。




名もなき人々が種をまいたからこそ今の発展がある。




シマちゃん先生こそ、スポーツ黎明期に名も知られず、しかし、大いになる足跡を残している人々の象徴のよう感じました。

何か為すという事

「私、まだ何も為してない」



シマちゃん先生は良き夫と出会い、子供にも恵まれ幸せを感じつつも焦りもあったと思うんですよね。




でも、シマちゃん先生の熱心な誘いがあったからこそ、人見絹江は陸上を始めてみようと思えたワケです。




しかし、人見絹江が御礼を言う前にシマちゃん先生は・・・。




何かを為した事を本人が知らないって事は結構あると思うんですよね。



「あの時はありがとうございました!お陰で国体優勝です!」

「お、おう!き、君には期待してたよ!」

(誰やっけ・・・?)


本人が知らない処で多くの事を為している。




名もない人は無意味なんかじゃないという事を表現したかったのではないでしょうか。

いだてんの感想第24話「人見絹江」

人見絹江が東京へ。シマちゃん先生に御礼を言いたいと上京して来たのですが・・・。

スポンサードリンク



希望

何度か書いていますけど、村田富江は人見絹江のライバルでもあった寺尾姉妹もモデルとしていると思うんですよね。因みに、もう一人のモデル田村富美子(富江は田村富美子要素の方が濃い)も陸上も少々やっていて、当時の日本記録を叩き出していますね。




そして、この復興運動会で初めて二人が走る!




その様子を笑顔で眺めるているのが・・・。




シマちゃん先生!!!




ただね。




私はこの先の絹江の栄光と悲劇を知っているのです・・・。




陸上をやった事は本当に幸せな事だったのか・・・?




この先の人見絹江の描かれ方がとても気になります。




以上、いだてんの感想第24話「種まく人」でございます。

今宵は此処までに致します前にちょっと提案がございます!

あの、、、「進撃の巨人」見ていますか??私、大河ドラマの後深夜放送されている「進撃の巨人」のアニメを見ております。私は漫画ではなくアニメ派。今(2019年10月1日現在)3期まで放送されているのですけど、大河ドラマ用に登録したU-NEXTでお試し期間内なら全話(3期まで全て)お試しで無料視聴可能なので是非ご覧になって頂ければ・・・!歴史好きな人なら絶対ハマると思います・・・!
※注:2019年10月1日現在の情報です。

→大河姫オススメ進撃の巨人を覗く?

大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】いだてんの動画を無料で試す

→大河ドラマを無料で一気に動画視聴!

→いだてんのキャスト表

→いだてんのキャスト子役

→いだてんの感想第25話「時代は変わる」

→シマは実在のモデルがいる?

→五りんは志ん生の弟子にモデルがいる?

→二階堂トクヨ女史とは?