「鎌倉殿の13人感想」の記事一覧(2 / 3ページ目)

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第11話「許されざる嘘」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第11話「許されざる嘘」。今宵も多くの方が鬼籍に入られました。爺様、九朗、義円、そして清盛様。畳の上で亡くなったのは清盛様だけ。爺様と九朗祐清は「迷信」に殺された。因みに、清盛様が一番嫌ったのが迷信でございます。鎌倉殿の13人第11話!

鎌倉殿の13人のあらすじ感想第10話「根拠なき自信」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第10話「根拠なき自信」。源氏の、北条家の今後の運命を暗示するような微妙な変化が描かれたお話。日の本では他人が他人を殺すのではなく、身内が身内を殺すのです。そうそう、亀は・・・匂わせたかったんだろうなぁ・・・。鎌倉殿の13人第10話!

鎌倉殿の13人あらすじと感想第8話「いざ、鎌倉」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第8話「いざ、鎌倉」。石橋山で敗れて行方不明となってからわずか一ヶ月半。兵力が百倍の三万になって再登場!しかし、その実態は寄集めの烏合の衆でもある。キャラの濃い叔父さん武将をなんとかまとめようと義時は四苦八苦・・・。鎌倉殿の13人第8話!

鎌倉殿の13人あらすじと感想第7話「敵か、あるいは」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第7話「敵か、あるいは」。坂東における源平合戦の勝敗はこの男の決断にかかっている。上総広常。源平を天秤に掛けて自身の目の前で提案させる様子は流石は坂東一の大物。この男は来世で芹沢鴨に転生したとかしないとか!?鎌倉殿の13人第7話!

鎌倉殿の13人あらすじと感想第6話「悪いしらせ」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第6話「悪いしらせ」。先週は八重さんの事をちょっと言い過ぎたかも・・・。まさか千鶴君のことまだ知らなかったなんて。もう一つ悪いしらせ。宗時の死を知ることになる時政義時父子。頼朝が殺したワケではありませんが、宗時の死は義時と頼朝の間に深い溝を刻んだ気が・・・?そして、我らが武田信義殿がついに見参!鎌倉殿の13人第6話!

鎌倉殿の13人あらすじと感想第5話「兄との約束」

鎌倉殿の13人感想

鎌倉殿の13人あらすじと感想第5話「兄との約束」。西からくる奴の顔色をうかがうのは真っ平御免。宗時はずっと先を見ていたのですね。分かる。分かるよ宗時!私も資本家とその手先共の顔色伺うのは真っ平御免!そして、江間次郎よ。君は僕だ。八重、お前は地獄の業火に焼かれるお覚悟はおありで?鎌倉殿の13人第5話!

ページの先頭へ