「翔ぶが如く」の記事一覧

翔ぶが如くのあらすじと感想第33話「いけにえの牛」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第33話「いけにえの牛」。明治4年(1871年)7月。西郷・大久保が最期の大仕事と覚悟を決めて挑んだ廃藩置県は大きな混乱もなく拍子抜けするほどにあっけないものだった。政府はこれを機に太政官制度を一新し新しい体制を構築するが・・・。翔ぶが如くのあらすじと感想第33話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第32話「苦難の大変革」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第32話「苦難の大変革」。西郷隆盛はついに上京を決意。西郷は木戸と並び新政府の参議となり「廃藩置県」の改革を進めようとする。政府内には「廃藩置県」には賛同していても、それがさらなる「政治改革」へ進む事を恐れる者も多くいるようだが・・・。翔ぶが如くのあらすじと感想第32話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第31話「決意の門出」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第31話「決意の門出」。明治3年(1870)12月。大久保は「勅使」岩倉具視を伴い鹿児島入り。久光と西郷に上京を要請。勿論、真の狙いは「西郷上京」である。西郷は了承するが新政府にには「受け入れ難い」条件を突き付ける。翔ぶが如くのあらすじと感想第31話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第30話「揺れる新政府」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第30話「揺れる新政府」。激動の幕末を走り抜けた西郷と大久保の活躍で徳川幕府は倒れた。しかし、新政府には金も人材も、そして武力も足りない。大久保は政府中枢にあって苦悩する。一方、大久保の盟友西郷は未だ鹿児島にいた。翔ぶが如くのあらすじと感想第30話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第29話「維新成る」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第29話「維新成る」。「廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ」慶応4年(1868年)3月新政府はその基本方針を内外に示す。しかし、新政府には金銭も人材も圧倒的に不足していた。そして、旧幕府軍抵抗もまだ終わってはいなかった。翔ぶが如くのあらすじと感想第1部幕末編最終回第29話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第28話「江戸開城」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第28話「江戸開城」。京都の南に位置する「鳥羽伏見」は平野部にあり淀川、桂川、宇治川などが複雑に流れ込む陸上・水上交通の中心であった。大坂を発した一万三千の幕府軍は主力が鳥羽街道、会津などは伏見街道を通り京を目指していた。翔ぶが如くのあらすじと感想第28話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第27話「王政復古」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第27話「王政復古」。慶喜は大政奉還する事で名を捨てて実を取る。ここに「倒幕」の道は潰えたかに見えた。西郷達は「倒幕の密勅」を活かそうと公家衆に働きかけるが、公家衆には幕府に肩入れする者も多く思うように事は運ばない。さらに土佐山内容堂は薩長の動きを牽制する。翔ぶが如くのあらすじと感想第27話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第26話「倒幕への道」 

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第26話「倒幕への道」。第二次長州征伐に動員された幕府軍10万に対して長州は5千に満たない。しかし、郷土を守るという長州軍の士気は高く幕府は苦戦、そしてその最中の将軍家茂の薨去。幕府軍の士気は雲散霧消した。そして幕府の切り札は慶喜を残すのみとなる。翔ぶが如くのあらすじと感想第26話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第25話「薩長同盟」

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第25話「薩長同盟」。長州の顔役である桂小五郎は京へ潜入し、ついに薩摩西郷と会見に至る。しかし、「禁門の変」以降の恨み事を最初に述べるなど雰囲気は「同盟」には程遠い。薩摩もまた、長州に歩み寄りの姿勢を見せず交渉は決裂寸前となるが・・・!翔ぶが如くのあらすじと感想第25話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第24話「新たな契り」 

翔ぶが如くあらすじ感想
翔ぶが如く

翔ぶが如くのあらすじと感想第24話「新たな契り」です。西郷が薩摩へ帰国すると、久光から「嫁とり」を命じられる。西郷のこれからを考えて大久保や小松が手を回していたのだ。大久保は糸を候補に見定めていた。一方、京では慶喜が再びの長州征伐に動いていた。翔ぶが如くのあらすじと感想第24話!

ページの先頭へ