「翔ぶが如く」の記事一覧

翔ぶが如くのあらすじと感想第11話「大獄の嵐」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第11話「大獄の嵐」です。斉彬の死を知った吉之助は自刃をしようとしますが、成就院の住職・月照に諌められ気持ちを切り替え、水戸家を軸に井伊大老に切り返しを図る。しかし、井伊大老の弾圧は凄まじく、水戸家は勅諚降下も動けない。月照の身辺にも危機が迫り薩摩へと共に下るが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第11話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第10話「斉彬出兵計画」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第10話「斉彬出兵計画」です。安政5年(1858年)大老に就任した井伊直弼はハリスの要求に屈し日米修好通商条約に調印。さらに、将軍継嗣は紀州慶福とする。水戸や越前等「一橋派」は巻き返しを図る。一方、薩摩では斉彬が上洛を決意。吉之助は京都で上洛受け入れ準備に奔走するが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第10話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第9話「大老・井伊直弼」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第9話「大老・井伊直弼」です。盟友阿部正弘を失った斉彬は吉之助を再び江戸へ送ります。江戸ではハリスの要求に幕閣は右往左往するばかり。一方、将軍継嗣を巡り一橋派・南紀派は幕閣・大奥・公家と手段を選ばない工作を互いに続けるが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第9話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第8話「異変のきざし」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第8話「異変のきざし」です。将軍継嗣には一橋慶喜を。斉彬や老中阿部正弘の動きに対して、異を唱える彦根藩主井伊直弼。斉彬は近衛家を介して朝廷工作も行うが井伊直弼もその動きを警戒する。一方吉之助は3年振りに薩摩へと戻るが・・・?翔ぶが如くのあらすじと感想第8話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第7話「篤姫お輿入れ」

あらすじ感想

大河ドラマ翔ぶが如くのあらすじと感想第7話「篤姫お輿入れ」です。斉彬は喜久や篤姫、そして吉之助の祈りの甲斐もあり回復する。しかし、その後すぐ斉彬の子虎寿丸は病で亡くなる。吉之助達はお由羅派の呪詛を疑うが・・・。一方、斉彬は篤姫の大奥入りに動き始める!大河ドラマ翔ぶが如くのあらすじと感想第7話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第4話「黒船来る」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第4話「黒船来る」。黒船が迫りつつあった嘉永6年(1853年)。将軍家慶は死の床に臥していた。斉彬や正弘は次期将軍家定の器量に不安を持ち一橋慶喜を後々の将軍継嗣へと考えていた。一方、薩摩では正助の謹慎が解かれていた。翔ぶが如くのあらすじと感想第4話!

翔ぶが如くのあらすじと感想第3話「運命の女たち」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第3話「運命の女たち」です。「江戸留学を認める」斉彬のこの発表は若い藩士はこぞって願書を出す。しかし、吉之助は未だ迷っていた。そこに突然の不幸が吉之助を襲う。一方斉彬は今泉島津家の娘敬子(後の篤姫)の賢さを知り、ある決断をする。翔ぶが如くのあらすじと感想第3話はじめます!

翔ぶが如くのあらすじと感想第2話「新藩主お国入り」

あらすじ感想

翔ぶが如くのあらすじと感想第2話「新藩主お国入り」です。ついに斉彬は大国薩摩の家督を相続する。吉之助達は切腹した赤山靱負はじめ斉彬派の復権と、お由羅派の処罰を求めるが斉彬にその様子はない。謹慎中の正助は苛立つが・・・!翔ぶが如くのあらすじと感想第2話始めます!

ページの先頭へ