武田信玄第28話のあらすじです。「啄木鳥戦法」武田信玄生涯の大戦川中島の決戦。最大のポイントは霧の発生を作戦に取り入れた「啄木鳥戦法」であった。海津城の目の前の妻女山に陣を張った上杉軍は武田勢と決戦を辞さない緊迫したものであった。しかし、両軍は20日に渡る膠着状態が続いた。これに対し信玄は軍勢を二手に分け、妻女山の上杉勢を背後から攻め、八幡原で挟み撃ちにする作戦に出た。

あかも啄木鳥が虫を追い出すかの如く。しかし、戦の天才上杉政虎はこの啄木鳥戦法を見破っていた。上杉政虎は敵を偵察し、攻撃するに有利な「車懸の陣」を敷いた。一方信玄は見えない敵に対して攻めにも守りも変形できる「鶴翼の陣」を敷いた。啄木鳥戦法が見破られた事を未だ知らない信玄。川中島血戦は霧の中今始まろうとしている。

武田信玄第28話上巻~最初の戦い~

永禄4年(1561年)9月10日未明。我が子晴信は海津城を出でて、八幡原に陣を張ったのでございます。一方上杉政虎殿は八幡原から千曲川を挟み妻女山に陣を張られていたのでございます。その頃、飯富、高坂、真田、馬場などは妻女山の背後に回るべく裏山の尾根を上っておりました。ただ、既に起っている戦いについては誰一人気付いていなかったのでございます。

勘助討死

越後勢の動きに気が付いた勘助殿は平五殿を妻女山を登っている飯富達に、そして平三と自分自身は敵中を突破して晴信に知らせようとします。



「平三、お主はすぐ山を降りよ!」

「いやだ!山本様と一緒に降りるだ!」

「平三!この事知らさねば、我が軍勢破れる」



既に、勘助殿は足に傷を負っています。
平三殿は泣く泣く勘助殿の命に従います。



「これを」

「・・・必ず助けに戻るだからな」



勘助殿は短刀を平三に託します。



「いたぞ!!」



勘助殿は越後勢とたった一人戦い平三が山を降りる時間を稼ぎ討死するのでした。

妻女山山頂

山頂近くまでやって来た飯富達は煌々と焚かれた篝火が目前にありました。平五がやって来たと伝令が来ます。



「本陣はからだっちゃ!」



平五は越後勢が既にこちらの動きに気付き、山を降りた事を伝えます。



「お館様がが危ない!山を降りるぞ!」



飯富達は山を降りようとしますが、越後勢の一部は足止めに残されております。篝火に照らされた武田勢に一斉に矢を射かけてきます。




今回の「啄木鳥作戦」を推進した馬場殿は一気に山を降りようとしますが、冷静な真田殿に止められます。



「ぐぬぬ・・・」



相手は少数、焦っては逆に犠牲と時間が取られる。
ここからは時間との戦いでございます。

八幡原

政虎殿はその頃、ついに千曲川を渡り八幡原へ兵を進めたのでございます。晴信は霧深い八幡原に「鶴翼の陣」を敷いて待ち構えております。



「信玄は我らを挟み撃ちにするつもりじゃ」

「後方の別働隊が来る前に決着を付ける」



政虎殿は後方の武田勢が来る前に晴信を討取るつもりでそがいます。柿崎、斎藤、長尾、村上の4隊を先制に次々繰り出し「車懸りの陣」にて突撃するよう命じます。




その頃、平三もついに晴信の本陣に到着します。



「越後勢はもう千曲川を渡っただ!」

「そうか。良く知られてくれた!傷の手当を」



晴信は伝令部隊である「百足衆」を呼ぶと各隊に越後勢がこちらの動きを読み妻女山を降りて千曲川を渡り間もなく攻めてくること、各隊は「鶴翼の陣」にて迎え撃ち守りを固めるように命じます。



「決して攻めに転じてはならぬ」

「攻める時は我が隊が後ろから攻める時!」



妻女山の別働隊に戦が始まったことが伝わるように、鉄砲隊に越後勢へ向けて一斉射撃を指示します。

武田信玄第28話中巻~八幡原~

いよいよ八幡原に両軍が揃いましてございます。

※ざっくり陣立て(クリックで拡大)
  • 前備え:原美濃守虎胤
  • 前備え:武田典厩信繁
  • 右備え:武田太郎義信
  • 左備え:飯富三郎兵衛政景
  • 左備え:原隼人佑昌胤
  • 後備え:武田信廉

スポンサードリンク



会戦

「ドドーン!!」



武田勢の発砲から戦が始まります。妻女山の別働隊は今まさに山を降りていますが、八幡原での戦が始まったz事を一斉射撃の轟音で知り焦りの色が濃くなります。上杉勢は車懸りの陣にて「右備え」「前備え」に攻めか掛かっております。しかし、武田勢の守りは固く陣を崩せません。



「決して陣を崩してはならぬ、守りを固めよ!」



一方上杉勢は武田勢が守りを固め、切り崩せない事に苛立ちますガ・・・。



「右備え義信隊、攻めに転じ黒金(くろがね)隊押し返しております!」



政虎殿は義信隊への攻勢を強め、わざと負ける事で「鶴翼の陣」を崩し突出させ、そこに大貫隊に回り込ませ袋の鼠にして義信を討取るよう命じます。そこから、一気に武田本陣へと攻め込めと。




義信は罠に掛かります。守り固めよとの命令を無視し攻めに転じます。

晴信の本陣には我が武田勢がなんとか持ちこたえている伝令が入りますが・・・。



「申し上げます!右備え若殿の勢い増し攻めに転じました!」

「あの、たわけが・・・!」



晴信は伝令の「百足衆」に敵が退くは計略であり、守りを固めるように厳命します。しかし、義信はそれに従わずに前へ、前へと進みます。



「若殿!お退き下さい!お館様の命にございます!」

「放せ!敵は逃げておりではなか!」

「若殿!うっ・・・!」



義信の馬を抑えていた初鹿野伝左衛門は射られてしまいます。そして、義信は逃げたはずの敵に自分が包囲されつつある事に気付きます。義信は自陣営に再度戦うよう檄を飛ばしますが、お味方は総崩れにございます。



「行け!」



その時、先ほど射抜かれた初鹿野伝左衛門が最後の力で義信の馬の尻を叩き、味方部隊の方向へ走らせます。義信自身は辛くも危機を脱します。しかし、我が右備えは突破されます。

原美濃守 対 村上義清

「我が右備え突破されました!」

「原美濃守に守らせよ!その後は今福隊に守らせよ!」



その後も次々とお味方劣勢の伝来が入ります。前備えへ越後勢が押し寄せております。晴信は後備え信廉隊を前に出しこれに当たらせます。



「儂は原美濃守虎胤!村上義清殿!御相手申さん!」

「おお!原美濃殿!願ってもない事じゃ!いざ!」



幾度も敵味方となり戦ってきた原美濃守殿と村上義清殿は、まるで旧友に再会したかのように乱戦の最中一騎討ちに及びます。




お互い騎馬ですれ違いざまに一閃!




勝負は原美濃守殿に軍配が上がったようでございます。村上義清殿は致命傷には至らぬものの脇腹刺され太刀を落し後方へと馬を走らせます。しかし、原美濃守殿にも越後勢が放った鉄砲が着弾します。一瞬顔をしかめます。



「退いてはならぬ!守りを固めよ!」



原美濃殿は自らも一歩も退きませぬ。

信繁討死

上杉政虎殿もだんだん焦りの色が出て参ります。押しているとはいえ後方にいる別働隊が八幡原まで辿り着けば勝ち目はありません。



「後備えを敵前備え!武田典厩信繁隊にぶつけよ!」



我が子信繁に危機が迫ります。



「我軍勢敵の背後から攻めてくる!それまで持ち堪えるのじゃ!」



晴信は左右の備え部隊を中央に集め信繁隊を守るよう命じます。そして、越後を裏切り我が武田を頼ってきた大熊殿もまた信繁を援けるため出陣します。



「大熊!越後勢を斬り、政虎への畏れ断ち切れ!」



殺到する越後勢の前についに晴信の本陣に達する者も現れます。



「武田信玄がいたぞー!かかれ!!」



その時。



「ドドーン!」



鉄砲隊の射撃音が遥か前方、上杉政虎殿からすれば後方にて轟きます。



「ついに来たか・・・」



飯富達別働隊が妻女山の守りを破りついに千曲川に現れます。政虎殿は最後全軍総掛りで武田本陣への突撃を命じます。我が武田勢は後方の味方に士気が上がります。最も攻め込まれていた前備え信繁隊は崩れてはおりませぬ。味方を鼓舞する信繁!



「味方が来たぞ!あと少しじゃ!うッ・・・」



信繁は左わき腹に鈍い痛みを感じます。信繁は自らを刺した越後兵を斬り捨てると倒れます。



「典厩信繁討取ったぞ!!」

「典厩殿!!」



原美濃守殿がすぐに駆け寄りますが既に、息絶えておりました。



「おのれ!!」



原美濃守殿は咆哮と共に越後勢を斬って斬って斬ります。

武田信玄第28話下巻~一騎討ち~

続々と八幡原へと到着した武田別働第は1万2千。高坂隊は上杉本陣へ鉄砲を放ちます。



「せめて、あと半時(1時間)」

決着

「武田勢1万騎が参ったと叫んで走れ!越後勢にも聞こえるように!」



晴信は伝令にそう命じます。形勢は一気に代わり上杉勢は劣勢になります。



「お館様!もはや此処に留まるは危険にございます!」



直江殿は暗に撤退を促します。



「我が軍勢北へ向かわせよ」

「は!」



そして、政虎殿は小姓の菊丸殿に馬を曳かせると単騎何処かへと向かいます。晴信の本陣には我が軍勢が攻勢に出た伝令が次々と入って参ります。
しかし。



「申し上げます!武田典厩信繁様討死!」

「申し上げます!諸角豊後守様、油川彦三郎様討死!」



武田勢が優勢となり、晴信への伝令が一通り終わると一瞬人気が無くなります。
まるで、かの二人を引き合わせるかのように。



「上杉政虎・・・!」



一目見て晴信はその武者が上杉政虎殿と見抜きます。馬上から斬りかかる政虎の刃を一度、二度、三度と軍配で受け流します。



「ウォー!」



政虎殿は最後咆哮を上げると単騎去っていきます。去り際、晴信を見て最後笑ったようにもみえました。




戦とは人の子の争いにございますれば、何故こうも醜く争わねばならぬのでしょうか。




今宵は此処までに致しとうございまする。

→大河ドラマ武田信玄のあらすじ第29話「勝利と敗北」

→大河ドラマ武田信玄の感想第28話「川中島血戦(二)」