「いだてん人物」の記事一覧

土岐善麿とは?東海道駅伝徒歩競走が理由で読売新聞をクビ?

いだてん人物

土岐善麿(ときぜんまろ)と最初の駅伝「東海道駅伝徒歩競走」について。駅伝の名付親と言うと武田千代三郎が有名ですが、この読売新聞記者の土岐善麿は「駅伝の生みの親」と言えるかもしれません。そして、土岐善麿は駅伝が原因で読売新聞を去る事に・・・!?土岐善麿(ときぜんまろ)の生涯と駅伝。

大森安仁子とは?大森兵蔵との純愛と関東大震災での活躍

いだてん人物

大森安仁子と夫の大森兵蔵。二人の結婚は当時珍しかった「国際結婚」というだけではなく、「身分違い」「年の差結婚」「姉さん女房」といった要素もありました。安仁子と夫兵蔵の出会いと別れ、関東大震災での活躍と日米関係が悪化する中での大森安仁子の最期について。

二階堂トクヨは実在?永井道明との関係

いだてん人物

二階堂トクヨは実在?モデルはいるのでしょうか?二階堂トクヨは明治大正期を代表する女子体育の教育者。モデルも何も実在の人物です。女子スポーツへの理解など皆無に近かった時代に、海外の優れた女子体育を日本に持ち込み教えたのが二階堂トクヨ。二階堂トクヨの人生と永井道明との関係について。

ラザロ選手の死因は?金栗四三と運命を分けたのは?

いだてん人物

ラザロ(フランシスコ・ラザロ)選手はポルトガル代表のマラソン選手として、金栗四三と共にストックホルム五輪に出場。そして、ラザロは近代オリンピック競技で死去した初めての人物です。金栗四三と運命を分けたのは?ラザロ選手と金栗四三とその関係について。

嘉納治五郎と勝海舟の関係

いだてん人物

嘉納治五郎と勝海舟の関りは治五郎の父である治郎作の時代に遡ります。父と勝海舟の出会いがきっかけで、嘉納治五郎もまた勝海舟も親しく関わる事に。嘉納治五郎が今日「柔道の父」「日本の体育の父」と称されるのも、勝海舟の影響も大きい。嘉納治五郎と勝海舟の関係について。

嘉納治五郎と東京オリンピック1940年

いだてん人物

嘉納治五郎はアジア初のIOC委員であり、日本が初めて参加したオリンピックであるストックホルム大会以降5回のオリンピックに参加しています。そして、嘉納治五郎最期の仕事として取り組んだのが東京オリンピック誘致1940年でした。嘉納治五郎と幻の東京オリンピック1940年大会について。

ページの先頭へ