大河ドラマ武田信玄第16話「信濃征服」の感想です。ついに今回、かつて煮え湯を飲まされた村上義清を葛尾城から追います。今回の見所は・・・勿論葛尾城を計略で落とす真田の活躍もそうですが、次郎の決意と・・・。「夫婦の溝」かな・・・。

武田信玄感想16話「夫婦」

今回、光を失った次郎が出家を決意します。勿論、それを晴信が促したのではありますが・・・。それが、また波紋を呼びます。

→武田信玄のあらすじ第16話「信濃征服」はこちら

次郎の決意

「人の生きる道は一つではない。仏道はどうじゃ?」




晴信は次郎に仏門に帰依して生きる事を勧めます。
印象的だったのは、



「お前を何不自由なく手元に置いておく事も出来るが、それではお前の人生を奪う事になる。」



今の言葉で言えば次郎を「自立」させたかったのでしょうね。また、「武士になる事は出来ない」とはっきり言葉にして伝えているのは、中々出来る事ではないと思います。




そして、幼い次郎も、



「武士にはなれない。」



という父晴信の言葉を聞いて、分かってはいたけど・・・。それを受け入れるため必死に何かを堪えている感じがあわれを誘いました。

太郎と三条

「次郎は私にお任せ下さい!私は次郎の杖になると決意したのです!」



次郎が光明を失った時に太郎は次郎を兄として励ましていました。自分が杖となり支えると。晴信も言っているようにこれは「太郎の弟を想う優しさ」ではあります。また、母三条の方も太郎に同調して次郎に出家を思い留まらせようとします。




しかし、今回、最も次郎の人生を考えているには晴信ですね。まあ、三条の方にはもしかすると「何か」考えがあるかもしれませんが(三条の方は決して愚かなお方ではないですからね。)、太郎はただ、次郎の杖になりたと言っています。晴信の言葉を借りれば結果的に、



「次郎の人生を奪ってしまう。」



事に繋がります。
ただ、晴信はこの事を太郎は勿論、三条の方にも伝えていなかったんですね。最も次郎の将来を考えていたのは晴信なんですけど、普段の行動(側室を侍らせ母を泣かせる・・・!)から信頼がない晴信は、太郎からすれば、なんと冷たい父と映ったでしょうね。




その辺りが切ない感じでした。




それと、晴信が太郎に手を挙げるシーンをやはり見ている弟の典厩信繁様。




晴信には信繁(信廉はやや年が離れていた)がいましたが、太郎にはもう弟がいなくなる。




これもまた、まあ史実なんですけど、悲劇への伏線のように感じます。

武田信玄感想16話「村上攻め」

ついに村上義清の葛尾城を落しますが、村上義清は戦闘では負けていません。そう、今回かつての激戦が嘘のように真田幸隆の調略であっさりと落城。真田劇場でしたね。

スポンサードリンク



晴信評と景虎評

「晴信は極悪人!!」



村上義清が長尾景虎に助けを求めてに行った際に、かつて、小田井原で晴信に煮え湯を飲まされ、その後、北条氏康に関東を追われた、関東管領上杉憲政が晴信の評を語ります。



「かの軍勢を見た時、山が動いたと思った。」



軍事にかけても手強く、また、国造りに関しては内政の基本となる「甲州法度」を定めたことや、家臣領民の事を考えて国を富ませる事に力を尽くしている事を評価します。




一方で長尾景虎を評するのは山本勘助。勘助の長尾景虎評が中々面白かった。
長尾景虎が強いのはともかく・・・。



「肉を食せず、女人を近づけず・・・!」



そう。



「女人を近づけず!!」



この話を聞いている晴信の表情がやや微妙な感じだったのは、敢えてだと思うのですがね・・・!




まあ、確かに「肉を食べない」と個人差はあるもののあっちの方はかなり減退します。女どころか衆道にも極めて?いた晴信としては苦笑いだったのではないでしょうか。

真田劇場

大須賀久兵衛を調略するとそこを足掛かりに、敵方の城に入り込み次々と城内に味方を引き入れて落す。




今回もまたそのオーバーな演技で(褒めてる!)人々を魅了しましたね。改めて思うのが橋爪功さんの真田幸隆を幼い時にみると、



「幸隆=橋爪功」



になりますね。
あと、大河ドラマ真田丸を見た後だと・・・。



「出浦城を死守せよ!!」



とか、聞くと・・・。
ああ、この戦で村上義清が越後に落ちた事をきっかけに出浦昌相は武田に仕えたのかとか。長く大河を見ている人なら結構そういう観方していますよね。

武田信玄感想16話「親子」

今回見事な戦装束を見せてくれた太郎。戦場での活躍は描かれませんでしたが、初陣はだ活躍だったと伝わります。

よく働いたな

晴信はついに北信濃を制圧しました。残念ながら、葛尾城から川中島を見下ろしている晴信はおここの事を考えていたでしょうね。太郎は流石に気付いていないと思いますが。




ただ、晴信が、



「そなたもよく働いたな。戦はどうじゃ?」



と、尋ね暫し、親子の会話が繰り広げられたのは・・・。成長してからの晴信と太郎は顔つき合わせれば諍いばかりでしたので、この静かな親子の会話にほっとしました。



以上、大河ドラマ武田信玄の感想第16話「信濃征服」の感想です。




今宵は此処までにします。