大河ドラマ武田信玄の感想第37話「駿河攻め」。ついに、駿河の名門今川家は戦国大名としては滅亡を迎えます。史実では武田信玄37話の駿河攻め前に寿桂尼殿は亡くなっておりますが、この大河ドラマ武田信玄では寿桂尼様と信玄が対面する場面があるのです。それでは武田信玄の感想37話始めます。

武田信玄感想37話「駿河滅亡」

寿桂尼殿にはお辛いかと思いますが・・・。ついに滅亡する今川家。ただ、所謂「戦国大名」としては今川家は滅亡しますが、「家」は残ります。一方で皮肉な事に我が武田家は・・・。
何が幸いかは分からぬモノですね。

→大河ドラマ武田信玄のあらすじ第37話「駿河攻め」

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる

庵原忠胤

さて、この武田信玄では「三代目」となる重臣庵原忠胤。因みに、初代は「太原崇孚(財津一郎)」二代目は「岡部美濃守(岩下浩)」。太原崇孚は気付いたらナレ死もなく病没。そういえば、「おんな城主直虎」でもナレ死もなかった。二代目岡部美濃守は桶狭間の戦いで討死していましたね。




そして、三代目の庵原忠胤。




裏切者がはびこる今川家中で数少ない「忠誠心」を充てに出来る武将のようでした。
寿桂尼様も、



「庵原!裏切者の首刎ねよ!」



と、瀬名信輝などを恫喝しますが、庵原忠胤の事は信じていたようです。結局、殆ど戦う事なく今川家は滅亡してしまいます。




駿河攻めに際しての今川諸将の逐電は史実ですが今川家中が皆腰抜だった訳ではありません。この後、武田信玄に請われて激動の武田と織田徳川の争いに身を投じ活躍した諸将も多いので。



※関連記事:→薩堆峠の戦い!庵原忠胤の忠義!

※関連記事:→高天神城の戦い!岡部元信奮戦す!

※関連記事:→大沢基胤と今川氏真!家康から堀江城を守り切る!

寿桂尼様

冒頭でも触れましたが、寿桂尼様は駿河攻めの直前に病没しています。



※関連記事:→ドラマでは描けない寿桂尼殿の実像について


そう。
幸にも。




ただ、この大河ドラマ武田信玄では「信玄との対面」が描かれています。歴史にタラレバは禁物ですが、一方でタラレバが面白いのもまた然り。




実際に信玄と面会をすれば、どのような会話が交わされたか・・・。




ドラマでは寿桂尼が「甲州金を払い巻いた」事への批判とそれに答える信玄が中々味わい深いですね。



「生きるための甲州金を掴まず、殺し合う方が悪しき心」



未成熟な人間の特徴は、理想のために高貴な死を選ぼうとする これに反して成熟した人間の特徴は、理想のために卑小な生を選ぼうとする点にある



信玄の言葉にこのウィルヘルム・シュテーケルの言葉を思い出しました。まあ、信玄自身はどうなんだ?という突っ込み処はありますけど。




父、信虎殿曰く、



「新しい天下人の元で甘い汁を吸えるような奴ではない!」



との事ですからね。

武田信玄感想37話「輝虎と氏康」

川中島血戦を経て、武田信玄は上杉輝虎の大敵に昇格しましたが、それよりはるか以前からの上杉の大敵は北条氏康。そして、この二人、意外と義理堅い処とか共通点があります。

スポンサードリンク



塩止め

武田信玄は駿河攻めにあたり、越後も警戒しなければなりません。そこで、越中の一向宗門徒と輝虎配下の本庄繁長を使い、輝虎を越後に釘付けにします。




上杉としては、何度も武田信玄に煮え湯を飲まされていますが、此度、今川からの塩止めに参加すれば、少なくとも信玄を苦しめる事が出来る。
しかし。



「塩止めはせぬ」



民百姓を苦しめるのは正義の戦ではない。ああ、これは氏康が言っていた言葉と重なりますね。氏康は塩を止めましたが。



「喜んで止めるのではない」



そういえば、今回劣勢の今川家にお味方するのも、



「今川の苦しい立場を思えば」



と、言っていましたね。正義の在り方は異なりますが、義理堅いところや、家臣領民を想う気持ちは通じる物があるのかも。




因みに、内政面でも辣腕を振るった武田信玄ではありますが、その支配下に組み入れた領地は必ずしも「善政」を敷いた訳ではありませんからね。



※関連記事:→武田信玄第10話下巻「人の性は悪なり」


私、住むなら北条領内に住みたいです・・・!

武田信玄感想37話「気賀の戦い」

2017年の大河ドラマ「おんな城主直虎」では詳しく描かれた気賀の戦い。この武田信玄ではさらっとではありますが、近藤や菅沼等お馴染みの名前はありました。さて、この大河ドラマ「武田信玄」ではかなり大胆な展開を書いていますね。

狙いは信長

信玄は陣中で重臣達を集めると言います。



「この戦の真の目的はの信長」



この言葉の後、浜名湖東での戦が描かれます。そして、徳川勢は「旗指物がない謎の軍団」に苦しめられます。



「今川にそれ程の戦いが出来る武将は・・・?」



家康はもう、覚悟を決めているようですね。



「武田信玄が裏で糸を引いている」



結局、当初の約束を違えて、遠江方面まで武田勢は侵攻してきます。
ただ、家康はこれを見て、



「武田信玄に焦り見える」



前回

「信長め!京より引きずり戻してやる!」



この言葉を思い出します。いよいよ、信玄最後の戦いが始まろうとしています。



以上、大河ドラマ武田信玄の感想第37話「駿河攻め」の感想です。

今宵は此処までに致します。

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる