大河ドラマ武田信玄第23話「信虎変身」の感想です。信虎様はやはり存在感があり過ぎます。ああ、もっと中の人には長生きして頂きたかった・・・。そして原晶俊が亡くなります。思えば重臣で唯一?「信虎追放」に関与していなかった。信虎追放時は一番驚きビビッていたのが懐かしい・・・。それでは武田信玄第23話感想はじめます。

武田信玄感想23話「原晶俊」

第1話から一貫して陣馬奉行を努めてきた原晶俊がついに亡くなります。この原晶俊こそ「一般サラリーマン」っぽい哀愁を最も背負っている感じがするのです。

→大河ドラマ武田信玄のあらすじ第23話「信虎変身」へ

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

仕事師

正直、板垣・甘利はややカッコ好すぎ、鬼美濃様はご自身でも言う通り、「上手く年を取れていない(いつまでも元気で意気軒昂!)」、飯富虎昌は八重の件があるので特殊。




そこで、原晶俊。




振返ってみれば・・・。




おそらくは信虎殿の信頼が一番厚かったんでしょうね。晴信追放を考えていた信虎は原晶俊に駿河との交渉などを任せております。また、一方で重臣の間ではただ一人、信虎追放の策を知らせていませんでした。




まあ、結果的には「晴信追放」の件を唯一信虎から打ち明けられていたのですが、板垣達はその事を知っている訳ではないので、単純に「仲間はずれ」だったものと思われます。




しかし、信虎追放後は晴信にこのまま陣馬奉行を務めて欲しいを言われ従っています。晴信は勿論原晶俊を悪くは思っていません。



「お主の立場であればそうするしかなかった!」



うん。
でも・・・。
人間そう簡単に割り切れるモノではないです。



  • 何故、重臣の中で自分だけ知らされていない・・・
  • 晴信様は実は恨み心持っているのでは・・・?


と、思っても不思議はないのです。
しかし、原晶俊はその事は全く見せずに、今迄通り、いやそれ以上に陣馬奉行としての役目を全うしようとします。




ああ。




まさしく職人ですね。

責任感

板垣と甘利を失った上田原の戦い(11話)。陣馬奉行原晶俊は籠城戦になると踏んでいた武田勢の裏をかき、上田原へ現れます。



「あと、2日の有余を・・・!」



しかし、晴信は原晶俊の意見を聞き入れずに出撃を命じます。板垣と甘利に目を奪われていましたが、原晶俊も「陣馬奉行」の役目を果たそうと必死でしたね。



「陣馬奉行には陣馬奉行の責務がある!!!」



しかし、晴信は聞き入れず出陣を命じます。腹を切ろうする原晶俊に板垣が言った台詞。



「原、死んではならぬ。」

「よいか?死んではならぬ!」

「末永くお館様を見守るのじゃ!」



ちなみに、原晶俊はこの時板垣と甘利を失った事には責任を感じている言葉を度々語っています。しかし、板垣の言葉を守り10年以上の長きに渡り武田勢の軍略を担当してきました。



「軍勢あっての甲斐にござる!」



昨今のらしくない大きな声は規模が大きくなった武田勢の新しい形を、自分の最期の仕事としていたのかもしれません。




本当に長きに渡りお疲れ様でございます。

武田信玄感想23話「信虎と蘭」

第1話から見てきて方なら気が付く。蘭を桜の木に縛りつけ夜桜見物していた信虎様を・・・。

スポンサードリンク



夫婦漫才

蘭と信虎の関係好きだったんですよね。蘭を演じているのは宮崎ますみさんですが、後のエロ路線を彷彿させる、妖艶で男を惑わず感じ、世話焼き女房のような感じ、そして性格悪い感じ。




19話辺りまでは、憎まれ口を叩きながらも、上手くやっていたんですけどね・・・!



「もう死にたい・・・」

「いつもそう!どうせ腹など切れません!!!」



とか・・・。



「儂は、、、(晴信を)許す!!許すと決めた!」

「あああ!もう老人の独り言に付き合うのはウンザリ!」



二人はお互いに必要な存在だと思います。



「蘭なしでは1日も生きられぬ癖に!」

「儂を・・・見捨てないでくれぇ」



その蘭も、信虎追放の後に自らの意思で駿河へやってきていますからね。その夫婦漫才もついに見納めの日が来るとは・・・。

別れの盃

当初はお互いを必要としていた信虎と蘭。その力関係?は常に一定ではなく、振り子のように、信虎に傾いたり、蘭に傾いたりしながらバランスを取っていたと思います。




最初は蘭の方が信虎を必要としました。




後に、お互いが相互依存となります。




そして、最期。
この頃は信虎の方がより蘭を必要としていたのでしょうね。



「別れの盃飲み干しましたぞ?明日甲斐へ立ちます。」



まあ、意外と蘭も一人で甲斐へ帰ると、
信虎が恋しくなってまた戻ったかもしれませんが・・・。




あの夜桜の元。
そう、第2話「決意の時(正念場)」そう、あの時信虎は手元が狂いましたが・・・。




今回は手元狂いませんでした。
やはり、「親子」なんですかね・・・。




信虎の独壇場は中々見応えがありましたね。蘭、長きにわたる介護の日々お疲れ様です・・・。

武田信玄感想23話「上洛前夜」

一気に年が進み、ついに今川義元は上洛。晴信の決意は既に固まっていますが、その真意を知る者は・・・。
山本勘助ただ一人。

天下

この頃は未だ群雄割拠の時代。武田家は甲斐・信濃2国であり、また甲斐源氏名門。天下を狙う事は決して望外な夢物語ではありません。




武田家臣たちももし、今川義元が天下を獲ったらどうなるのか・・・?



「今川殿は我が縁戚じゃ・・・」



晴信は表向きは原則論を話しますが本音は・・。



「今川義元が首必ず討取るのじゃ。」



ついに決断してしまいましたね。
山本勘助に密命を与えます。




さて、いよいよ次週は桶狭間。




今宵は此処までに致します。

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!