大河ドラマ武田信玄第17話「虎との出会い」の感想です。晴信はついに度々登場していた越後の長尾景虎と会敵。第1回川中島の戦いが始まります。しかし、この第17話はの注目は八重の嬌態、そして信繁の諫言だったと思います。それにしても・・・。晴信は鈍いです。

武田信玄感想17話「負い目」

八重が飯富虎昌をあばら家へ誘い出し迫る姿・・・。幼い時に見た時は家族で若干気まずい空気となった想い出・・・。でも、「人格者」である飯富虎昌がなぜ?

→武田信玄のあらすじ第17話「虎との出会い」はこちら

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる

般若

今回飯富虎昌が八重の「話がある」という誘いに乗ったのは、流石に自分に気があると思った・・・、訳ではないと思います。



正直、前回の「信濃征服」で晴信が太郎に、


「そちもよう働いた。」


と、言っているので武勲は立てているのかと思っていました。まあ、見方を変えれば、「ある程度武勲を立てた」と思ったからこそ、太郎に対して兵を退くように命じたのかもしれませんが。



ただ、いずれにしても今回太郎は戦闘には参加したものの、大した武勲は立ててはいないという状況という事になります。



そして、その武勲を立てるチャンス、越後勢の侵攻、があり、飯富虎昌もまた、入念な準備をして越後勢を待ちます。
にも関わらず、晴信の命令で撤退。


「若殿に申し訳ない。」


間違いなくそういった気持ちがあったと思います。
また、武田家中では三条の方の影響力はかなり大きい(と思われている)という事もあります。甚三郎が八重が招いた修験道を切った責任を取って腹を切ったのもその影響でしょう。



傅役としてもし今回の件を咎められれば、太郎には全く責任はない事を申し開く必要があると思っても不思議はないですね。
そこに付けこむ般若。


「もっと近しゅうして・・・」


あな!おぞましや!!
(褒め言葉)



人の心の弱みを見つけて付け込む技量は天下一品。
今回で八重と飯富虎昌は共犯者・・・。



なんか、スパイを獲得する諜報員のやり口みたいです・・・。

武田信玄感想17話「信繁」

ここ数話では、まるで布石のように晴信と太郎のすれ違い、諍いが描かれてきました。そして、そこには必ずと言ってよい程武田典厩信繁の姿が・・・。

スポンサードリンク



人の道

「兄上の御言葉に父上を想わせるものがああります。。」


信繁は兼ねてから感じていた事を晴信に伝えます。
ここで驚きなのは、


「儂と太郎との間に諍い等ない。」


と、言いきれる晴信の鈍感力ですね。まあ、穿った見方をすれば「とぼけている」とも取れなくはないですが、晴信は信虎追放が行われた際もその企てを信繁に伝えるなどしている事から、信繁への厚い信頼は確かです。



晴信自身が語っているように、


「己の恨みは忘れぬが、己に向けられて恨みには・・・」


気が付いていなかったのでしょうね。



そして、ここで太郎に配慮を願う信繁ですが、その言葉は決して柔らかい物ではありません。


「父信虎の追放は二度とあってはならない。」


信繁はもし、晴信自身がその事を忘れれば、


「人の道を全う出来なくなり、甲斐は滅びる。」


と、まで言っています。
ここまで厳しく「釘を刺す」事が出来るの信繁の存在がどれだけ有り難いか・・・。信繁自身もまた晴信を信頼しているからこその言葉なのでしょう。いや、信頼もありますが、


「兄、晴信に賭けている。」


と、いうのも大きいのかなと感じます。改めて思い出すと、信繁は信虎が国主の時代においても、甲斐国主を継承するのは兄晴信において他にないと立て続けていました。



一番身近で見て来た弟だからこそ、板垣や甘利と同じ、いやもしかしたらそれ以上に晴信の才覚が尋常ではないことを、感じていたのかもと思います。



そして、才覚は間違いないが一方で信虎と同じ「狂気」を持っていると感じ、厳しい言葉で諌めたのでしょうね。

武田信玄感想17話「親子」

信繁の諫言が効いて晴信は改めて太郎に配慮をします。という事は本当に鈍感という事でもありますが・・・・。

太郎

太郎もまた晴信の息子であれば、晴信に対しての「反発する気持ち」はあるものの、自分の父親がかなりの傑物である事は感じていたと思います。


「側室を侍らし母を泣かせる父に正義があろうか!?」


幼い太郎はそう言っていましたが、一方で、父からは学ばなければならないことも沢山あると感じていたと思います。



あと、晴信自身もそうであったように例え「恨み心」があったとしても親子。


「父に認められたい。」


と、感じていたと思います。



その意味では今回の越後勢を前にしての晴信と太郎の会話は良かったですね。


「儂に何かあればお前が軍勢を率いて戦う。」


この一言がどれだけ太郎の力になったか。誇らしげな表情で返事をする太郎が微笑ましくありました。願わくば、このまま良好な親子関係を「不可能」とは分かっていても願ってしまいます。



晴信にあって太郎にはなかったもの。



それは、信頼できる弟。
次郎が光を失った事が悔やまれてなりませんね。



今宵は此処までに致します。

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる