大河ドラマ武田信玄第12話「海の北条」の感想です。前回もそうですが、「海の北条」と言う割りにはあまり北条氏康殿の出番は少なく・・・。個人的にもしこの12話に副題をつけるなら・・・。「父と子再び」でしょうか。やはり太郎の自我が目覚める、視聴者に明らかになる事でやはりまた「親子」に関して考えずにはいられませんでしたね。

武田信玄感想12話「北条氏康」

北条氏康初登場の回ですね。当時44歳の杉様は一番色気がある時期ですね。私は当時関東民だったこともあり北条ファンでもありました。冒頭でも申し上げました通り、一番脂が乗っていた頃ではないでしょうか。流鏑馬(やぶさめ)の登場も素敵です。

→武田信玄のあらすじ第12話「海の北条」はこちら

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる

父子の会話

多分、北条氏政だと思うのですが、氏康が、



「海は無限!己は有限!」



と、いった事に対して「海の幸は取り放題www」と、草を生やしたことに苦言を呈するシーンが印象的ですね。



「お主は損得勘定ばかりじゃが・・・」



まあ、いつの時代も父と子は難しいものです。ただ、今川家や武田家と比べると、北条家は圧倒的に家族の仲はよろしいようです。これは、大井夫人も羨ましいと言っていました。

大悪党

この頃の関東甲信越の情勢を義元が語っていたのが中々面白かったですね。
しかし、もっと面白いのは長尾景虎。



「武田晴信等という夜盗。」



そう、晴信はまだ長尾景虎の目には小賢しい「夜盗」の大将位に過ぎず、まったく大きく映っていません。一方で「美しき縦の流れ」を乱してその勢力を誇示していた大大名いや「極悪人」と言われるのが北条氏康。




この頃(1548年)から少し前の1546年、北条氏康はかの有名な「川越夜戦」で、10万とも号する関東管領上杉憲正率いる関東軍を、川越城に迎えてわずか8千程度の軍勢で撃破しています。




後に、謙信となってからは直接対決もありますが、謙信を迎えてもそれに後れを取ることがなかった北条氏康。この大河ドラマ武田信玄では「超大物」扱いが嬉しいです。というか、大河ドラマ武田信玄意外では「キャラは立つがやられ役」といった感が強くて北条推しとしては残念に感じる事が多い・・・。まあ、仕方ない部分もありますが・・・。

武田信玄感想12話「父と子と」

今迄も布石のようなものはありました。太郎の前で三条の方が泣いたり、また湖衣姫と晴信の祝言では、八重がその様子を敢えて見せていました。ただ、一方で、晴信と一緒に野駆けに出たりと決して父母どちらにという感じではなかった。

スポンサードリンク



正義があるか!?

「側室並べ母を泣かせる父に正義があろうか!?」



この言葉に飯富虎昌は返す言葉もありません。
そう、晴信は無類の女好き(少なくともこの武田信玄では)なのです。この時はおそらく8歳位(武田義信は1538年生)と思われます。




この回が重要なのは晴信と三条の方が太郎の前でいくら争っても、太郎は自我を見せた事はなかったんですね。はじめて見せた自我が。



「父に正義があるか!?」



この先を暗示するような話であり、そして太郎の愛らしさも手伝って、なんとも哀しいではありませんか。先の運命を知っているだけに・・・。




それと、その様子を見る飯富虎昌の表情。自分が思った通り立派で「真っ直ぐ」な若武者に成長するだろうと思っていたと思うのですが、それはとりもなおさず晴信との対立につながるのでは・・・。




信虎と晴信の関係を知っている以上、想像せずにはいられなかったでしょう。そして、それを無言の演技で演じる児玉清さんも切ない。

信虎と蘭

もはやお笑い担当の感もあるこの二人。ただ、蘭の言っている、



「老人の独り言を毎日聞かされ・・・」



と、いうのは分かる気がします・・・!
ただ、前世紀で昭和だから許された台詞のような感じもします。今ならクレームが入りそうですね。




さて、皮肉な事に太郎が父晴信を「許せん!」と幼い心に思った頃、信虎様は晴信を「許す」事にします。



「あやつを・・・許そう!」



この三世代にわたる親子模様。父と子の対立を若いさせるのは祖父の務め・・・。信虎様はそれをする事はできませんが、そんな事を感じました。

武田信玄感想12話「甚三郎から源助へ」

前半戦を支えてきた近習の甚三郎が亡くなってしまいました。甚三郎殿お疲れ様でございます・・・。

甚三郎逝く

おここを知る唯一の生き証人でもあった甚三郎が腹を切ってしまいました。甚三郎が腹を切ったのはやや唐突な感じがしましたが・・・。



「三条の方様が招いた修験道を斬って生きてはいられない。」



と、いった甚三郎の言葉を噛みしめると分かる気がします。そう、相手はあの八重ですからね。



「村上義清を調伏していた」



さすが、まったく動じない八重様。八重様に睨まれてしまったら、、、身内にもどんな不幸が訪れるか・・・。



「あの世でおここを守る。」



中々意気な言葉を残して逝ってしまいました。さて、これで晴信の近習は源助が筆頭となるんでしょうね。ここから甚三郎から源助へ。「色男」の交代となります。




今宵は此処までと致します。

→【公式】武田信玄の動画を確認してみる