西郷どんのあらすじ第32話です。列強諸国の「開国要求」は日増しに高まっていた。ついに、列強は連合艦隊を編成し兵庫沖合に向かわせる。慶喜は異国の脅威を利用し「第二次長州征伐」勅許を得ようとしていた。大河ドラマ西郷どんあらすじ第32話

西郷どんのあらすじ第32話上巻~勅許下る~

吉之助や一蔵、そして岩倉の努力も空しくついに「第二次長州征伐」の勅許が降りる。衰えたといえども幕府は「虎」である。このまま「長州征伐」となれば、間違いない長州は滅びる。

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→翔ぶが如くではどう描かれた?第25話「薩長同盟」

→西郷どんの感想第32話「薩長同盟」

勅許ではない

「どないすんのや!勅許が降りてしもたではないか!」



岩倉は慶喜の策略で倒幕への唯一の道「薩長同盟」の機会を失った吉之助を責める。
吉之助には言葉もない。




一方、一蔵はここのところの激務がたたり持病の胃痛が悪化して寝込んでいた。吉之助は一蔵を見舞うが、そこにで吉之助を出迎えたのは芸妓のおゆうであった。



「一蔵どん、妾がおったとか」



吉之助はやや面食らう。一蔵はその件にはさして触れずに書状を見せる。



「これは、勅許ではない」



吉之助はその内容に驚く。そもそも「勅許」とは天下万民が納得する内容でなくてはならない。




現在、藩主親子は蟄居謹慎をしている。恭順している長州を再度懲罰するなどは武士道にもとり、天下万民の納得するものではない。



「即ち!そのような勅許は勅許に非ずして従う必要はない」



一蔵は長州を救うにはもはやこれしか方策はないと話す。長州は御所に向けて発砲するという有史以来前代未聞の行動をしたが・・・。



「形は足利尊氏でも心が楠木正成なら良い」



と、いった考えがあったという。そして、長州は朝敵となったのだ。これは一歩間違えれば一蔵も命を狙われ・・・いや、薩摩が朝敵になりかねない。




しかし、吉之助は一蔵の覚悟を知りこの内容を諸藩にも回覧するに至る。




大河ドラマ西郷どんのあらすじ第32話はまだまだ続きもす。いつの時代も人間は変わらない。大事なのは「メンツ」である。

西郷どんのあらすじ第32話中巻~メンツ~

一蔵の書状は諸藩、そして公家衆にもに回覧された。必ずしも幕府は一枚岩ではない。長州征伐の準備は遅々として進まない。慶喜は焦りの色を濃くしつつあった。

スポンサードリンク



龍馬の仲介

一蔵と吉之助の書状は遠く長州にも伊藤俊輔を通して桂の元へと届いていた。伊藤はその内容に我が意を得たりと喜ぶが桂の反応は冷淡なものだった。



「ふん!諦めの悪い奴だ・・・」



しかし、禁門の変に破れ、四国連合艦隊に破れ、朝敵の長州は満身創痍である。衰えたりとはいえ「虎」である幕府が襲いかかればひとたまりもないであろう。




その頃、吉之助は再び龍馬を訪ねていた。



「恥を偲んでお頼み申します」



吉之助は再び桂との会談の仲介を龍馬に依頼する。さらに、龍馬がグラバー商会から仕入れた武器を長州に融通する代わりに、長州の米を薩摩へ融通する取引の斡旋も依頼。



「薩摩の武器で長州を強化し、長州の兵糧で来るべき戦いの準備をする」



龍馬は吉之助の依頼を承諾すると早速長州へと向かう。



「桂さん、このままでは長州は滅びますよ」



桂は龍馬を通してもたらされた吉之助の提案に当初は冷淡に対応するが、このまま戦になればそもそも武器弾薬も不足する長州は滅びる。



「長州が滅び、薩摩もいずれ滅び、日本は異国の手中に落ちる」



そのような事が分からない桂ではない。桂はある条件を提示し、再会談を承諾する。




大河ドラマ西郷どんのあらすじ第32話もいよいよ最後の段。ついに「薩長同盟」成立へ・・・!

西郷どんのあらすじ第32話下巻~薩長同盟~

慶応2年(1866年)正月。桂小五郎は危険を押して京へ入る。西郷との再会談、「薩長同盟」の交渉のためである。

交渉

吉之助は下関での件を詫びる。一方桂が「同盟の条件」に出してきた書付には、まるで、薩摩が長州に許しを乞うているような内容が書かれていた。




一蔵はひとまず預かり、小松帯刀とも相談する。



「これは認めらんれん」



現状苦しいのは長州である。長州は朝敵であり、今にも幕府の大軍に攻撃されようとしていた。しかも、薩摩藩内には長州を快く思わない者も多い。




有村俊斎などは若手藩士を引き連れて「薩長同盟反対」の主張を談判に来る。



「おどれらいい加減にさらせ!」



吉之助は激怒する。確かに苦しいのは長州である。しかし、だからこそ薩摩が頭を下げる形こそ価値があると。




結局、吉之助は桂の出した条件を全て了承する。



「これは、私達の負けですな・・・西郷君!よろしく頼む!」



桂は西郷の手を握る。ここに薩長同盟が成立する。




以上、大河ドラマ西郷どんのあらすじ第32話でございもす。

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→西郷どんの感想第32話「薩長同盟」

→西郷どんのあらすじ第33話~新婚旅行~

→翔ぶが如く第25話「薩長同盟」

→西郷どんのキャスト表(随時更新)