西郷どんの感想第44「士族たちの動乱」。江藤先生薄い存在感だったから「佐賀の乱」が雑いのは想定内。想定内なんだけど・・・。期待させて落とされるのはツライ!大久保は佐賀の乱では前線に出ているんですよね。その辺りとかも雑いよね・・・。大河ドラマ西郷どんの感想第44話始めます!

西郷どんの感想第44話~佐賀の乱~

わずか数分の出来事でございもした。




いや、まあ、分かってましたよ。




西郷の個人的なコト以外はあんまし取り上げなのは。




きっと佐賀の乱も雑いはずと思ってましたよ。




にしても・・・!!!

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→西郷どん菊次郎の子役キャストについて

→西郷どん明治天皇のキャストは野村万之丞

→西郷どん市来宗介役のキャストについて

→西郷どんのキャスト表(随時更新)

わざわざ温泉入れて・・・

西郷と熊吉が温泉に入っておりました。




もうね。




歴史好きはピンと来るワケなんですよ。



「ああ、江藤新平との鰻温泉会談への布石やな・・・」



それがね!




西郷どんだと甘いの。




フツーに西郷の家で会談!!!




いや。




別に良いんですよ?




その辺りをテキトーに処理しても。




でも、なら、わざわざさ。




熊吉と温泉入れなくてもいいじゃん!?




期待しちゃうじゃん!




これ、歴史好きに対して、



「西郷どんはそういう楽しみ方して欲しくない!」



と、いう断固たる意思表示!?




とか、勘ぐってしまった・・・。




実際は単に雑いだけだと思うけど・・・。

佐賀の乱へ至る道

今回は「士族達の動乱」です。




はい。




もう一回。




「士族達の動乱」




ね。




何処が?




もうね。




ただひたすら薩摩の士族がクダを巻くというね・・・(涙)




さらに、大久保邸に石投げるとかさ。




しかも、大久保があまりに「小さい奴」に描かれているから同情はするけど、薄っぺらい同情しかできひん・・・。




これがね。




国の為を想い泣く泣く西郷とは袂を別かつた・・・。




なんて(まあ、はっきり言うと翔ぶが如く的なね)展開ならスゴイ切ない場面になるのにね。




あと、せめてさ。




ナレでも良いから「萩の乱」「秋月の乱」とかやれば良かったのに。




大河ドラマ西郷どんの感想第44話はまだまだ続きます。大久保(涙)。

西郷どんの感想第44話~大久保(涙)~

もうこの辺りで大概の事は諦めているのですよ。でもそれにしてもでしょ!?もう突っ込まずにはおられまへん・・・!

スポンサードリンク



佐賀の乱と大久保

佐賀の乱がある程度雑いのは想定内なんだけど・・・。
(まあ、期待させておいて裏切る西郷どんクオリティ・・・)




あの描き方だと大久保は電話(電信)一本で佐賀の乱鎮圧させているけど、実際は自ら不退転覚悟をもって陣頭指揮を執ってます。




いやね。




大久保を悪く描くなら陣頭指揮も描けば良かったのに。




この時大久保は佐賀における軍事行政司法を掌握して前線にまで出て行ってさらに江藤を梟首(さらし首)にしております。




なんかね。




中途半端なんですよね。




描き方。




なんだろ。




根本がないんだと思うの。




大久保をどう描くのか?




維新をどう描くのか?




明治政府をどう描くのか?




なので、ちぐはぐなんだと思うんだよね。




一方で「メロドラマ」には注力・・・いや、今回はそこも中途半端。

安易な満寿の描き方

大久保邸に石が投げ込まれていましたけどこの辺りの演出もまあ安易。




兎に角演出が過剰でステレオタイプなの。




そして残念なのは満寿とおゆうの描き方。




メロドラマにするなら「徹底的に」やれば良いのに・・・。




何かあるぞ!




何かあるぞ!!




と思わせぶりな雰囲気からの・・・。




特に何も無し。




拍子抜け。




もそっとなんとかならんかったでございもはんか・・・?




いや、もう遅いか・・・。




大河ドラマ西郷どんの感想第44話もいよいよ最後の段。まあ、良い着眼点もありましたよ・・・!

西郷どんの感想第44話~私学校~

此処までダメ出しばかりだったけど・・・。一つまあ、上手い着眼点かな?と思ったのは大久保の見て来た英国と村田新八の見て来た英国の違いね。

視点が異なる

同じ異国を見て来ても視点が異なれば、見て来た世界もまた別物になる。




余談。ちょっと誇張もあるかもしれませんけど、昔「KKコンビ」で名を馳せた清原と桑田のPL学園の捉え方。




二人ともPL出身で同じ時期に同じように注目されていましたが、桑田の見たPLと清原の見たPLは別物なんですよね。清原から見たPLは所謂「古典的体育会系」ですが桑田はそのようには捉えていない。




大久保は倫敦を見て、



「日本の目指すべき未来」



と、捉えましたが、村田新八は、



「皆、不幸そう(目指すべき未来ではない)」



と、捉えている。




此処は良い着眼点だと思いました。




・・・まあ、西郷は大久保の目指す国に全面的に賛同しているんで、矛盾しちゃうんですけどね。




それとね。




「鉄砲はタマが切れたら終わり!剣術じゃ!」
by半次郎




おいおいおいおい半次郎!




お前の尊敬する西郷先生は、



「これからの戦には槍や刀は役に立たん」



って、言ってたけど・・・。




ま、まあ、実際切込はけっこう役に立ったんだけどね。
(それをあと七十年位やり続けるのが大日本帝国クオリティ




以上、西郷どんの感想第44話「士族たちの動乱」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】西郷どんの見逃し動画!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→西郷どん菊次郎の子役キャストについて

→西郷どん明治天皇のキャストは野村万之丞

→西郷どん市来宗介役のキャストについて

→翔ぶが如くではどう描かれた?第43話「それぞれの薩摩」

→西郷どんのキャスト表(随時更新)