おんな城主直虎のあらすじ第49話「本能寺が変」でございます。明智光秀の信長暗殺計画。家康の決断は如何に?足利義昭の深謀遠慮なのか!?おんな城主直虎のあらすじ第49話「本能寺が変」はじめまする。龍雲丸ととわの再会は・・・?

女城主直虎あらすじ第49話上巻~上洛~

天正10年5月。家康は安土城へ僅かな共と連れてやって来ていた。家康一行は緊張している。光秀の言葉が本当であれば、信長は安土での饗応でで家康を油断させ、
謀殺を企んでいるのだから・・・。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

→高天神城の戦い!岡部元信の奮戦と武田勝頼の落日

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第49話「本能寺が変」

緊迫、安土城

「上様がいらっしゃるまでどうぞごゆるりと。」



饗応役の光秀は能面のように無表情である。
家康は汗が止まらない。




改めて考えてみるとである。
自分を殺す必要が信長にあるのだろうか?
家康は思考を巡らす。




家康と信長の勢力は比較しようのない歴然とした差がある。しかも、家康は清洲同盟以来信長に背いた事は一度もなかったのだ。ここで自分を殺害する必要があるだろうか?




いや。




相手は「魔王」である。




殺す必要と言えばである。
瀬名や信康を殺す必要もなかったはずだ。
「人」の常識で「魔王」を推し量ってはならない。




では光秀はどうだ?
何故光秀は織田家重臣の座を棄てて信長を暗殺する?あの信長の下で長年仕えているのだ、光秀が有能である事は間違いない。ただ、光秀は「人」である。人であればその思考を推し量る事が出来る。



「羽柴は中国」

「柴田は北陸」

「滝川は関東」

「丹羽は摂津」



織田家は既に日ノ本半数をその傘下に置いている。ここ安土城をはじめ畿内はほぼ敵国とは国境を接っしていないのだが、現状京都周辺の大規模な軍勢は近江坂本の光秀と摂津の丹羽長秀の二人である。

猿の使者

光秀が準備した饗応は実に念の入ったものである。勿論、家康は暗殺されかかっているのだ。心から楽しめたモノではないが・・・。




ただ、「魔王」信長からは殺気は感じられない。寧ろ、機嫌は良さそうに感じていた。




そこへ、中国攻めで毛利と戦闘中の羽柴秀吉から火急の知らせとして使者が到着する。



「上様のご出陣を願っている由にございます。」



秀吉は備中高松城の清水宗治の抵抗に悩まされ、是非、信長自らの出陣をと願っているという。あまり良い知らせではないはずだが、信長は普段と変わらぬ様子で即座に光秀に命じる。



「光秀、急ぎ中国へ出陣し猿に合力せよ。」

「いや!しかし某は饗応役・・・」

「行けというのが分からぬか!この金柑頭めが!!」



光秀の反論に初めて信長は激昂する。家康はハラハラしていたが・・・。



「光秀は儂の暗殺を請け負っていたはず?」



光秀の様子から明らかにこの命令は想定外のようだ。光秀は「人の子」である。これが演技とは考えられない。




おんな城主直虎のあらすじ第49話「本能寺が変」はまだまだ続きます。

女城主直虎あらすじ第49話中巻~再会~

直虎もまた京にいた。直虎は家康の商を一手に請け負っている商人、茶屋四郎次郎と会っていた。何か変事が起れば速やかに本拠地の三河へと引き上げる事が出来よう手配を整えに来ていた。堺から三河へ至るには二つの道がある。



「一つは宇治から伊賀を経て伊勢、そして知多半島、もう一つは堺から船で。」

「舟は私が確保します。」



堺。その地名に胸がときめくのを直虎は抑える事が出来ない。

スポンサードリンク



堺へとやって来ると早速旧知の中村屋を尋ねる。中村屋は既に堺でも屈指の商人となっていた。



「舟を手配したい」



直虎は酒井から知多半島までの舟を頼みたいと告げるが、中村屋は安宅舟のような軍船ならともかく通常の和舟では一気に知多半島まで行くのは難しいという。



「南蛮の舟でもあれば別ですが」

「それじゃ!」

「・・・頭に会ってみますか?」



中村屋は龍雲丸であればなんとか出来るかもしれないと言います。早速、龍雲丸の元へ向かいます。



「久しぶりじゃの?」

「おとわ!元気にしておりましたかい?!」



直虎は堺から知多半島まで一気に行ける舟が必要である事を話します。龍雲丸は呆れます。



「また、尼小僧様は物騒な事に頭を突っ込みなさって。」

「我は徳川様の元で戦の無い世を如何にしてなすか考えておる。」

「相変わらず突拍子もねぇ事ですなぁ。」



舟の手配は出来た。これで、明智光秀の謀反があれば速やかに脱出が可能である。




おんな城主直虎のあらすじ第49話「本能寺が変」いよいよ最期の巻でございます。

女城主直虎あらすじ第49話下巻~本能寺~

「明智光秀様は近江坂本へ戻られ、中国攻めの支度に入られました。」



万千代から暗殺計画の首謀者である光秀が居なくなったことを知らされ驚く直虎。
これはいったい・・・?

脱出

6月1日。信長の使者が家康の元へ到着する。



「上様は本能寺にてお待ちでございます。」



光秀の話では、安土城での饗応で油断させた家康を本能寺の茶会で謀殺する。その役目を命じられているのが光秀のはずであった。




しかし、光秀は既に国本の坂本へ戻っている。このまま本能寺へ行けば家康は信長に殺害される?



「儂は本能寺へ参ろうと思う。」



驚く家臣一同。
家康は安土城での饗応の中で信長から殺気を感じる事はなかったこと、さらに、信長の「短気」な性格を考えれば安土城で油断させて本能寺の茶会での暗殺は「らしくない」と言う。



「そもそも儂の暗殺計画等なかった。」



油断も何も、安土にいる徳川一向は数十人である。殺ろうと思えばいつでも殺れたのだ。




光秀が信長に謀反を起こすダシに使われたのではないか?だが、その光秀ももはや本能寺にはいないのだ。




家康一行は堺と立つと本能寺へと向かう。
その途上。



「明智光秀、謀反にございます!」

「して織田様は?」

「消息不明!」



京は明智勢で溢れかえっている。
また、信長の嫡男信忠が軍勢を整え反撃に出ているという。




家康一行は南下して伊賀を通り伊勢に抜けてそこから舟で三河へと無事帰還する。




天下布武目前でその大将である織田信長が消えた。
そして、驚く事はまだ続く。




毛利との戦で備中高松城を攻撃中であった羽柴秀吉は毛利と電撃的な和睦を結ぶと、1日で畿内へ軍勢を戻し、明智光秀と決戦に及ぶと言う。




明智か羽柴か。




いや、どちらが勝っても北には柴田、東には滝川、そして、信長の子息たち。




だが、家康最愛の妻と息子を奪った魔王信長はもうこの世の者ではないようだ。




何故だろうか?




不思議と信長に対しての憎しみの感情は湧いてこない家康であった。




以上、おんな城主直虎のあらすじ第49話「本能寺が変」でございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→おんな城主直虎の感想まとめ前編「今川と井伊の対比と脇役子役の活躍」

→大河ドラマ「西郷どん」キャスト表で翔ぶが如くと比較!

→高天神城の戦い!岡部元信の奮戦と武田勝頼の落日

→家康暗殺!田中城攻めで家康暗殺を謀った近藤武助とは実在!?

→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ最終回第50話「石を継ぐ者」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第49話「本能寺が変」