おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第47話「決戦は高天神」でございます。瀬名と信康は魔王の生贄となりました。弱き事は罪である。時は戦国、場所は東海の火薬庫三河遠江。おんな城主直虎のネタバレとあらすじ第47話「決戦は高天神」はじめまする。岡崎衆の気持ちを取り戻せるか。

女城主直虎あらすじネタバレ第47話上巻~岡崎にて~

瀬名の死と家康の命による信康の自刃は岡崎衆に衝撃を与えます。同じ三河武士、父親である家康の理不尽な振舞いに絶望し殉死する者、出奔する者が相次いだ。その岡崎城に家康はいた。

※注目記事:→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

※注目記事:→高天神城の戦い!岡部元信の奮戦と武田勝頼の落日

本音

「その方らも儂に愛想が尽きたようじゃの。」

「・・・儂もじゃ!自分に愛想が尽きた!!」



居並ぶ岡崎衆の家康を見つめは冷たい。
いや、中には斬りかかった来そうな雰囲気の者も少なくない。
しかし、家康は本心を語る。



「信康は無実、そして瀬名も無実。」



家康は信康が織田家の言いがかりにて自刃に追い込まれた事、また瀬名は自らがその罪を被る事で信康を守ろうとした事を話す。



「瀬名を犠牲にしても信康を守れなかった!!!」



家康は自らの非力と不甲斐なさを泣きながら詫びた。こと、此処に至り家康の胸中を岡崎衆は初めて知る。




無実の息子を斬らねばならなかった無念。妻の命を懸けた願いを叶える事が出来なかった無念。




家康も岡崎衆も号泣である。



「瀬名の望はいつか駿河を治める事であった。」



家康は自分は非力な弱小国の豆狸、いや小豆狸に過ぎないが、力を貸して欲しいと言う。



「やりましょう!!」



家康は岡崎衆の気持ちをなんとか繋ぎ止める事が出来たのだった。その様子を見ていた榊原康政が万千代に尋ねる。



「殿に岡崎衆に本音を言うように伝えたのはお前か?」



万千代はかつて、井伊谷の農民達が逃散した時に、自ら田畑へと出向き助けて欲しいと頼んだ事を話す。



「今でも井伊谷の者は先代の心強きお味方でございます。」



おんな城主直虎のあらすじ第47話「決戦は高天神」はまだまだ続きます。

女城主直虎あらすじネタバレ第47話上巻~高天神城攻防~

遠江は高天神城。長篠の戦の前年の天正2年(1574年)武田勝頼は2万5千の大軍で高天神城を奪取する。この城はかの武田信玄も落とせなかった城である。これをきっかけに武田勝頼はさらに攻勢に出て、結果的に長篠の大敗に通じるいわくつきの城である。しかし、高天神城は長篠の戦以降も武田勢が保持し続けていた。

スポンサードリンク



竜宮小僧

高天神城は元々は今川の城であり武田勝頼が落とすまでは徳川が抑えていた。規模は大きくはないが堅牢な城であり、かつて武田勝頼が落とした時も調略が奏効しての事である。




武田勢には内通する者もなく絶賛籠城中である。家康は力攻めは犠牲者を増やすだけと兵糧攻めを行っていた。



「織田の脅しに屈しない力を得る。」



家康は既に武田の命運は長くはないと踏んでいた。しかし、長篠の戦以降は優勢とはいえ武田勢の強さは他に類をみない。降伏・開城を勧める事でそのまま自らの勢力に加えようとしていた。




そんな中、万千代が井伊谷を訪ねてくる。新たな城普請が決まり徳川の材木供給地となっている井伊谷へやって来たのだ。逞しい若武者に成長している万千代に直之と六左衛門は喜ぶ。




万千代は直之と共に六左衛門はが仕切る切り出し場へと向かう。そこでは人足達と楽しげに語る六左衛門が。



「竜宮小僧の伝説は他でもあるらしいの?」



井伊谷に伝わる竜宮小僧。実は「竜宮小僧伝説」は他の地域でもあるという。




だいだらぼっち、河三郎、座敷童、アカシャグマ等、人足達は様々な地域から来ており故郷の話に花が咲く。



「河三郎?」



何処かで聞いた事がある。
そういえば、幼い時に姉の高瀬が竜宮小僧を「河三郎」と言っていたが?高瀬は武田の間者で・・・?



「その男を捕らえよ!」



直之は「河三郎」と言った男を捕らえた。その男は武田の間者ではあったが、既に劣勢著しい武田へ戻る事も出来ないでいたのだ。



「どうだ?儂に仕えぬか?」



万千代はその男に高天神城の水の手を聞き出すのであった。

二万石

「に、二万石じゃと!?」



直虎は万千代が加増され、二万石の太守となった知らせに驚く。二万石とは井伊谷を超えるるような石高である。万千代は捕らえた間者から高天神城の井戸を聞き出し、その水源、水の手を切ったのだ。




食糧がなくても気合いで人間は生きられるが、水が無ければどうしようもない。



「殿は戦いたくないのですよ。」



万千代は家康の想いを直虎に話す。だからこそ、戦わずに味方を増やしていきたいのだ。




直虎はかつて政次と「戦わぬ道」を必至で模索していた事を思い出していた。



「強くなるとよいの。戦を嫌う徳川が。」

「強くしますよ!俺が!」



自分の仕える殿なのだからなってもらわなければ困る。力強く宣言する万千代に頼もしさを感じる直虎であった。

高天神城玉砕

ある日、高天神城を包囲する徳川方に矢文が放たれる。その内容は城兵の助命があれば開城・降伏をするということ、そして、それは高天神城だけではなく、周辺の武田方の城が全て徳川傘下に入ると言う。徳川方の完勝と言ってよい条件である。




しかし。



「降伏は許されない。」



徳川本陣は重苦しい雰囲気である。織田方の使者がやって来て信長の意を伝えて来たのだ。信長は高天神の降伏を認めない。



「継戦が難しいなら織田が代わりに出張るが?」

「いや、玉砕か干上がるか選べと伝えます。」



家康は堀川城の戦いを思い出していた。



「見せしめが必要という事か・・・」



※関連記事:→堀川城の戦いと井伊直虎


援軍も望めず、開城も難しいのであれあば戦うしかない。武田方は最期の突撃をしかけてくる。




武田方は城主岡部元信以下700名以上が玉砕した。




おんな城主直虎のあらすじ第47話「決戦は高天神」いよいよ最後の巻でございます。

女城主直虎あらすじネタバレ第47話上巻~武田家滅亡~

高天神城の戦いはその戦術的な勝利以上に、武田威信を失墜させる。武田勝頼は奮戦する高天神城を半ば見殺しにしている。長篠の戦が武田・徳川の攻防の分水嶺であれば、高天神城の戦いは止めの戦いといえる。

駿河獲得

天正10年(1582年)、信長は甲州征伐の軍を送る。穴山梅雪、木曾義昌等一門衆も相次いで織田徳川の内応に応じ武田勢は崩壊。当主武田勝頼は天目山にて自害。ここに、新羅三郎義光公以来の甲斐源氏名門武田家はついに滅亡する。




この戦における徳川家康の働きは信長も認める所であった。家康はついに、瀬名が望んだ駿河を得る。




家康はこれで三河、遠江、駿河の三国の大名となる。かつての主家である今川家の領国を全て手に入れた。




しかし。




信長と家康の差はもはや如何ともし難い。信長は西は備中、北は越中、東は甲斐信濃を制圧しいよいよ天下布武は目前となっていた。




以上、おんな城主直虎のあらすじ第47話「決戦は高天神」でございます。




今宵は此処までに致します。

→大河ドラマ「西郷どん」キャスト表で翔ぶが如くと比較!

→家康暗殺!田中城攻めで家康暗殺を謀った近藤武助とは実在!?

→高天神城の戦い!岡部元信の奮戦と武田勝頼の落日

→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第48話「信長、浜松来たいってよ」へ