おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第41話「この玄関の片隅で」でございます。万千代と万福の草履番コンビの活躍は家中でも評判となります。いよいよ近習・小姓に昇進かと思われましたが、家康から小姓昇格の条件が出されます。それは「後任を育てる事」でした。気合いが入る二人ですが・・・。なんと後任候補として現れたのがなんとも頼りない人物で・・・。おんな城主直虎第41話のネタバレとあらすじ「この玄関の片隅で」はじめまする。

女城主直虎あらすじネタバレ第41話上巻~後任候補~

いつの時代も後継者育成はマネジメントの基本。万千代と万福に与えられた課題は後任の草履番を育てる事。草履番という事は自分達と同じく身分も低い、若い少年のはず。

※注目記事:→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

その男ノブ

多少は年上の可能性も考えてはいた。しかし、まだか自分の父親かと思えるようなおっさんがやって来るとは。勿論、「俊敏なおっさん」なら良かった。




脚が悪いようで動きも遅く、また何時もヘラへラしており、
さらにはやる気も感じられない。



「なんであんな奴を寄越したんだ・・・?」



万千代はもしかして自分達を小姓に取立るつもりがないのではないかと訝ります。



「ならば、人など寄越さないでしょう。」



万福が冷静に言います。そう、もし小姓に取り立てるつもりがないのであればそう言えばいいのだ。わざわざ謎のおっさんを寄越す必要はない。



「しかし、妙ではないですか?」



万福は別の疑問がある。徳川の武将達が草履番をしているノブを見ると驚きギョッとした表情をすると足早に去っていく。



「おっさんの草履番が珍しいんだろ?」



万千代は気にも留めていないようだ。

裏切者のノブ

図らずも、そのやる気のない脚の悪いおっさんの正体が分かる時が来た。何時ものように草履番をしていると・・・。



「貴様どの面下げて戻って来た!この恥晒しが!!!」



家中一の猛将として知られる本多忠勝。戦場では猛将として知られるが、家中では人徳者であり温厚な性格で知られていた。その忠勝がノブを掴み羽交い締めにして額を地面に打ち付けている。




下手をすれば死ぬ。




いや、殺さんばかりである。



「待たれよ!これは10年前のこと、大久保忠世殿のとりなしで・・・!」

「五月蠅い!!去れ!!!」



そこへ榊原康政ががやって来て忠勝を取り押さえると、
必至に説得をしている。



「儂の顔に免じて堪えてくれ!」



忠勝は康政のとりなしでなんとか怒りを抑えると去って行った。



「榊原様!いったいノブは・・・?」

「ん?あやつは本多正信。殿を裏切った男じゃ。」



康政によると、ノブ、本多正信は本多忠勝らと同じ本多一門であり、家康に古くから仕えていたが、徳川家を出奔すると一向宗と結び家康に刃を向けたという。その後、一向宗が壊滅すると三河を脱しどうやら畿内渡り石山本願寺に仕えていたとも、大和松永久秀に仕えていたと言うが、大久保忠世のとりなしで徳川への帰参が許されたと言う。




生真面目で忠誠心の厚いな本多忠勝としては一門からの裏切りでもあり許しがたいのであろう。



「何故そのような者が・・・?」

「殿の差配じゃ、お主たちの関知する事に非ず。」



おんな城主直虎のあらすじ第41話「この玄関の片隅で」はまだまだ続きます。

女城主直虎あらすじネタバレ第41話中巻~材木~

進言の死後、武田勢は三河から引き上げたものの、戦国最強の武田の軍勢が消えた訳ではない。一時期は信玄の喪に服すべく静かであったが、ここ1年程動きが活発化している。徳川にはまた武田の脅威が迫っていた。

スポンサードリンク



六左帰る

虎松が井伊家を継ぐ事で生じた井伊家と松下家の気まずい関係は松源太郎のお陰で修復されたがまだ問題は残っている。




松下家の養子が必要だ。
取り急ぎ、直久(直之弟)に白羽の矢が立つ。また、松下家としては受け入れるという返事をもらっていた。



「あの・・・。出来れば私も此方に・・・」



松下家の使者としてやって来たのは虎松の傅役・・・。いや、「元傅役」の六左衛門である。




虎松が万千代となり徳川へ仕えるようになってから後やる事がないのだという。現在は松下家の居候のようになってしまい立場上も気まずいと言う。




直虎は領主の近藤に直久の養子縁組の件と併せて、六左衛門の帰参の許しも得るのであった。




その頃、徳川は再び武田の脅威にさらされていた。信玄の跡を継いだ諏訪四朗勝頼は信玄時代には落ちなかった高天神城を包囲し落城させている。これで東遠江は武田の影響下に入ったと言える。武田の勢いは信玄時代よりも強いと言える。単独では武田には全く太刀打ちできない徳川は当然織田に援軍を要請する。



「織田殿はなんと?」

「は、援軍を送るが材木を3千本用意して欲しいと。」

「材木を?城・櫓でも造るのか?」



命じられれば応える他ない。しかし、それ程大量の材木をこの短期間に集めるのは至難の業。
家康は頭が痛い。

材木を抱いて飛んだ事がある

万千代は徳川が材木を必要としている事を知る。



「好機到来!」



万千代はかつて井伊では材木を商っていた事を知っている。草履番の身分も顧みず、家康に直談判に出る。



「井伊にお命じ下さい!!」



万千代はかつて井伊家が「材木を抱いて飛んだ事」があると言います。家康は万千代の積極性を楽しんでいます。



「成程の、して望は?」



流石、話が分かる!
万千代は居住まいを正すと言います。



「初陣を飾らせて頂きたく。」



前途が開けてきた!万千代は期待に胸を膨らませていた。




早速、万千代の目論見通り家康からの指示が直虎の元へ。



「はあ・・・」



直虎は思いっきり溜息である。
凡そ察しはついている。
万千代の差し金である。




しかし、井伊谷の領主は近藤である。にも関わらず、まるで井伊谷は自分の所領であるかの如くの振舞い。直虎は頭が痛い。




直虎は方久に手紙を預けると、取次を通さずに直接家康に私て欲しいと頼む。そこには、材木は近藤に命じて欲しいということ、そして万千代を甘やかさないで欲しいと書かれていた。




さて、おんな城主直虎のあらすじ第41話「この玄関の片隅で」も最後の巻でございます。

女城主直虎あらすじネタバレ第41話下巻~敵は直虎~

直虎の手紙は無事家康の元に届く。家康はさもありなんと、材木集めの命令を近藤に出すのであった。

薄鈍(うすのろ)

直虎は近藤に呼び出されると材木の件で相談を受けていた。昔を思い出しているのか若干気まずい雰囲気の近藤である。



「材木を集めねばならんのだが・・・」



近藤の配下にはその手の事に長じた者がいない。井伊の者でそういった事に慣れている者がいないかと尋ねられる。直虎は素知らぬ顔で応える。



「近藤殿の配下にもおるではありませぬか?」

「え?誰じゃ??」

「六左衛門でございます。」

「!?あのい薄鈍(うすのろ)」



直虎は六左と近藤の性格が正反対ということもあり、馬が合わない事は知っていたが、これをきっかけに多少でもお互いの理解が深まればと思う。




直虎は六左が材木の切り出しから運送、人賦の手配まで一貫して担当可能であると伝えます。かくして、材木の切り出しは近藤に命じられ、六左衛門が現場を仕切る事になります。

日ノ本一の留守番

「話が違うではございませぬか!」

「いや、井伊谷の領主は近藤じゃしの?」

「しかし!知恵を出したのは私・・・!」

「此度は日ノ本一の留守番となってくれ!」



万千代はすぐに察した。



「あのクソ尼め・・・!」



直虎が裏から手を回し自分の素晴らしい策を潰したのだ。
怒りが沸々と湧き上がる。




ちなみに、直虎は既に尼ではない。




以上、おんな城主直虎のあらすじ第41話「この玄関の片隅で」でございます。




今宵は此処までに致します。

→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第42話「長篠に立てる柵」