おんな城主直虎のあらすじ第36話「井伊家最後の日」です。直虎の必死の看病もあり一命を取り留めます。直虎は龍雲丸を助けた事で、そして一方の龍雲丸は助けた者の気持ちを知る事で、過去を乗り越えようとしています。「いつも生き残ってしまう」直虎と龍雲丸はお互いの存在が掛けがないものかもしれないと、気が付き始める。おんな城主直虎第36話のあらすじ「井伊家最後の日」はじめまする。

女城主直虎あらすじ第36話上巻~解放~

力也、モグラ、カジ、ゴクウ・・・。皆、戦闘に巻き込まれてがその生死は不明である。殺してもしなないような奴らだ。龍雲丸は廃墟と化した堀江城に「井伊にて待つ」と立札を残します。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第36話「井伊家最後の日」

二つの申出

近藤康用は昊天や直虎の治療の甲斐もありようやく自力で歩けるまで回復していた。今度にも想う所があったのかもれません。



「このような事を言えた義理ではないかもしれぬが・・・」



近藤は直虎に思わぬ提案をする。元井伊家に仕えていた者たちを自分が召し抱えても良いと言います。直之はじめ井伊家の人間は隠里にいるが、いつまでもそうしている訳にもいかない。井伊家にとって決して悪い話ではなかった。




また、しのを「人質」として送った松下の家の常慶が直虎を尋ねて来た。



「此度は本当に申し訳ない事でございます!」



情景は井伊家が約束を守ったにも関わらず、徳川の事情で井伊家の家名を再興出来なかった事を詫びた。



「実は、兄(しのの夫)から言付けを預かっております。」



しのが嫁いだ常慶の兄松下源太郎が虎松を是非養子にしたいと申し入れてきたのだ。実は松下家には跡取りがなく、もししのの子である虎松が後を継いでくれるのであれば、有難いと言っていると言う。




これで、生き残った井伊家の者の新しい仕官先、そして虎松の針路も一応確保した事になるが・・・。

死者の想い

「尼小僧様の好きにしたらいいんじゃねぇか?」



悩む直虎に龍雲丸は提案する。
しかし、



「自分がしたいように。」



と、いう龍雲丸の言葉に接し自分がどうしたいのか分からない事に気付く。そう、今迄人の為に、井伊家のために生きてきた直虎に「私」はないのだ・・・。



「自分がしたいように、それが一番難しいじゃろうの」



そんな直虎の様子を不思議に感じる龍雲丸に南渓は説明する。また、そのような「修羅の道」へ直虎を導いたのは他ならなぬ自分である事に後悔の気持ちも持っていた。




直虎の気持ちは揺れていた。直親、政次、叔父上、おじじ様、多くの人間が井伊家のために死んでいった。直虎が井伊家再興を諦めなければこれからも多くの犠牲が出る事になだろう。




虎松は勿論、直之やまだ幼い亥之助も父達のように「井伊家のため」命を落とすかもしれない。直虎はもうこれ以上井伊家のために死ぬ人間を見たくなかった。




しかし。



「井伊家再興のために死んでいった者達の魂は何処へ行くのじゃ?」



直虎は井伊家のために死んでいった者の事を考えると、とても井伊家再興を諦めるとは言えなかった・・・。



「次郎・・・」

「お、和尚様!」

「次郎、もう終わりにしよう。」



龍潭寺の井戸で悩んでいた直虎の元に南渓がやって来た。南渓は直虎はもう充分に頑張ってきたこと、そして、井伊家のために死んでいった者には自分が謝ると言います。



「儂が其方を城主にした、じゃから儂が終わらせる」



南渓は死者の魂は自分が背負うと伝えます。直虎は、南渓の言葉に不甲斐ない自分を謝罪して泣くのであった。




おんな城主直虎のあらすじ第36話「井伊家最後の日」はまだまだ続きます。

女城主直虎あらすじ第36話中巻~井伊家最後の日~

直虎は覚悟を決めると川名の隠し里へと向かった。そこには、母祐椿尼をはじめ、主だった井伊家の人間が暮らしていた。

スポンサードリンク



所詮女子じゃの!

直虎は皆を集めると近藤康用の申出のこと、そして松下家から虎松を養子にしたいという申出があった事を告げます。突然の事に動揺を隠せない面々。



「我はもう井伊家を再興するつもりはない!」



直虎は苦しい胸の内も正直に告げた。もう、井伊家のために死んで行くものはみたくないのだと。



「所詮は女子でござったな!!!!」



直虎の「井伊家再興しない宣言」に最も噛みついたのは中野直之であった。久しぶりに「女子」という言葉で直虎を詰った。



「そんなお方に一生ついて行くと決めいたのだ!!」



直之は元々は女子の直虎の城主就任に最も反対していたが、政次が亡き今は最も直虎を勝っている家臣であった。直虎の突然の宣言に怒りと悲しみと寂しさががない交ぜになった表情を見せるとその場を去って行った。



「皆、生きたいように生きて欲しい。」



直虎は残った面々に井伊家に縛られずに生きて欲しいと継げるのであった。

最後の関門

直虎は南渓と共に隠し里の面々に井伊家は再興をしない事を伝えた後虎松の元へと向かった。虎松は奥三河の鳳来寺に匿われていた。



「殿!!私を迎えてに来たという事は井伊家再興が叶ったのですね!?」



ピカピカの頭とキラキラな瞳で喜ぶ虎松の様子に胸が痛い直虎。



「我はもう井伊家を再興するつもりはない。」



色々な感情が溢れ出すのを堪え勤めて無表情で告げる直虎。直虎は松下の家で虎松を迎えてくれる事、そしてそうなれば母しのとも暮らせる事を伝えます。



「虎松は井伊の虎松でございます!!」

「それは、もうない。」



直虎はこれからの人生は虎松の好きなように生きて構わないと言います。松下家を継いでもよし、僧となってもよし、商人、百姓、漁師、神主・・・。
しかし。



「井伊の虎松はない。諦めてこそ開ける道もある。」



無常にそう告げると寺を後にするのでした。その様子を隣で見ていた南渓は直虎が去った後に虎松に告げます。



「虎松、直虎はもう殿ではないのだ・・・」



南渓は何事かを思案しているようでもありました。




さて、おんな城主直虎のあらすじ第36話「井伊家最後の日」最後の段でございます。

女城主直虎あらすじ第36話下巻~君の名は~

直虎は井伊家の後始末を終えました。かつての家臣達はほぼ近藤康用の元へ仕える事になります。また、虎松と護衛の六左衛門は松下家へ。一仕事を終えた直虎。ほっとするかと思いきや・・・。

頭の想い人

直虎は井伊家当主として最後の仕事を終えました。龍潭寺の井戸に花を添えて最後の仕事が終わった事を報告します。




もう、直虎は殿ではありません。そして、出家するきっかけとなった今川家さえもうありません。出家の身である必要すらなくなっていました。




ふと、肩の力が抜けます。



「本当に終わってしまう・・・」



今迄の出来事を思い返し涙を流す直虎。そう、直虎にはもう何もありません。




龍潭寺の井戸で佇んでいると龍雲丸がやって来ます。



「尼小僧様。ちょいと相談したい事がございまして。」

「おお!頭!なんでも言ってくれ!」

「実は一緒になりてぇ女子がおります。」

「!?それは・・・あまり我は役に立てぬかもしれぬ・・・」



直虎は龍雲丸も此処を去るのかと少し、いやかなり寂しく感じます。



「あっしはその女子の名前をしらんのです。」



直虎は井伊谷の者なら名前ならほぼ分かっている。



「教えてもらえますかね?名を?」

「どんな娘か言ってくれれば・・・」

「あっしはあんさんと一緒になりてぇんです。」



龍雲丸の言葉に驚く直虎。



「とわじゃ・・・」



龍雲丸はおとわをそっと抱きしていた。

死におった!

今川氏真が徳川に降伏をした後、氏真は妻の実家である相模北条氏康の元へ下った。北条氏康は関東の雄として名高く、武田信玄の駿河侵攻以降、武田との同盟を破棄すると、
対決姿勢を明確にする。



「流石義父上にございます!」

「天罰を加えてやったわ!」

「はははは!!!」



その後、武田信玄は小田原城へ軍勢を差し向けるも、鉄壁の守りを誇る小田原城に手も足も出なかった。信玄は小田原包囲を解いて退却中追撃に出た北条勢と三増峠で衝突しこれを破るものの、北条の勢力は以前圧倒的に強く、徳川、北条、そして上杉に囲まれ苦しい展開となっていた。
しかし。



「死におった!あのじじい死におった!」



信玄は喜んでおります。元亀2年(1571年)10月、上杉謙信、武田信玄という二大英雄と争い、一歩も引かなかった関東の雄北条氏康が病死する。




その子氏政は武田信玄との盟約を復活させると今川氏真を追放する。氏真はとんでもない行動に出る。



「三河守殿!!北条と武田が結びました!」



氏真はかつての家来、そして敵でもあった徳川家康に庇護を求めた。



「た、武田に送りましょうか・・・?」



北条と武田が結べば武田は後ろを気にすることはく西へ進める。とてもではないが徳川に武田と一戦交える力はない。
徳川に再び赤い暗雲が垂れ込めて来ます。




以上、おんな城主直虎のあらすじ第36話「井伊家最後の日」でございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第37話「武田が来りて火を放つ」

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第36話「井伊家最後の日」