おんな城主直虎のあらすじ第32話です。徳政令が発布され井伊家は事実上取り潰しとなったものの、虎松の首はなんとか守った直虎。しかし、そこには幼き命の犠牲がありました。そして、いよいよ今川に本当の落日が迫ります。おんな城主直虎第32話のあらすじ「復活の火」はじめまする。

女城主直虎あらすじ第32話上巻~決戦前夜~

今川と武田の対立は「塩止め」という段階からいよいよ開戦前夜の状況です。既に武田信玄は駿河侵攻の腹を決め、あとはいつ攻め込むかの機会を伺うのみ・・・。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第32話「復活の火」

古狸と豆狸

徳川家康が岡崎城で軍議を開いていると武田信玄からの書状が来ます。武田勢は10日後には駿河との国境を越えて今川領へと侵攻するとあります。そして、徳川方にも遠江へと侵攻し、早々に掛川城まで落とすようにと指示されていました。




織田にも武田にも「格下」扱いで見様によっては「家臣」のような扱い。
家康は中々渋い表情です。武田勢はともかくこちらは楽観できる状況ではありません。松下常慶を使い遠江へは調略をかけていこうとしていますが・・・。



「掛川へと至る、気賀の辺りなら調略の芽があるのではないか?」



石川数正は井伊谷と気賀を抑えれは掛川への道は開かれると言います。そこへ、酒井忠次が遠江内偵から帰還します。



「気賀はなりませぬな・・・。」



気賀周辺を守る大沢基胤の手勢に襲われたと言う。大沢勢は士気も旺盛で徳川方へ寝返る様子などは全くない。



「ならは、やはり井伊谷からか。」



既に調略済みの井伊谷を通り気賀、掛川へと向かうしかないと家康が言いますが酒井忠次は首を振ります。



「井伊家は取る潰され、跡取りも殺されたよしにございます。」



家康は驚く。
これでは正面から戦うしかない可能性も。いや、それよりも妻の瀬名も悲しむであろうと考えます。家康は瀬名にいきさつを伝えます。




井伊家は小野但馬守政次が乗っ取り、跡取りの幼子の首も討たれたと。瀬名は、母佐名を今川へ人質に出した小野和泉守政直の息子に井伊家が乗っ取られた事に運命の皮肉を感じます。

裏と表

家康は遠江侵攻の足場だった井伊を失った家康は井伊谷へ派遣されている三人の目付を調略し、井伊家を乗っ取った政次を討取る事を考えます。




今川から徳川へと寝返った武将に菅沼定盈という者がいるのですが、この男は井伊家に派遣されている目付、菅沼忠久とは同族なのです。




そこへ、井伊直虎からの密書が傑山を介して届けられます。そこには井伊家取り潰しも跡取りが首を討たれた事もさらには小野政次が井伊を乗っ取ったことまでもが見せかけであり、徳川勢が井伊谷へ進駐すれば、今川の目付を捕らえ、井伊は速やかに開城し徳川に合力するとあります。




井伊家を潰され、跡取りも失った直虎の悲しみに同情し、政次を恨んだ瀬名は、それが全て見せかけである事を喜びますが、小野政次と直虎が手を組んでいる事まで知ると、やや面食らうのでした。




家康は直虎への返書をしたためると、傑山に預けます。徳川につけば問題がないこと、また目付の政次も徳川に着くのであれば問題ない旨書かれていました。

女城主直虎あらすじ第32話中巻~なつ~

今川家中では重臣の小倉資久、庵原忠胤、そして関口氏経等重臣達が武田を迎え撃つ軍議を開いていました。相手は既に戦国最強の誉れ高い武田勢。しかし、こちらも戦国屈指の大々名今川家。決して、武田に後れを取るものではない。

スポンサードリンク



※関連記事:→庵原忠胤と朝昌の忠義。薩埵峠の戦い

関口氏経、裏切る

今川氏真は北条と上杉の援軍を求めていた。しかし、北条はともかく、上杉は武田の調略で重臣本庄繁長の反乱などがありとても軍を動かせない。そして、援軍どころか重臣と頼む関口氏経の様子がおかしい事に氏真は気がついていない。




井伊谷へは傑山が戻って来た。家康からの書状を見て安堵します。勿論、政次に井伊を乗っ取る気はないと思われるが本人に確かめる事にします。すると、その政次が龍潭寺へとやって来ます。




関口氏経の家来たちが駿府へと引き上げていったのだ。既に、関口氏経は武田の調略に応じていたのだ。そのため気兼ねなく龍潭寺を訪れる事が出来たのだ。関口氏経だけではない。多くの今川家臣には信玄の調略が伸びているようだった・・・。




直虎は政次と碁を打ちながら話します。




政次は祐椿尼や六左衛門が薄々気がついているように、政次の家臣達も虎松の首ではなさそうだと言う事には気がついているだろうと言います。ただ、家臣達はそれは「政次が井伊家の乗っ取るため」だと考えていると言います。




また、政次は幼子の首を刎ねた事で自分は地獄へといくと家臣に語った事を話す。直虎はただ一人苦しい決断をした政次にこのまま井伊家当主に収まってもよいと提案する。




しかし。




百姓が頼んでもいないのに徳政令をやめてくれと言ってきて、海千山千の気賀の商人達が城主をやってくれて頼み込んでくる。




日の本広しと言えどもそのような領主は直虎しかいないと言います。直虎は政次の言葉に涙します。

告白

直虎と別れた政次は屋敷へと戻ります。そして、そう徳川が遠くない時期に徳川が井伊谷へと進駐してくることや、既に、井伊家が徳川傘下に入る事になる旨を伝える。



「徳川井伊谷へと進駐すれば自分の役割も終わる。」



なつはずっと政次を支えてきた。亡き直盛(直虎父)や玄蕃(夫)から「井伊と小野の架け橋に」と言われたことを忠実に守ってきた。しかし、それだけではない事を流石の政次も気がついていた。



「全て方が付いたら俺と一緒にならないか?」



なつは一瞬嬉しそうな表情をしますが、すぐに「女の表情」になります。



「方が付けば直虎様は還俗されるのでは?」



そう、もはや直虎が僧籍に身を置かなければならない理由はない。しかし、政次はなつと一緒にいたいと言います。




直虎、おとわは確かに初恋であり、また今も憧れの人ではある。しかし、直虎は同志であり「半身」のようなものだと言います。なつの献身的な支えは政次の心を癒し、そして孤独な戦いの支えとなっていた。



「そなたを手放したくないのだ。」



なつは政次に抱きついていました。

女城主直虎あらすじ第32話下巻~今川落日~

永禄11年(1568年)も暮れる12月。武田勢12,000は甲斐を出立し駿河へと迫る。そして、早くも駿河の薩埵峠(さったとうげ)へ迫ります。

今川家中瓦解

対する今川勢も重臣庵原忠胤に15,000の兵を預けると迫る武田勢を迎えます。甲斐から駿河へと侵攻するには薩埵峠(さったとうげ)を必ず通ります。此処を守り、そして、北条・上杉の援軍が到着すれば・・・。




※関連記事:→庵原忠胤と朝昌の忠義。薩埵峠の戦い


しかし、待てど暮らせど援軍は到着しません。庵原忠胤はよく守りますが武田の調略の影響もあり士気も低く、結局駿府へと撤退を余儀なくされます。今川館は平野に建てられた城というよりは「屋敷」でありそもそも、籠城など戦には不向きな城です。




重臣の1人小倉資久は籠城戦に向いている賤機山(しずはたやま)城へと「転進」しそこで援軍を待つ事を具申。
氏真もその意見を受け入れます。




かくして。




出立の準備を終えた氏真は家臣たちの姿が見えない事を不審に思います。関口氏経、朝比奈信置、岡部忠兵衛等今川譜代の重臣ら21名は武田の調略により逐電。さらに、その混乱に乗じて賤機山城も武田勢に抑えられてしまっていた。

井伊谷三人衆

家康は既に徳川に寝返っていた菅沼定盈を通じて菅沼忠久を調略、さらにその菅沼忠久は二人の目付鈴木重時、近藤康用も調略する。




彼等には本領安堵と遠江を切り取り次第領国として認める起請文が提示されるが、既に徳川へと内通済みの井伊谷は含まれていない。井伊とは遺恨のある近藤康用は不満である。さらに、もし家康の言うことが事実であれば、近藤は政次にも諮られていた事になる。




近藤は政次は油断のならない人物であり、井伊家も騙されている可能性を強く主張。家康は直虎はともかく、確かに政次の事は知らない事もあり不安になる。



「大人しく、開城すればよしとしては?」



菅沼忠久は近藤を宥め、もし大人しく開城しない場合は討取れば良いと言います。家康も菅沼忠久の意見を容れます。




井伊谷では政次が関口氏経の配下の者には既に関口氏経は裏切り武田へ走った。城は徳川へ明け渡すのでついてくるものはいないかと声をかけます。関口氏経配下の郎党は続々と政次に従う。




また、小野の郎党にはは生き延びるために、今川に従っていただけで、井伊と小野は二つで一つだと言った。政次は配下の者は戸惑うかもしれないと考えていたが、どうやら小野配下の者も政次の本心に気付いていたようだ。




徳川勢が井伊谷へとやって来た。直虎は徳川勢を出迎えたが、先頭にたってやって来たのは近藤ら目付3人であった。徳川重臣の酒井忠次と直虎は挨拶を交わし、城の門が開いた。
その時。



「政次!門を閉めよ!罠だ!」



直虎は叫んだ。
驚く事に近藤の手勢と思われる一団が徳川勢を攻撃しはじめたのだ。
その頃、駿府の今川館は武田勢の前に焼け落ちていた。




以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第32話「復活の火」でございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第33話「嫌われ政次の一生」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第32話「復活の火」