おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第31話です。徳政令を求めない百姓達に囲まれる中突然直虎に刃を突き付けた政次。その様子に百姓達は勿論、直虎も驚きます。いったい政次の意図は・・・?それでは、おんな城主直虎第31話のネタバレとあらすじ「虎松の首」はじめまする。

女城主直虎あらすじネタバレ第31話上巻~徳政令~

政次は直虎に喉元に匕首を突き付けてその顔と刃が百姓達によく見えるように向けます。脅える百姓達。政次から「俺を信じろ」とささやかれていたとは言えこの混乱をどう収めるのか・・・?

徳政令発布

政次は百姓達によく聞こえるように直虎に問います。



「この百姓達は殿が扇動したのですな?」



百姓達は口々に直虎に扇動されたのではなく、自分達の意思でやってきたのだと主張します。勿論、政次はその事を知っていますが敢えて尋ねたのです。
そして。



「(百姓)自分達の意思ならば、殺される覚悟があるのだな?」



太守様の命に逆らうは謀叛と同義。その覚悟があるのかと百姓達に問いかけます。
すると、



「政次!もうやめよ!」



直虎は匕首を突き付けられながら抗議をします。



「ならば徳政令を出されよ。」



直虎は反対する百姓達の前で徳政令発布を具申する政次の言葉に従います。百姓達も政次の迫力と直虎の様子を見てはもう何も言う事は出来ませんでした。




政次は直虎を連れて井伊谷に滞在中の関口氏経に面会。今回の百姓達の騒動の謝罪と徳政令の件を受け入れる旨を伝えます。それは取りも直さず井伊家が事実上倒産をすると言う事を意味します。




すると予め準備されていた駿府かの下命が読み上げられ、関口氏経と井伊直虎連名にて徳政令が正式に発布されます。直虎は直親の死後家督を相続し、徳政令発布を防ぐために井伊谷を必至に駆けずり回っていた頃を思い出していました。

別れ

徳政令発布の儀式が終わると直虎はただ一人表へ出ます。そこには六左衛門が待っていました。六左衛門は涙を堪えていたようでしたが、直虎の心中を思い泣きじゃくっていたであろうことは、その様子を見れば明らかでした。




井伊の館へ戻ると井伊家の一族郎党を集め、井伊家が潰されてしまった事を告げます。みなあっけに取られているばかりでしたが、高瀬が尋ねます。



「これからどうなりましょうか・・・?」

「始めての事ゆえ我にもわからん!」



直虎は勤めて明るく答えるのでした。六左衛門は突然徳政令の発布に至った経緯は分からないが、少なくとも「今回」は井伊家に今川家に歯向かったような事実はないので、それ程酷い事にはならないはずだと楽観的な見通しを話します。




しかし、祐椿尼には今後の事は兎に角「取り潰し」である事には間違いなく、そのつもりで覚悟を決めて行動しなければならないと言います。




祐椿尼の言葉を待っていたかのようなタイミングで政次がやって来ます。



「この家屋敷はもはお前たちの物でない。」



早々に立ち退くように無情な命令を伝えるのでした。

女城主直虎あらすじネタバレ第31話中巻~政次の正体~

井伊家の家屋敷に住み続ける事はもう出来ません。しかし、人が生きていくには住むところ寝るところ、そして食べる物は必要です。

スポンサードリンク



別れ

直之は井伊家の者たちを「川名の隠し里」へと連れて行きます。かつて、直平の時代から井伊家の危機の救ってきた「川の隠し里」。今回もまた、井伊家の危機に最後の砦として活用される事になります。




直虎と六左衛門は龍潭寺へと向かいます。龍潭寺では虎松、そして直久(直之の弟)亥之助(政次甥)が手習いの際中でした。直虎は虎松と直久を連れて川名へと向かいます。




亥之助は。




亥之助は小野の家の人間であるため一緒に連れて行くことは出来ません。詳細を説明する時間もありませんでしたが、亥之助は察している様子で皆を見送ります。




直虎は虎松と直久を連れて川名へと入ります。川名では先に川名へと向かった祐椿尼や高瀬が待っていましした。しかし、その表情は不安で一様に暗い様子でした。

川名にて

直虎は全員を一度広間へと集めます。そこで、一同が驚くような話を告げます。



「井伊は潰れた。」

「しかし、2月後には取り戻す。」



直虎は密かに進めていた徳川との交渉等について話します。遠くない時期に徳川勢は遠江へと侵攻を開始する。その際に井伊家は今川家家老の関口氏経を討取り、その首を手土産に徳川傘下となり、井伊家は復活すると言います。すでに、虎松のでもあるしのは「人質」として三河へと入っているとも言います。



「但馬は・・・?」



そう、今川方の目付の小野政次がこの事を知れば・・・。直虎はついに「政次の正体」を話します。



「政次はずっと井伊の味方をしてくれた。」



直虎は政次の正体を明かすと、今回の件も当然すべて政次は知っている事を告げます。六左衛門薄々そうではないかと思っていたと言います。また、直虎の母祐椿尼、高瀬も同じように感じていたと言います。




ただ、直之は一抹の不安を吐露します。



「実は騙されていて、最後に裏切るのではないか・・・」



直虎に警戒を怠らないように具申をします。直虎は頷くと、仮に政次が裏切っていたとしても。
こちらの行動は変わらない。
そして。



「関口氏経の首を獲るのは直之しかおらぬ。」



そう、直之に発破をかけるのでした。

女城主直虎あらすじネタバレ第31話下巻~虎松の首~

川名に来てすぐ、虎松の姿が見えなくなっていました。直虎は虎松を探し外へ出るとそこには川名をはじめて見て、驚いている虎松の姿がありました。直虎はこの川名の里はかつて虎松の父直親と政次が守った土地であると教えます。その頃、虎松には危機が迫っておりました。

氏真の危機感

「上杉は動かない・・・」



「死の帳面」に基づき、井伊家を事実上取り潰した氏真ですが、今川の危機は続いていました。もはや開戦は避けられない武田信玄と川中島で幾度も激闘を繰り広げた上杉輝虎(謙信)。氏真は信濃への牽制を輝虎へと願うが、この頃越後では上杉家重臣本庄繁長の反乱など国内が動揺し信濃へ出兵する余力はなかった。これもまた老獪な武田信玄の調略である事を氏真は知らない。




余裕を失っている氏真は井伊家取り潰しだけではなく、家系の断絶も意図し、亡き直親の一人息子である虎松の首を刎ねることも決めます。また、井伊家は信頼できないが、今回の徳政令発布にあたり、大きな貢献のあった政次は信頼してもよいのではという、関口氏経の意見を容れます。
虎松に危機が迫ります。




直虎は虎松に危機が及ぶ事を察知し、南渓和尚に虎松を逃がす算段を相談してありました。しかし、虎松は逃げる事を良しとしません。自分も戦いたいと頑なに逃走を拒絶します。
直虎が困っていると・・・



「ばし!」



虎松の頭上スグに矢が刺さります。射たのは傑山でした。虎松は恐怖に慄き失禁してしまいます。




傑山は戦場とは常にこういったモノであることを笑いながら話します。直虎は再び虎松を説得し、今虎松がしなければならないことは逃げる事であると言います。虎松は失禁を謝罪すると六左衛門と共に川名を脱します。また、傑山も安全な場所へ辿り着くまで護衛に付きます。

そういうと、虎松は納得して失禁を恥じながら逃げたのでした。虎松のお供には、六左衛門がついていきます。傑山も寺に到着するまでは一緒です。虎松を見送った後に、直虎は龍潭寺に向かいました。




直虎は龍潭寺で龍潭寺で南渓と再会すると虎松の件の礼を言います。南渓はいつもの通りの様子ではありましたが、



「政次が裏切っているか否か試されることになるかもしれんのう。」



タイミングを見計らっていたかのように関口氏経と政次がやって来ます。既に、今川方では虎松の首を刎ね、井伊政次に任せる算段が整っていました。直虎は虎松の行方は知らないとしらを切りますが、政次は直虎を捕らえると屋敷へと幽閉します。




翌日。




直虎は庭へ来るように命じられます。そして「虎松の首」を確認するようにと命じられます。直虎は狼狽します。




しかし、そこには濃い化粧がされた子供の首がありました。関口氏経は死に化粧が施されている理由を政次に問います。



「流行り病に冒されておりまして・・・化粧を取りましょうか?」



政次は微動だにせずに必要ならば化粧を洗うと言いますが、関口氏経はその必要はないと言うと、首を駿府へ送るこ友しなくてよいと言います。




そのやり取りの際中、直虎は経をあげ始めます。すると、南渓、そして昊天(龍潭寺僧)もやって来て読経を始めます。その首は虎松のものではありませんでした。




龍雲丸が龍潭寺へとやって来ます。井伊家の様子を確認にやって来たのです。




事情を南渓から説明されると「首」を懇ろに弔っている直虎の元へと向かいます。直虎は龍雲丸に取り込み中だと相手にしません。龍雲丸は直虎に慰めの言葉を掛けますが・・・。



「頭(龍雲丸)に何が分かる!!」



直虎は涙を堪えながらそう言いうと亡くなった子に手を合わせるのでした。




以上、おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第31話「虎松の首」でございます。




今宵は此処までに致します。

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第32話「復活の火」へ