おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第29話です。直虎は寿桂尼と最期の別れをします。直虎と寿桂尼はある意味では、「同志」のような間柄。しかし、「同志」だからこそ寿桂尼は直虎の今後の行動を予見し手を打ってきます。一方直虎は・・・。おんな城主直虎のネタバレとあらすじ第29話「女たちの挽歌」始めまする。

女城主直虎あらすじネタバレ第29話上巻~徳川の動き~

直虎は徳川に対して上杉との同盟を促す書状を送ります。そうすれば、さしもの武田信玄も軍勢を動かせない。戦は避けられるはず。

寿桂尼逝く

直虎は傑山にその書状を託す。今川と徳川が盟約を結べば、武田信玄は動けない。戦国最強と謳われる武田の武威と比べれば勿論徳川の力は勿論、今となっては今川でさえ心もとないが、その武田と唯一対抗可能な上杉も徳川と結べば、武田信玄といえども動き難いはず。



「前向きに考えてみる。」



家康からは即答は得られなかったが前向きな返答をもらう事が出来た。




暫く後。
ついに寿桂尼が身罷った。「女大名」「尼御台」など様々な名で呼ばれていたが、今川が苦しい時期に孫の氏真を残してこの世を去らねばならぬのは、どれほど無念であったであろうか。直虎は寿桂尼を想い経を上げるのであった。

徳川の動き

家康からの返答がようやく届く。以前、直虎の元へ瀬名救出の礼にやってきた松下常慶が使者としてやってきた。しかし、結果は直虎の意図していたものとは異なっていた。



「家康様は直虎様の進言を容れ、上杉に使者まで出しておりました。」



しかし、ほぼ時を同じくして武田信玄からも使者が来たという。武田からは大井川を挟んで東を武田、西を徳川で分け合おうという提案である。家中の意見は割れた。




しかし、戦国最強と言われる武田と共同で今川領を切り取るというのは、魅力的な話である事は間違いない。家康は「武田派」の家臣に押し切られてしまった。徳川単独ならいざ知らず、武田も駿河遠江へ攻め込むのであれば、今の今川は支えきれない。



「それでも、今川方として戦うおつもりか?」

「!?」



常慶の言葉が引っかかる。なぜ井伊が「それでも今川方」として戦うのか。直虎がその事を問うと常慶は徳川の井伊に対する評価を話す。



「今川と井伊は不可分なのではないか?」



今回の「上杉と結び武田を牽制する」というのは明らかに今川寄りの案。徳川家中では井伊は今川と一蓮托生なのではないという意見も多いと言う。



「馬鹿な!それは戦をせぬための案。」



直虎は常慶に告げるが、それならば人質として、虎松の母、しのを預ける事が条件であると言います。勿論、「今は」今川方の井伊がおおっぴらに動けないのは承知のこと。そこで、今川にも親戚筋がある常慶の兄の後添えという形を取る事を提案する。



「考えさせてくれ・・・。」



直虎は自分が出した書状がこのような事態を招くとはと臍を噛む。



「勇み足でしたな・・・。」



政次の言葉にただ頷く直虎である。

女城主直虎あらすじネタバレ第29話中巻~人質~

ことここに至ってはしのに人質として松下家へ行ってもらうしかない。井伊家を守ららねばならないのだから。

スポンサードリンク



しのの決断

「つまり、殿様が余計な事をしたばかりに、私は人質となるのですね?」



しのはキツイ言葉を直虎へぶつける。反論の余地がない直虎はただただ、頭を下げるのであった。



「分かりました。」

「行ってくれるのか・・・?」



しのは意外にも一しきり文句を言うと人質となる事を受け入れた。直虎は幼い虎松が心配だと言うが、しのは勿論、虎松にもしっかりと、言い含めて納得をさせると言います。これで、井伊家の方針は固まる。




直虎は常慶に人質の件は承知したと伝える。しかし、徳川家勢が井伊谷に来ても兵は出さないと言います。常慶は今川と戦わないのであれば、後の恩賞は望めないと言いますが、本領安堵が井伊の望みであり、戦で人死にを出さない事が願いであると言います。




暫く後、直虎に思いがけない知らせが虎松からもたらされる。母しのが嫁に行きたくないと言いだしているというのだ。




最初は虎松のわがままなのかとも思ったが、どうやら、虎松は意に沿わない縁談を強制された母を助けたいという勢いだ。



「殿は母上を人質にお出しになるおつもりか!?」

「武家の縁組とはえてしてそういう物なのじゃ。」



直虎はなんとか虎松を言い含めようとするが虎松も負けてはいない。もし人質が必要なら別の人間ではなんとかならないか?
例えば・・・。



「おばば様(祐椿尼)」

「年取りすぎじゃ・・・」

「ならば、高瀬姉さん!」

「今度は若すぎ・・・・」

「・・・ならば!殿!!」

「なる程!って我が嫁に行ったら誰が殿をやるのじゃ・・・」

しのの想い

直虎は流石に気になり、もう一度虎松の母、しのの元を訪ねる。しのは心変わりをしたのだろうか。仮に、そうだとしてももはや後戻りは出来ない。



「少々薬が効きすぎました・・・。」



しのは、直虎に話しをした通り、人質として松下の家に行くことに変わりはないと言います。ただ、将来「殿」となる虎松には敢えて「生きたくない」と言ったと言います。




そのように伝える事で、虎松自身も今回の件に関して考えるであろうし、また、例え「行きたくない」と言っていても行かなけれいけないという、厳しい現実を体験させたかったのだと。



「虎松へは必ず言い含めますのでご安心を。」



しのはキッパリと直虎に言います。また、今回の人質の件は井伊家のため最大限に活かして欲しいとも言います。直虎はしのの言葉に涙をこらえて礼を言うのでした、

女城主直虎あらすじネタバレ第29話下巻~成長~

さて、直虎へ宣言したからにはしのは虎松を納得させなければなりません。・・・虎松はどちらかと言えば甘えん坊さんである。

父直親の想い

「私は松下の家へ嫁に行きたくなりました。」

「嘘じゃ!母上は虎松が大好きではないですか・・・?」



しのは勿論虎松が大好きだが、松下の家へ嫁に行きたくなったといのは本当だと言います。それは父、直親の願いでもあったと言います。




かつて、直親は徳川家と仲良くしようとして、今川から命を奪われています。今回、もし嫁に行けば父直親が望んでいた徳川家とようやく仲良くなれるのだと言います。




しのの言葉についに虎松も母が嫁に行くことを納得します。
しかし。



「松下の家へ行くまでは虎松と一緒に寝て下さい・・・!」



しのは虎松を抱きしめるのでした。

別れ

ついにしのは松下の家へ嫁いでいきます。直虎は虎松に自分はしのの代わりなどは出来ないが、自分は虎松の「父親」になると言います。




水面下でついに、井伊と徳川の密約が成ります。しかし、寿桂尼は直虎が衰えた主家を見限る事は見抜いていました。井伊家への粛清策が今まさに実施されようとしています。




以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第29話「女たちの挽歌」でございます。




今宵は此処迄に致します。

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第30話「潰されざる者」へ