おんな城主直虎のあらすじ第28話です。方久の提案と直虎の直感の甲斐もあり、今川からも気賀堀川城への入城を認められた直虎。しかし、武田では義元の妹が嫁いでいた義信がついに自刃。いよいよ、開戦前夜といった雰囲気です。それでは、おんな城主直虎第27話のあらすじ「死の帳面」はじめまする。

女城主直虎あらすじ第28話上巻~堀川城落成~

義信が自刃した後、氏真義信に嫁いでいた今川氏真の妹、鈴はそのまま甲斐に留めおかれた。寿桂尼は病身を押して信玄と直談判を図り、鈴を取り戻すと、同盟関係の相模の北条氏康の仲介で、武田家とも一応の手打ちを行う。一見、戦は遠ざかっているように見えたが。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第28話「死の帳面」

堀川城城代

落成した堀川城では直虎の城主就任の宴が開かれていた。商人達も直虎の城主就任を心から喜んでいる。また、この堀川城普請に大きな貢献のあった龍雲丸一派もやってくると、商人達も大歓迎であった。



その宴の場で直虎はかねてから考えていた事を発表する。



「堀川城城代は瀬戸方久に任せたい。」



直虎は気賀の事は気賀の商人を良く知り、また、今回の件でも貢献のあった方久に任せたいと言う。



商人達の賛同も得られると、正式に城代に就任する。



「この瀬戸方久!気賀に銭を唸らせてみせましょう!」



気賀は方久の差配のもと順調に発展をしていく。

戦の匂い

「それでは、気賀は順調なのですな。」



「ああ、われがする事などは何もないな。」



直虎は政次と碁を打ちながら相談をしている。政次は駿府の様子について、直虎に伝える。



「そろそろ戦支度が必要かと。」



駿府では寿桂尼が病を押して甲斐へ出向き武田信玄と面会。武田義信に嫁いでいた孫娘の鈴を無事連れ戻すと、相模の北条氏康の仲介で一応、平穏を取り戻しているかに見えるが、これはたんなる時間稼ぎ。必ず南下すると考えられていた。



「大方様もお加減が優れませぬ。」



直虎は驚く。
政次によれば無理が祟ったのか、最近は床に臥せている事が多くなっているという。

女城主直虎あらすじ第28話中巻~女城主と女大名~

南渓が屋敷を尋ねてきた。珍しい人物からの手紙が龍潭寺へ来ていたので持ってきたと言う。

スポンサードリンク



最期の会談

手紙は寿桂尼からであった。女同士、腹を割って話しがしたいと書いてあった。南渓は、おそらくもう最期となるので、会ってくる事を勧める。直虎も駿府へと向かう。



「忙しい中悪かったな・・・。」



「いえ・・・。寿桂尼様にお会いする事以上に大事な用などございませぬ。」



直虎はやつれた寿桂尼の姿にいささか驚く。女大名と言われた寿桂尼も今は小さな老婆にしかみえなかった。




直虎は井伊で作られた布製品を献上する。家督を相続する事を認められてから3年。まだ道半ばとはいえようやく、井伊谷もここまで来ましたと報告します。寿桂尼は「おとわ」と言われ、蹴鞠で氏真に挑んで勝利した少女が、まさか、ここまで立派になるとはと直虎を褒めます。

家を守るということ

「あれをどう思うておる?」



「あれとは??」



「直親じゃ。恨んでおろう?」



「!?」



直虎は身体が固くなる。しかし、直虎は寿桂尼を恨んではいないと言います。直虎自身「家」を護る立場に立って分かった事がある。




家を守るというのは綺麗事だけで達せられることではない。直虎は「家を守る」ために狂わなければならなかった者の闇こそ深いものではないかと言います。寿桂尼を恨んではいないと。



「そなたからそのような言葉を聞けるとは・・・」



寿桂尼は袖で涙を拭う。また、蹴鞠で氏真に勝ったとき、瀬名の命を救いにやってきたとき、そして、徳政令を覆しにやってきたとき。



「そなたが娘であったなら・・・」



そう、何度も思ったと伝える。今川は往年の勢いを失ってはいるが、氏真を見捨てず、その力を持って今川を支えて欲しいと頼むのであった。




直虎は寿桂尼との面談を終えると政次に尋ねる。何故このような面談の場を持ったのか・・・?政次は寿桂尼は直虎の他にも最期の別れと、今川ゆかりの家臣国衆と会っているという。今川の国衆は先代、先々代にお世話になっている者が多い。ここで、寿桂尼と会う事で過去の恩を思い出させているのだろうと言います。



「それでも、裏切るのじゃな。」



「井伊を守るためでございます。」

女城主直虎あらすじ第28話下巻~死の帳面~

武田信玄は既に駿河侵攻を決めている。勿論、今川もそれは分かっている。ここで、今川は積極的な外交政策を初めていた。

武田包囲網

「今川と上杉に動きがある。」



南渓によると、今川は上杉との同盟を模索していると言う。上杉と言えば川中島で幾度も武田と戦った強国で当然武田とは犬猿の仲である。



「これで武田は苦しくなるのでは・・・?」



北条と今川は未だに盟約は崩れていない。そうなれば、武田は今川、上杉、さらには北条に囲まれる形になる。頼みは織田のみという事になりそうだが・・・。



「徳川の出方次第。」



事実上織田の従属関係にある徳川の出方次第だという。もし、徳川と上杉も結ぶような事になれば・・・。東海甲信越情勢は先の見えない無条約時代となっていた。




直虎は戦を避けるには「徳川と上杉が結ぶが上策」と言うと、徳川へ使者を立てると言います。政次は、今川に知られると厄介だと進言しますが、「戦を避ける」のは政次の願いでもあったはずと聞き入れません。

×印

「これは・・・」



氏真は寿桂尼から見せられた帳面をその頭に×印を見て尋ねる。帳面には今川傘下の一族郎党、国衆が記載されており、その半数近くに×印が。直虎にも×が記載されています。



寿桂尼はこれは粛清リストと言います。氏真は直虎の「×印」が意外でした。直虎と寿桂尼はおなじ女同士ということもあり、仲が良いと感じていました。



「あの者は家を守るのは綺麗事ではないと言った・・・。」



寿桂尼は直虎は自分と同じ種類の人間だと言います。そして、だからこそ、衰えた主家を見限るのに躊躇する事はないと。



「では、井伊に関しては・・・」



寿桂尼は氏真の問に頷くのでした。
駿府では「死の帳面」に従い、粛清の嵐が吹き荒れておりました。そして、その嵐は刻一刻と井伊谷にも近づいております。




以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第28話「死の帳面」にございます。




今宵は此処までに致します。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第29話「女たちの挽歌」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第28話「死の帳面」