おんな城主直虎のあらすじ第26話です。龍雲丸達の活躍で「謀叛の疑い」の元であった三河へ流れた木材を取り戻し、今川への「忠義」を示した直虎。しかし、この「木材」が新たな問題を・・・。おんな城主直虎第26話「誰がために城はある」はじめまする。

女城主直虎あらすじ第26話上巻~木材の使い道~

溢れんばかりの材木が庭に運ばれてきます。直虎は「これが、井伊家の忠義の形!」と氏真に宣言します。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第26話「誰がために城はある」

城主留任!

ここまでの「忠義」を見せられた氏真は、後見に留まる事をついに認めます。見ると、木材を運んできているのは龍雲丸一派。そして当の龍雲丸もそこで木材を運び入れる作業をしています。



直虎は龍雲丸に気付くと顔が赤くなるのを感じます。龍雲丸も直虎に気が付くと、笑顔を向けてくれるのでした。直虎は龍雲丸に礼を言います。



結局、運び込まれた木材関してはこのまま駿府に留め置くように重臣関口氏経に指示されます。直虎は木材を駿府へ残し井伊へ戻ります。出迎えた直之と六左衛門に「お咎めなし!」を伝えると、2人も喜びます。

龍雲丸激怒

「尼小僧を出しやがれ!!」



数日後、材木を取り戻す大活躍をしたその龍雲丸が屋敷に怒鳴り込んできます。当初は政次が説得をしていたのですが、埒が明かず、ついに直虎と面会します。



龍雲丸は、自分達が盗み出した材木が「気賀で城」を築くのに使われるとは知らなかった。これは騙し討ちもいい所だと怒りを露わにします。



そう、龍雲丸が取り戻した木材は兼ねてから検討されていた、気賀への城普請に利用される事が決まったのです。兼ねてから、気賀に城が立つ事に反対していた龍雲丸は面白くありません。



「我らも「木材」が何に使われるかは知らなかった。」



これは事実である。
しかし、龍雲丸は納得せず、木材を取り戻せと言います。直虎は井伊家は今川へ逆らう事などできないし、また、龍雲丸の怒りの気持ちは理解出来るが、その働きに応じた銭は支払っていると宥めます。龍雲丸は納得せずに、悪態をつくと屋敷を後にするのでした。




直虎は政次にいったい城には誰が入るのかを尋ねます。



「大沢元胤殿辺りではないかと。」



大沢元胤は今川への忠義の厚い国衆として知られている。当然、大沢元胤が気賀に入れば締め付けは厳しくなるはずである。そうなれば、龍雲丸のような「拗ねキズ」の者たちは居場所を失うかもしれない。直虎は政次になんとか彼らの力になりたいと言います。



「お前は何処の城主だ?」



たまりかねて、政次がつい言葉を荒げます。確かに、最後は龍雲丸の力で助かった部分はあるが、そこに至るには直之や六左衛門の獅子奮迅の働きがあればこそと直虎に諫言します。

女城主直虎あらすじ第26話中巻~割れる気賀~

暫く後、気賀に入ると言われている大沢元胤から使いが来ます。井伊から材木を仕入れたいという申出なのですが、材木は山ほどあったはず・・・。

スポンサードリンク



荒れる気賀

「実は木材が何者かに火を掛けられ燃えてしまいました。」



大沢元胤は城普請に用意していた木材が放火で燃えてしまったため、新たに木材を買い付ける必要があると言います。




直虎は木材を燃やしたのは龍雲丸達の仕業と直感します。大沢元胤もこのまま手をこまねているつもりはなく、武力を背景に気賀へ進駐せざる得ないと考えている事を知ります。




直虎は気賀へと向かいます。気賀は以前と同じように賑やかではありますが・・・。「賑やか」の種類が異なっています。街中で喧嘩が絶えないようなのです。直虎は旧知の中村屋を尋ねます。



「今、気賀は二つに割れております・・・」



中村屋によれば、当初は「城普請反対」で気賀意見はまとまっていました。しかし、商人は「銭」の匂いに敏感。入城予定の大沢元胤の御用を聞くものも現れ始めると、必ずしも「城普請反対」といった意見だけではなくなってきます。




その後は「賛成派と反対派」に分かれて互いに譲らず、このような争いになっていると言います。当の中村屋は双方共に良くない部分があると仲裁に入りますが、



「お前はいったいどっちの味方だ?!」



双方から爪弾きにされていました。

談判

直虎は中村屋にこのままの状態が続けば、気賀へ進駐予定の大沢元胤は武力を持って気賀を鎮撫する可能性があると伝えます。まずは、双方に話し合いをさせなければなりませんが、現状はとても「話し合い」に応じる雰囲気ではありません。




そこで、双方の有力商人を半ば騙し討ちのような形でも一同に会させる策を練ります。




直虎は双方の有力商人2人づつに、



「城普請の木材の件で相談がある。」



と、手紙を出します。この内容であれば、反対派も賛成派も招きに応じると踏んだのです。その読みは当たりました。そろった商人、そして龍雲丸もやって来ます。




直虎はまず、今回は木材の件で呼んだのではなく、このままでは「武力を背景」に鎮圧される危険があり、双方話し合いをさせるために呼んだのであった事を伝えます。




反対派は今迄、自由に商いが出来るように銭を納めてきたのに、城が立ち領主が入っては今迄の銭は無駄であり、騙し討ちだと激しく反発します。両者の話を聞いていて、直虎は仲裁案を出します。



「城が出来る事よりも、商売の自由が制限されるのが困る。」



結局反対派も「城」そのものよりも商売がやり難い事を問題にしているのなら、大沢元胤に対して城普請に協力する替わりに商売の自治を得ればよいと言います。




領主となる大沢元胤としても、気賀から賑やかさが失われ、荒れてしまうのは本位ではないはず。商人達はそれならば問題ないと双方が納得します。
しかし、龍雲丸は。



「そういう事ならもう邪魔はしない。出ていくだけさ。」



龍雲丸は「城」其の物に何か思うところがあるようでした。

女城主直虎あらすじ第26話下巻~城~

龍雲丸の強硬な態度に何かあると直感した直虎。龍雲丸は「自分たちは去ればいい」と言いますが、直虎は龍雲丸は本当は去りたくないはずがと感じています。いったい何があったのかを問い詰めます。

龍雲丸の過去

「俺の両親は城で死んだ。」



龍雲丸が武士の出ではないかと言うことは、手下からなんとなく聞いてはいたがやはりそうだったのだ。龍雲丸によると、龍雲丸の両親は敗色濃厚な戦で、城に籠り、城を枕に討死したという。



「城は人を守るんじゃない。人を殺す。」



直虎は、城が人を殺すのではないと言います。実際、城に逃げた事で助かる命もあるはずと言います。



「じゃあ、あんたが城主になるのかい?」



龍雲丸は直虎が城主になったら、直虎が言ったように民を守れるのか問います。直虎はそれには答える事が出来ませんでした。



「出来もしない事いってんじゃねぇよ・・・」

方久の問い

直虎は屋敷に戻ると龍雲丸とのいきさつを教えます。もはや、どうしようもないと言います。



「これ以上は関わりようがない・・・」



龍雲丸達が出ていってしまえば、もはやどうする事もできない。また、これ以上この揉め事に関われば、またぞろ駿府から何を言われるか分からない。




直虎と六左衛門の話を黙って聞いていた方久が思わぬ事を言います。揉め事に関わることで気賀の領主を直虎にする事は出来ないか?もし、気賀を掌中に納めれば、商いも今迄以上にやりやすくなり銭も儲かる。直虎は駿府が認める訳がないと言いますが・・・。



「駿府がお認めになれば、直虎様は城主をお引き受けしますか?」



以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第26話「誰がために城はある」でございます。




今宵は此処迄に致します。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第27話「気賀をわが手に」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第26話「誰がために城はある」