おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第24話です。「龍」はまた雲間へと帰っていきました。一抹の寂しさを覚える直虎。しかし、寂しさを感じている余裕は直虎にはなさそうです。武田、今川、そして松平。その奥には織田。大国に挟まれた、井伊家の取るべき針路は。さて、おんな城主直虎の第24話「さよならだけが人生か」始めまする。

女城主直虎あらすじネタバレ第24話上巻~縁談~

妙な縁から親しくなった龍雲丸一派が井伊谷を去った。直虎は淋しさと同時に、彼らの「強さ」を思わずにはいられなかった。仕官の道を断っても充分に生きていける。それは彼らが何者にも依存をしていないから。

塩止め

義信事件以降、武田と今川は正式に手切れとなっている。今川は武田を追い込むために「塩止め」を実施している。甲斐・信濃を領有する武田家は山国で海がない。今迄は、海に面した駿河から塩を仕入ていたが、その塩の商いを止めたのだ。




これは、一見、武田への圧力になる反面、武田が海を求めて南下する事を促す事になりかねない側面がある。直虎は龍雲丸達の働きで手に入れた材木を気賀で商う事を考えていた。今、駿河での商には制約が多い。




直虎はまた、龍雲丸達の活躍に触発され、益々、井伊の人々への「教育」に力を入れていた。村人が自活できるようになれば自然と領内も豊になる。




この頃、直虎の名は駿河遠江に広く知れ渡るようになっていた。井伊は一風変わった女子の領主が治めているが、井伊へ行けば仕事には困らない、働き口がある。




井伊谷は少しずつ人も増えていた。

縁談

「今川家より縁談のお話しが来ておりまする。」



目付政次は直虎に告げます。直虎の実母でもある祐椿尼の実家新野家。かつては、新野佐馬助が当主を務め、いたが男子がなく、今は長女のあやめ、次女の桔梗、三女の桜。




縁談先は今川家の重臣庵原助右衛門朝昌。庵原氏は駿河の有力一門であり、藤原家につながる名門でもある。



「ありていに申せば、国衆を引締めるための新たな人質にございます。」



今川家は元々「甲・相・駿」の三国同盟の一角であった相模の北条家とは同盟中ではあったが、武田とは手切れ、そして桶狭間で義元公を討ち取った織田家は勢い著しく、その同盟国の松平改め徳川も既に、侮れない存在となっていた。



「人質か・・・」


直虎は叔母の佐名の事を思い出さずにはいられなかった。嘗て、井伊のために今川へと嫁いだ佐名は桶狭間とそれに続いた家康の裏切りの責めを受け、夫と共に自害をしていた。




井伊家は今川の国衆である以上、無下に断る事も出来ない。ただ、桜の気持ちも気になるところであった。

女城主直虎あらすじネタバレ第24話中巻~庵原助右衛門朝昌~

庵原家は遡れば藤原家に繋がる名門。また、かつて今川を軍事・政治両面で支えた太原雪斎も元は庵原家の出身である。

新野三姉妹

直虎は新野の家で三姉妹に縁談の件を伝える。相手の庵原助右衛門朝昌が藤原家にも繋がる名門で、今川家でも重臣中の重臣と聞くと、喜ぶあやめと桔梗。しかし、桜は不安そうな表情だ。



「そのような名門に嫁いで私は大丈夫でしょうか・・・」



しかし、新野も元は今川家の一門なのだ。気おくれする事はないとはないと言います。桜は不安はあるようですが、前向きには考えてくれているようでした。




桜の事が心配は直虎はは母祐椿尼の元を尋ねます。三人の父で祐椿尼の兄でもある左馬助がすっかり井伊家に馴染んだため、忘れてしまいそうになるが、元々新野は今川の出であった。母も井伊に嫁いで来る時不安はなかったのだろうか・・・。



「不安はありましたよ。」



祐椿尼は嫁いできたばかりの頃は当然、回り全を敵と思っていたと言います。




ただ。




夫である直盛が優しく自分を気遣ってくれた事もあり、井伊に溶け込む事が出来たと言います。



「相手次第か・・・」



庵原助右衛門朝昌という男が如何なる人物なのか。直虎は桜の幸せはそこにかかっていると確信します。

面接

庵原家はかつての今川家軍師太原雪斎の出身でもある。太原雪斎は南渓と同じ臨済宗の僧であった。直虎はそのツテでなんとか事前に庵原助右衛門朝昌に会うことは出来ないのか南渓に相談します。



「ダメなら断るのか?」



直虎も流石にそれは難しい事は充分に承知しています。ただ、一度嫁いだ後になんらかの理由を付けて実家へ戻す事も出来ます。まずは、庵原助右衛門朝昌という男が如何なる人物か会って確かめたいと言います。




南渓のツテを使えば大っぴらではなく、目立たぬように会う事が出来るのではないかと。




南渓は引き受けます。




南渓の計らいで庵原助右衛門朝昌と面談をする機会を得る事が出来ました。年若い朝昌の様子は凛々しい若武者という感じであった。




朝昌は直虎に会えた事を喜びます。今、駿府で直虎の事を知らぬものはいないと言います。直虎は謙遜するが、朝昌はかつて「おとわ」であったころ、先代太守の義元公から出家の許しを得たという事まで知っています。一しきり、直虎の人物を称えるた後、



「手強いお方。」



であるというのが、駿府での評だと言います。直虎は朝昌にこの乱世どのように生きるべきなのかといった趣旨の事を尋ねます。




朝昌は「忠義」を尽くし、今川家のために戦う覚悟であり、もし、武運拙く敗北するとしても敵に惜しまれて散りたいといった事を述べます。



「私は直虎様のお眼鏡にはかないましたでしょうか?」



朝昌は直虎の意図を読んでいました。必ずしも意見は一致しませんが、その人柄は立派なものと感じます。




直虎は桜に朝昌と会ってきたこと、そして、もし自分が領主ではなければ嫁ぎたい相手だと伝えます。桜は縁談を受け入れる覚悟を決めます。

女城主直虎あらすじネタバレ第24話下~別れ~

直虎が桜のために朝昌との面談を画策しているころ、しのもまた、桜を心配して祐椿尼に直虎と同じ事を尋ねてきます。祐椿尼はしのの成長を喜びます。そして、もう1人。たけだ暇願いを申し出てきます。

スポンサードリンク



たけ

桜に朝昌の事を伝えると、祐椿尼からたけが暇乞いをしてきたため、受け入れた事を知らされます。



「おとわ」時代からずっと自分の成長を見守ってくれたたけ。直虎は馬を引くとたけを追いかけていきます。



暫く行くと、一人の老婆がトボトボと歩いているのを見つけます。



「たけ!!!」



直虎はたけに暇はまかりならんと言います。たけは年をとり、もうお役には立てないと言いますが、直虎はよぼよぼになって死ぬまで井伊で生活をしろと言います。



「最期くらいたけの言うこを聞いて下さい!」



直虎はおとわ、そして次郎とたけとの思い出を思い出し涙します。たけの決意を変える事が出来ないと知った直虎は、里まで自分が送ると言います。




たけは殿様にそのような事をさせられないと言いますが、たけだ里へ下がるという願いは聞き入れたが、いう事を聞くのは最初で最後と笑うのでった。

武家の婚姻は調略の場

桜は朝昌へ嫁ぐことになりますが、直虎は桔梗の嫁ぎ先を探すように政次に命じます。



「今川家重臣がお相手ですか?」



「北条じゃ。」



政次は一瞬感心した表情をします。北条は今川とは同盟関係があり、今川にも気兼ねなく姻戚関係を結ぶ事が出来る。政次は早速、北条のツテを当たる。




そして、三河では。
家康と瀬名の嫡男信康に織田信長の娘が嫁いでくることになる。尾張と三河の関係はより強固になったように思われるが・・・。




以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第24話「さよならだけが人生か」にございます。




今宵は此処迄に致します。

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第25話「材木を抱いて飛べ」へ