おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第22話です。自分を「誘拐」した龍雲丸の一味を迎え入れようとする直虎。材木の伐採を依頼する事になったのだが・・・。それでは、おんな城主直虎のあらすじとネタバレ第22話「虎と龍」始めまする。井伊家領内の者と上手くやっていけるのでしょうか。

女城主直虎あらすじネタバレ第22話上巻~職人集団~

早速、龍雲丸とその一味は井伊領内の山林へと分け入っていきます。そして、慣れた手つきで瞬く間に即席の山小屋立てると仕事の準備に。

家臣の懸念

「あのような者たちを入れて良いのですか!?」



ます、血相を変えて乗り込んできたのは直之である。直之は、そもそも殿を誘拐したような奴らは信用できないし、聞けば、元は近藤領と井伊領で「盗伐」をした者たちを領内に入れるなど、どうかしておると抗議します。



「何かあってからでは遅いのですぞ!」



直之の猛抗議に助け舟を出したのは、最近はすっかり馴染んでしまったが、元々は商人で直之に家臣となるのを大反対された方久だった。



「まあ、荒くれを者を手懐けるて家臣に迎える事もありますし・・・」



普段から、「戦が出来る男衆がおらん・・・・」と嘆いている直之は言葉に詰まる。



「もしかすると、心強い味方になってくれるかもしれぬぞ!」



直虎も畳み掛ける。直之は渋々ながら、説得が出来た?が、問題は政次である。間違いなく、こころよくは思ってはいない。ただ、政次に小手先の言い訳や説得は意味がない。龍雲丸達が井伊の役に立つと考えれば受け入れるだろう。




直虎は政次に龍雲丸達の仕事を見てもらう事にする。政次の目から見ても、確かにその仕事ぶりは目を見張るものがある。



「これはいったいどういう結びなのだ?」



政次の値踏みするような様子に一応愛想良く振舞う龍雲丸。



「これは、漁師の結び方ですわ。」



龍雲丸が言うにはこの結びは漁師特有のもので、一度結べばそう簡単には緩まないという。この一団は元は漁師が多いのかと尋ねる政次に、漁師以外にも、元金山衆や大工等職業は様々だと言う。



「確かに、中々の技術じゃが・・・」



政次は技術は分かったが、国境には近づかないように厳命する。龍雲丸達は「近藤領内」で盗みを働いている。未だに、犯人を捜している可能性が高い。



「それと、いつでも引き渡せるという事を肝に銘じておけ。」



直虎は政次の言葉が龍雲丸の機嫌を損ねた事が分かる。龍雲丸は、笑顔で何かあればいつでも姿が消せますと言いますが、その目は笑ってはいなかった。



「中々役に立ちそうじゃろ?」



「殿があの者達を飼い慣らす事が出来れは特にいう事はありません。」



政次は対して興味もなさそうに言うのであった。

煩悩

決して見張っていたい訳ではない。ただ、直虎は六左衛門を伴い、伐採の様子をいつも眺めるのがここの処の日課となっていた。



「よくもまあ、あのような大木が倒れるものじゃ・・・」



「・・・殿様もやってみるかい??」



ひょんな事から六左衛門と共にノコギリを引いてみることになる。しかし・・・当然素人の二人は中々要領を得ない。



「違います・・・。そこはこうやって・・・」



直虎の手に龍雲丸の手が振れ、さらに、背中にはその逞しい胸筋が・・・。もう、直虎はノコギリどころではなく成ってしまった・・・。



「も、もももうよい!!」



「?」



龍雲丸は怪訝そうな顔をしているのでした。



「煩悩の奴め・・・滅したはずだと思うたのだが・・・」



直虎は龍雲丸に触れられる事で自分の身体が火照る事に己の未熟さを痛感する。以降、見物にいくのは辞めて置く事にしたのだった。

女城主直虎あらすじネタバレ第22話中巻~軋轢~

龍雲丸一味の仕事ぶりは目を見張るものがある。それは、あの政次でさえ認める所であった。
しかし。

スポンサードリンク



悪評

龍雲丸の一味と井伊谷の人間では文化が違い過ぎる。ある日、直之が二人の男を捕らえると直虎の元へ連れて来た。龍雲丸一味がここに来てからというもの、夜な夜な賭場が開帳されるようになっていた。村人の中にはそれにのめり込むと、身ぐるみ一切を取られ、それでも辞められず、種籾まで売ったものもいると言う。




直虎は仕方なく、龍雲丸を呼び出す。



「頭、井伊谷の村人はこういった事に慣れておらぬ・・・」



ダメだ。一度龍雲丸を意識してしまった以上、その美しい顔を見ていると身体の火照りが止まらない・・・。




そんな直虎の気持ちを知ってかしらずか、龍雲丸は「やめりゃあいいんですね?」といった態度で応じる。



「なんじゃ!その口の訊きかたは!?」




直之が怒るのもどこ吹く風である。




悪評は続いた。。



「酒を勝手に飲まれた。」



「娘が襲われそうになった。」



龍雲丸はあからさまに不機嫌そうだ。そして、「犯人らしい」と名指しされた男はふてぶてしい態度で言う。



「こっちを疑う前に、そちらを調べれば?」



「ならず者と良民なら、まずお前らならず者を疑うのが筋じゃ!」



直之の言葉に龍雲丸は、支払さえして頂ければ今すぐ出ていくわと言います。険悪な雰囲気が漂っていた。

また、盗むのか?

直虎はたまらず評定を召集すると対策を考える。この頃、家中の中でも龍雲丸達の技術は使えると一目置かれるようになっていた。



「技術を盗めばいい。」



政次は提案します。確かに、龍雲丸達の技術は使える。閑散期や冬場に林業にも村人を動員できれば村人の収入増加にもつながるし、それは、井伊家の収入増にもつながる。



「ちょ、、、ちょっと待て!」



直虎は龍雲丸達を迎えたのは決して彼らの技術を「盗む」ためではなかった。いや、それどころか「与えるため」「奪わなない」ためだったはず。




一同に再考を促すが、意見は出ない。そのうえ、政次には龍雲丸への気持ちを見透かされたような感じがして気が気ではなかった。



「このまま、何処かへ去らせるがお互いのために最良かと。」



政次は冷厳に言うのだった。

女城主直虎あらすじネタバレ第22話下巻~共に生きる~

直虎は一つの案を思いついた。それは、一見、今回の件とは関係ないようだが、直虎の勘はこれだと告げている。

「はーはっはっは!!!」



広間に響き渡るのは直之の笑い声。



「猪より馬鹿っ面じゃのぉ・・・!」



ここは宴の席。
直虎は領民たちと龍雲丸達を招いて宴を開いていた。本来この場所には「イノシシ鍋」もあるはずだったのだが、とある百姓が穴を掘ったものの、それで満足して、罠を仕掛けず寝てしまったのだ。




盛り上がる宴の中で色々な誤解が氷解していく。酒を盗み呑みしたのは百姓だったのだ。そして、襲われそうになった娘の件は誤解だった。



「今度、イノシシ捕らえてきますわ。」



龍雲丸も笑顔で応じている。そう、「今度」だ。龍雲丸も、伐採の役目を継続していく気になっていた。




その夜、直虎は泥酔状態だった。




「どうせ、あの男もどこかに子がろるのじゃぁう・・・zzz…」




以上、大河ドラマおんな城主直虎のあらすじとネタバレ第22話「虎と龍」でございます。




今も昔も、人の本性は変わらぬもの。




一緒に酒を飲み踊り騒ぐ。




これで、お互いの信頼関係は取り戻せる事が多いと思います。
そして、直虎の気持ちは・・・?




今宵は此処迄に致します。

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第23話「盗賊は二度仏を盗む」へ