女城主直虎第11話のあらすじです。今川義元の死は、駿河、遠江、三河を混乱に中に。瀬名の運命は・・・?そして、再び繰り返される悲劇。

直虎第11話上巻~今川か松平か~

嘗ての勢いは何処に。駿河守護の名門今川家が三河の国衆に過ぎなかったはずの、松平に圧倒されている。既に、三河は松平の手に落ちようとしていたが・・・。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第11話「さらば愛しき人よ」

瀬名と佐名

次郎の願いもむなしく瀬名に自害の沙汰が下った。我が子も守る事が出来ず放心状態の瀬名ではあったが、今川の役人は瀬名を館から引きずり出して龍泉寺へ連行しようとする。次郎は必至にすがりついてなんとか時間を稼ごうとする。



「まだ引導を渡していない!きちんと念を払わないと祟りが襲うぞ!」



次郎にあてがあったわけではない。しかし、その押し問答の最中に1人の武者が馬を飛ばして現れて名乗りを上げる。



「松平元康が家臣、石川数正と申す!!!」



石川数正は元康の命を受けて駿河に残した妻子を助けにやってきたのだ。先の、上ノ郷城の戦いは松平方の勝利に終わり寿桂尼の孫にあたる城主長照は自害して果てたが、その長照の子二人を捕らえる事が出来た。石川数正は人質交換の使者として駿府へやってきたのだ。



一族を大事に想うのは今川も松平も同じ。結局この交渉は成立する。瀬名と竹千代、そして亀姫は解放され岡崎へ送られる事になる。



しかし。



全てが上手くいった訳ではなかった。瀬名の母佐名とその夫は関口親永は娘婿謀叛の咎で自害を命じられ、自宅で自刃する。次郎はただただ、手を合わせ経を上げるのであった・・・。

接触

井伊谷に戻った次郎。その悲しみは癒えてはいなかったが、数日の後にこの辺りでは見かけない1人の山伏が次郎の元を尋ねてきた。次郎がその山伏と面会すると、自分は松平元康の使者であると言う。



「瀬名様のお命を救っていただいたお礼です。こちらを井伊の殿にお渡しください」



山伏は瀬名を救うために尽力をしてくれた次郎への御礼の贈り物、そして、手紙を次郎に預ける。それは松平元康からの手紙であり、さらに直親を鷹狩に招きたいと書かれていた。松平元康は三河では今川を圧倒し着々と地歩を固めている。いよいよ、遠江にも触手を伸ばしてきたのか・・・?




直親はその手紙を政次にも読ませる。呆れたような口調で政次は直親に語る。



「目付の私に見せるなんて、どういうおつもりですか。」



そう。この手紙の招きに応じるということは今川を裏切るという事になる。直親は穏やかに微笑みながら続けた。



「だから、最後は政次に決めてもらいたくてな」



いつぞやのやり取りを思い出す。



※虚々実々の鶴亀合戦
→直虎第7話のあらすじ「検地がやってきた」より



「またそれか・・」



しかし、今回ばかりは政次も考えるものがある。直親はさらに続ける。



「今川もう立ち直る事は出来ない」



義元の突然の死はあまりに衝撃が大きかったのだ。このまま今川に従っていてはいずれその道ずれとなってしまう事も考えられる。日出の勢いの松平と接触をする機会は遠からずやってくる。瀬名の件で松平がこちらに恩義を感じている今は良い機会でもある。



「俺だって今川と共倒れ等御免だ。」



政次はしばし考えるとそう答えた。今川の退潮は誰の目にも明らかだった。2人の腹は決まった。松平の誘いを受けてみる事にする。

幼馴染

後日。直親は三河、遠江国境で松平元康と対面した。元康は次郎が瀬名を救うために尽力してくれた事にとても感謝していた。



「この元康、井伊のためならどんな協力も厭わない!」



合うや否やそう言うと直親の両手を握り締めたのだ。さらに、松平と井伊家の縁組の話もしてきた。直親は満足して井伊谷へと帰還する。



「どんな男だった?」



直親は松平元康という男について政次に尋ねられると、年齢の割にはしっかりした貫録のある男だったということ、また、手にある火傷の跡が印象的だったと伝える。2人は幼い頃にいつも遊んでいた寺の井戸端で話をしている。



「政次は嫁は貰わないのか?」



直親の唐突な発言に戸惑う政次。直親は松平元康との会談では両家の縁組の話も出た事を伝える。



「今川の支配から外れれば、次郎の還俗はすぐに叶う。そうなれば、俺は、お前と一緒になるのがいいと思っている」



直親は政次に伝える。しかし、次郎の気持ちを知っている政次は次郎自身がそれを望まないだろうと応える。その時二人は気配に気づき振り返る。



「どうしたのだ?」



気配を感じて二人が振り返ると、そこにはいつの間にか次郎がやってきていたのだ。2人は驚くが、先程の会話は幸い聞かれてはいなかったようだ。直親は話題を変えようと、幼い頃に3人で話した井戸に捨てられていた子供が助かったのは、何故なのかという話をする。



※禅問答。答えは一つではない。
→直虎第2話「崖っぷちの姫」より



「あれはどれも正解らしい。答えは一つとは限らないのだ」



次郎が厳かな雰囲気で二人に告げるが、政次はその様子に吹き出してしまうのであった。



「さて、駿府へいつものご挨拶だ」



「頼むぞ家老殿!」



井戸を後にする政次を見送る直親と次郎。2人の様子を見て昔に戻ったようだ微笑む次郎に直親は嬉しそうに伝える。



「竜宮小僧のおかげでな」



しかし、この時が3人で顔を合わせた最後の時となる事を、当の3人も知る由はなかった。

直虎第11話中巻~罠~

また、見慣れぬ山伏が井伊谷をうろついている。山伏は龍潭寺にいる法師を探しているらしかった。

スポンサードリンク



二人目の使者

その山伏は次郎を訪ねてきた。



「次郎法師様はおられるか?」



この時はたまたま南渓がいたのだがその山伏を見て驚く。



「常慶ではないか!」



この男は南渓の知り合いでった。諸国を巡る風来坊でそれだけにその事情にも明るい。いったに何をしに井伊谷へ・・・?



「松平元康様より、お礼の品をお持ちしました」



常慶は瀬名救出に尽力をしてくれた次郎と井伊へ感謝のお礼を持ってきたという。そこまで言われて次郎は血の気が引くのを感じた。



「今川だ!」



直親が次郎と南渓の待つ龍潭寺へやってきた。そこで、事の次第を直親へ伝える。もはや、井伊の裏切りは今川の知る所となっている可能性が高い。



「井伊は試されたのだ・・・」



南渓の言葉に厳しい表情の直親。しかし、嘆いてばかりはいられない。直親は松平元康と結び、今川に対抗する決断をする。今、勢いのある松平と結べば今川の圧力も凌げる。直親は松平元康宛の書状を認めると南渓に託す。そこには次郎も同行する事になる。




次郎、そして南渓と手紙持ってきた常慶の3人は、松平元康が居城、三河岡崎城を目指す。

同じであろ?

今川へ出向いていた政次は今や今川家の国母となった趣のある寿桂尼の前で凍り付き、必死で動揺を悟られまいとしていた。



「このような物が持ち込まれたのだが」



直親が書いた手紙であることは容易に分かった。しかし、なんとか切り抜けなければならない。内心の動揺を押し殺し平静を装う政次。井伊の殿は松平元康と鷹狩にでも行ったのかと尋ねる寿桂尼。



「わかりません。しかし、殿の筆とは少し違うような気がしますが・・・」



寿桂尼の合図で1人の男が部屋に入ってくる。手紙を持ち込んだ男は精悍な雰囲気の手に火傷のある男だった。



「お前は、必ず儂と同じ道をたどる」



※親子、今生で分かりあう事はなく
→直虎感想第5話「亀之丞帰る」より



父、政直の言葉が鮮やかに脳裏に蘇る。もはや、逃げ切れない。政次はうなだれる。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

直虎第11話下巻~覚悟~

三河岡崎城城へ辿りついた次郎達は、常慶に元康宛の直親の書状を託していた。松平が井伊に合力してくれれば今の今川相手ならな凌げる。

岡崎にて

常慶が松平元康との面会を終えて戻ってきた。一同に緊張感が走る。



「どうであったか?」



緊迫した南渓の問いかけにに力なく首を振る常慶。今の松平には兵を出す余裕はないという。松平も苦しい。遠江まで手を出せば今川との全面対決になる。まだ、領国化して日も浅く、地の利もある三河はともかく遠江までは兵は出せないと。



「こちらは助けたではないか!!」



行き場のない怒りを爆発させる次郎。次郎は元康がダメならと瀬名を頼ろうとする。瀬名が三河を出奔し井伊谷に人質に来てくれれば、元康は瀬名を助けるために力を貸してくれるはずだ。



しかし、当の瀬名は懇願する次郎の願いを聞き入れなかった。



「私ごときでは人質になりません。今度こそ、見捨てられるだけです」



松平と結び今川と対抗する策は潰えた。次郎は絶望的な気持ちで井伊谷への帰路につく。



「騙されたとしても、決断したのは直親だ」



南渓は直親は「決断」をした以上覚悟はできているはずだと言う。そう。ここは戦国なのだ。南渓の「覚悟」という言葉は次郎の胸に鋭く突き刺さった。

繰り返す

今川からは今回の件に関して申し開きをするように命令が下る。直親は駿府へ行くことを決断していた。それはどういう事を意味するのかは直親自身、そして一族家臣みな分かっている。



「わしはもう見送るのはゴメンじゃ!!」



沢山の子供達、孫たちに恵まれが、ことごとく先に逝ってしまっている、直平がたえかねて叫ぶ。直親は今回の一件は自分の不手際であり、自分が駿府へ行けばすむ事だとい言う。




直平、いや、この場にいる誰もが18年前、その父直満が駿府へ召喚され誅殺された出来事を思い出していた。直満をに訪れた悲劇が直親に、そして、その子亀之丞に訪れた悲劇が今、虎松に振りかかろうとしていた。




直親はしのと虎松が待っている部屋へ戻ると、虎松を抱きながら、次郎から聞いた龍潭寺の枯れ井戸に水が再び湧いたことを話す。



「この子は只ならぬ子」



井戸を蘇らせたこの子は必ず井伊を復活させてくれる。虎松を頼むと言い残すと泣き崩れるしのを残し部屋を後にする。

夫婦約束

絶望的な気持ちで龍潭寺へ戻ってきた次郎。



「おとわ」



そこには優しい笑顔を浮かべる直親の姿があった。次郎は一目でその澄みわたるような瞳を見て直親の覚悟を悟った。



「ごめんな・・・」



直親は次郎に穏やかな井伊を取り戻すと言いながら果たせなかった事を詫びる。次郎は直親に謝る必要はないと言う。悪いのは自分、自分(次郎)が男に産まれてきていれば、
明日、駿府へ行くのは直親ではなく自分だったのにと。



「それは困る」



直親はもし、次郎が女子でなかったら、自分の幼い頃の美しい思い出がなくなってしまうと告げる。そして、以前、検地にやってきた岩松殿に聞かせた経をもう一度聴きたいと願う。



「あれは死者を弔うものだから断る!」



その時、まるで時間切れを告げるように晩鐘が響き渡る。刹那、直親が次郎を抱きしめる。



「では・・・戻ったら一緒になってくれ」



「・・・わかった・・・」



幼い頃から思い続けてきた男のぬくもりを感じる間もなく、直親は次郎を離すと行ってくると告げる。次郎はその後ろ姿に向かって力一杯叫んでいた。



「待っているからな!亀!!」



笑顔で振り返る直親。



「何をしても、どんな卑怯な手を使っても、必ず戻ってくるんだ!ずっと待っているから!」



直親はそれを聞くと名残惜しさを振り切るように走って行った。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第12話「おんな城主直虎」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第11話「さらば愛しき人よ」