大河ドラマ女城主直虎第8話のとあらすじです。時は永禄2年(1559年)。今川家の勢い益々盛んであり、その庇護下にある井伊家は、平和な日々が流れていたが・・・。

直虎第8話上巻~子宝祈願~

早いもので直親としのが夫婦となってから4年の歳月が流れました。しかし・・・跡継ぎが生れる気配もないのが井伊御家中の気がかりであった。



→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第8話「赤ちゃんはまだか」


焦燥の念を募らせるしの(貫地谷しほり)は子宝祈願のため龍潭寺で南渓の祈祷を受け、懐妊しやすくなると言われる薬を片っ端から取り寄せ、また、直親の御膳には精が付く食べ物を並べるなど、兎に角、神頼み、薬、食事と出来る事はなんでも行った。しかし・・・。効果が現れる事はなかく、益々焦燥の念を強くしていた。




直親としののことは次郎にとっても他人事ではない。当主、直盛が健在でありまた、直親も帰参した今、すぐに「世継ぎ」の問題は発生しないかもしれない。しかし、今川家の勢いが盛んな今だからこそ井伊谷はその庇護下平和を保っているが、いつ、井伊谷にも尾張への出陣命令が下るか分からない。時は戦国、いつ命を落としてもおかしくはない。それはすぐ、「井伊家存亡の危機」へ直結してしまうのだ。




次郎は龍潭寺の兄弟子でもある昊天(小松和重)に何かよい薬はないのか相談をしていた。昊天は流石、龍潭寺随一の博識であると言われるだけの事はあり、心当たりはあるのだが・・・



「異国より渡ってきたもので、井伊では手に入りませんが、麝香(じゃこう)があります」



次郎は駿府でなら手に入るかと尋ねる。「麝香」とは中国原産の薬で、雄のジャコウジカを殺してその腹部の香嚢を切り取って乾燥して得る物で、戦国の世であっても入手が困難な貴重な薬品である。



「相当高価なものですよ・・・」



昊天は東の京都と言われる駿府であれば入手は可能かもしれないが、もし、入手できたとしても相当に高価な品物・・・つまり、銭がかかると答える。一介の禅僧に過ぎない次郎には勿論銭はない。しかし、次郎にはアテがあった。

次郎は自分自身の唯一の財産ともいえる鼓を持って政次の元を尋ねていた。政次は不機嫌そうな表情だ。



「どうして俺が鼓を売って、麝香とやらを買ってくる必要があるのでしょうか?」



次郎は自分の唯一の財産である、鼓を駿府で売って、その代金で麝香を購入して欲しいと政次に頼んでいたのだ。政次は何故自分なのか合点がいかない。




次郎は最初は師である南渓に頼もうと考えていたのだが、南渓は遠出をする事は出来ないという。叔父である左馬助(次郎の母千賀の兄)に頼もうと考えたが・・・。



「父(直盛)や母(千賀)に知られればやっかいな事に・・・」



そう。
気を揉んでいるのは次郎だけではない。むしろ井伊家当主である直盛や千賀も心配でならないはずだ。左馬助からもし父や母に漏れるような事になれば、しのはプレッシャーを感じてしまうかもしれない・・・




政次は漸く納得するが気になる事が。その「鼓」は今は亡き直親の父直満(宇梶剛士)が笛が得意な亀と、夫婦になるのおとわには「鼓」を持たせてあげようと駿府で購入してきてくれた品物だった。本当に売ってしまってよいのだろうか?



「そもそもこのような墨染めの僧が、持っていること自体おかしいのだ。本来は無一物のはずだしな!」



つとめて明るく振る舞う次郎。政次はつい、次郎をからかうように茶かす。



「その薬、あなたも使ってみては?」



「もし、直親の子をはらむ事が出来れば、問答無用で奥方の座に就ける。」



しのが以前寺へやってきた時に感じた「敵意」の正体はこれか。痛い腹を探られるのならまだしも、痛くもない腹を探られ、誤解され恨まれるのは堪らない。



「そういう冗談が、しのに我を睨ませるのだ!」



次郎は全てを捨て「かびた饅頭」となる覚悟を決めて4年を経てなお、恨まれるる我が身になんとも言えない気持ちとなるのであった。

直虎第8話中巻~奥方失踪~

この頃今川義元は新たに領国化した三河統治、さらには、尾張攻略に尽力するため、嫡男、氏真に家督を譲り駿河の統治を任せていた。

スポンサードリンク



西上作戦前夜

この時、尾張の織田家と駿河、遠江、三河を抑える今川家との勢いの差は明か。尾張の織田信長は尾張をようやく統一したばかりであり、また、信長を買っていた、義理の父、美濃の斎藤道三も既に亡く、その道三を攻め滅ぼした斉藤義龍が美濃を抑えていた。一方の今川は善徳寺の会盟以降、武田、北条に後ろを取られる心配もなく、西方作戦に全力を投じられる。今川の勝ち戦を疑うものはいなかったが・・・。



「槍200本か」


尾張攻略にあたり大量の武具が必要になる。井伊家には槍200本を今川に納めるように指示が来ていた。勿論、今回の戦には井伊家も出陣の命が下ることだろう。いくら、今川嫌いの井伊家中とはいえ勝が決まっているような戦である。今川に付く以外の選択肢はないのだが、金がかかるの戦は弱小国衆には大きな負担だ。



「尾張の小童の首を取りに行くのか。」



直親は全く気のない感じの直盛と左馬助の話を食い入るように聞いていた。いよいよ、初陣。武門の誉れ高い井伊家の一族の一員として腕が鳴るというものだった。意気込む直親ではあったが、初陣を楽しみにしている直親の様子に気付いた、直盛はバツが悪そうに言う。



「直親には館の留守を守ってほしいのだ。」



戦に出られると意気込んでいた直親は食い下がる。今川の軍勢は裕に2万を超えると言われている。それに対して織田の軍勢は精々数千、いやおそらくは5千にも通く及ばない。負けるはずのない戦だった。勿論、直親自身もまだ「亀之丞」として出奔生活を続けていた頃から武芸の訓練を怠った事はない。しかし、直盛は、跡取りである直親を危険に晒すわけにはいかないと言う。



「戦は戦だ。何が起こってもおかしくはない」



困った顔の直盛に政次が助け舟を出す。



「跡継ぎがいない状態で直親様にもしものことがあれば、井伊家はまた混乱します。このような状態のまま戦に向かわせるわけにはいかないということです。」



これを言われると、直親は返す言葉がなかった。後継ぎ問題。直親は渋々ではあるが直盛の命令に従う。

しの乱心

政次は駿河で次郎の望み通り麝香(じゃこう)を入手すると次郎へ渡した。次郎は早速、直親の屋敷へ出向くとしのに会い、薬を渡そうとするが・・・。



「これは、子を授かりやすくなるという異国の薬です。試されては・・・」



しのは次郎を睨み付けると、怒りをぶつける。



「次郎様は、私が子を授からなければいいと思っているのでしょう。そんな人の持ってきた薬など・・・」



次郎はあきれる。
次郎は結婚依頼、いつ直親としのの邪魔をしたのだと話すが、次郎憎しと思い込んでいるしのは全く折れないどころか、既に、次郎が「子供が生まれないように」呪詛をしていると言い出す始末。



「恥を知れ!なんとも情けない言葉。あなたはそれでも、直親殿の・・・井伊の奥方様なのか!」



直満の遺品でもある鼓を売ってまで手に入れて、直親としのの事を想えばの行動をそこまで言われては腹が立つ。

奥方失踪

その夜。




昼間の騒ぎを知り直親が龍潭寺を尋ねてきた。次郎はしのの尋常ならざる様子について問い質す。しのは元々涙もろい性格ではあったが、最近は心がさらに乱れている様子だという。



「もしこのまま子を持てなかったら、井伊の皆様に申し訳がない。何より、跡継ぎを残すのは俺の役目だ。」



あのような様子では中々夜を共にするも難しい・・・ましてや懐妊など・・・。直親は直親は側女を持つことも検討している状況だという。次郎はいつもと雰囲気が違う直親に違和感を感じていた。




そしてそんな事があった数日後、しのが姿を消した。



「こちらにしの殿は来ておりませぬか!?」



直親の側近である今村藤七郎がやってきた。昨夜からしのが行方不明だという。さらに、書置きがありそこには・・・。



「次郎殿、お恨み申し上げます」



と、書かれていた。
実はその日の前日に「側室」をもうける事が決まったのだが・・・決めたのは直親を始め井伊の方々であり、次郎はそこに何の関与もしていない。だが、先日のしのの様子を知るだけに、もしかすると、次郎を恨んだまま死にかねないと考える。



「ここ(龍潭寺)で死ぬ!?」



死に様を次郎に見せつけるためならこの寺で死ぬはず。すると傑山からしのを見つけたと呼ぶ声がする。裏庭の井戸端に懐剣を首筋に充てているしのの姿が・・・・次郎は懐剣を奪うと怒鳴りつける!



「いい加減にしなさい!」



次郎は自分はしのに恨まれるようなことは何一つしていないのだ。しかし、しのは声を震わせて恨み言を連ねた。



「私がおとわ様であったらと、誰もが思っている。」



「誰も口には出さないが、殿もお方様も、屋敷の皆も・・・直親様までも・・・」



子が授かれば認めてもらえると思っていたがそれも叶わず日々苦しんでいた。誰を恨めばよいのか?悪いのは私ですかと怒りと悲しみで震えていた。次郎はこの様子を見て一計を案じた。



「カラン」



懐剣を拾いしのに投げると言い放つ。



「分かった。そこまで言うなら好きにしたらいい」



次郎は、正室が自刃して誰もふさわしいものがいなくなれば、自分の還俗が許される日も早まるかもしれず、また、しのの後釜には自分が納まるからさっさと自刃すればよいと突き放す。しのは怒りに震えると、懐剣で次郎を刺そうするが、傑山が取り押さえた。



「決して、貴方を還俗などさせぬ!」



泣きわめくしのと次郎達の元へようやく直親が姿を現す。直親はその様子を呆れたように、また、何処か他人事のように眺めていた。



「自分の嫁のことだ。自分で何とかしろ!」



そう。
子供は一人では出来ないのだ。次郎は麝香を直親に投げつけると、しのの件を完全に他人事のように振る舞う直親に怒りをぶつけた。共に悩み共に悲しんであげるのが夫婦というものではないのかと。

直虎第8話下巻~運命の出陣へ~

その年の暮れ。
直親の発案で改めて龍潭寺で子宝祈願の祈祷が行われた。そして、次郎は母千賀から「側室は1年待って欲しい」と直接申し出があった事を知る。しのは、もしその1年で子が出来ぬようであれば里へ帰る事も考えているという。




しのは気性は激しいが、もし子宝に恵まれれば、子を守る良い母になると次郎は確信していた。

桶狭間へ

ついに、今川義元から直盛に尾張出陣の命が下った。いよいよ、上洛である。


「今川のために戦に行くことを、不快に思っているものもいるだろうが、そういった者は、山のような褒美をもぎ取るような気持ちで向かってほしい。」



「では皆の者、いざ、出陣!」



直盛の号令で井伊家の精鋭は出陣する。




今川勢は総兵力25,000。
一方、尾張を統一したばかりの織田勢はわずかに3000。



誰もが今川の勝利を疑わなかった。

→【公式動画】直虎と政次の物語を動画で再び!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第9話「桶狭間に死す」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第8話「赤ちゃんはまだか」