大河ドラマおんな城主直虎第4話のあらすじです。無事、今川に出家を認められましたが・・・「出家」とは俗世を捨てる事にございまするが果たしておとわはその意味を理解しているのでしょうか。

直虎第4話上巻~次郎誕生~

おとわはついに出家を認められた上で井伊谷へ帰国する事が出来た。また、おとわの父直盛は小野和泉守政直の息子、鶴丸をかどわかしていた直平をなんとか説得すると鶴丸を政直の元へ返す。ようやく井伊谷に日常が戻ってきた。
かに見えた。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第4話「女子にこそあれ次郎法師」

おとわ龍潭寺へ

おとわは出家を認められがそれは方便である。いずれは還俗をさせる事を考えていた。勿論、井伊家存続の条件がおとわの出家である以上、今しばらくは大人しくしていなければならない。



「在家での尼暮らしは、おとわには退屈であろう。この館にずっといては、父や母への思いも募り、俗世への終着が抜けないであろう」



南渓はおとわを龍潭寺で預かり育成をしようと考えていたが・・・どうやらおとわは違うようだ・・・



「出家したら亀とは夫婦になれない!?」



全て覚悟の上での「出家宣言」と思いきやどうやらその「覚悟」はなかった・・・無論、致し方ない。おとわはまだ子供。だが、今さら出家を取りやめる事は出来ない。抵抗するおとわだが・・・



「とわ、あなたは自慢の娘です。自分を犠牲にしてまで、井伊の家を救うなんて、そうそうできることではありません。まさに三国一の姫であるとわ、あなたは母の誇りです!」



甘い直盛と比べると何時も手厳しい母千賀。その千賀からの褒め言葉ですっかり御機嫌となるおとわ。喜んで、南渓に連れられて龍潭寺へ出家するのであった。

父の気持ち、子の気持ち

本来は主家筋である井伊の人質から解放されて戻った鶴丸。しかし、無事戻った鶴丸に対しても特になんの感慨も示さない政直。鶴丸は子供心に父が井伊の家中からは良く思われない・・・いや、もはや憎悪の対象となっている事をヒシヒシと感じていた。鶴丸は父に初めて自らの想いを伝える。



「井伊を敵に回すような事は辞めて下さい!」



「そうじゃのぅ・・・実は父も困っているのだ。井伊の人々にありもしない疑いをかけられ、身に覚えのないことで恨まれ・・・どうしたらいいものか・・・」



薄ら笑いを浮かべながら答える父。鶴丸は政直の言葉を額面通りには受け取らない。しかし、父、政直も鶴丸が自らの言葉を信じないであろうこと、そして、父を恨むであろうことも分かっているのでしょう。

それでも・・・父親

政直は謀叛の咎で粛清された直満の領地を今川の命により領有するという。そうなっては元々直満に従っていた家臣たちは行き場を失ってしまう。直盛はなんとか一部でも直満の一族に残してやりたいと考え政直に掛け合うが・・・



「今川様の命」



と取り付く島もなかった。

そんなおり、第1話で直満の間者として北条への使者となりながら直政に謀殺された男の息子が井伊谷で父の敵を探しているという。ジジ様こと直平は早速その男に「父を殺害したのは小野和泉守政直」と教える。自分達が関係ないところで小野が殺されれば今川には咎められず、さらには政直の手で没収される予定の直満の旧領も取り戻せる。




ジジ様はニコニコと直盛にその件を伝えるが・・・直盛には気掛かりがあった。結局直盛は暗殺当日に意外な行動に出る。直政を助け、父を殺したのは今川の手先であり、井伊家に仕える小野和泉守政直を恨むのは逆恨みであると。これには、死を覚悟した政直も驚く。しかし。



「直満の領地、半分は諦めろ!さもなくば・・・」



直盛は小野和泉守政直の命を助け、直満の領地の半分を諦めさせる事に成功する。なぜ、小野の命を助けたのか・・・?妻千賀に問われると答えた。



「鶴から父を奪いたくなかった」



もう、亀のような子供を見たくはなかったのだ・・・・

次郎法師誕生!

とわが戻ってから数日の後。井伊家ではとわの出家の儀式が執り行われた。南渓の手によってとわの御髪(おぐし)が綺麗に剃られていく様子を涙ぐみながら見つめる一同。
剃髪を終え、真新しい真っ白な衣の上に黒い法衣纏ったおとわを前に南渓は名を授けた。



「今から、そなたの名前を次郎法師とする」



「次郎法師??」



南渓は「次郎」とは本来井伊家の家督を相続するものの幼名。おとわは家督を継ぐ娘だから「女子であっても次郎」と説明する。難しい顔をしているおとわ。


「男の名は嫌か?」



南渓が優しく問う。



「いえ。そもそもわれが本物の次郎であったなら。男であったなら・・・亀もあのような目に遭わずに済んだのに・・・」



とわは顔を上げて太陽のような笑顔で応えて一同を安心させるのであった。

直虎第4話中巻~龍潭寺~

おとわはついに名実ともに出家の身となる。親元を離れて龍潭寺へと向かう。

スポンサードリンク



初めての出家生活

龍潭寺へ続く石段を登ろうとするおとわだが・・・何故か門番のように立ちはだかる傑山が中へ入れてくれない・・・



「あなたは何をしにここへ来たのか?」



「家の事情により、出家を余儀なくされました」



「ほほう。では出家とはなんだ??」



「お坊様になることですか」



「僧。では僧とはなんだ?」



「僧・・・何?け、毛のない者のことですか?」



「では、頭の禿げあがった爺は僧か?毛のない蛙は僧か?僧とはなんだ?」



南渓得意の「禅問答」に引き込まれ混乱するおとわ。また、寺での生活は幼子には厳しいものであった。働かざるもの食べるべからず。龍潭寺は禅宗である「臨済宗」だが、日常生活は全て修業になるという。食べる、畑仕事、掃除・・・・云わんとする事は何とはなしには分かるが、いや、よく分からない・・・また、昔は親しく話をした龍潭寺の若手層達も依然とは違うようだ。



「兄弟子であるぞ!」



何よりも耐え難いのは食事であった・・・余りに質素でツライ。さらに、その少ない食事から「施し」をしなければならない。命あるものに施しをするのは僧の勤めであると「兄弟子」となった昊天に教えられる。



無理だ・・・



おとわはわずか1日で逃げ出すことにした・・・



寺。逃げだした後で

逃げるのはカンタンだった。何せ龍潭寺は実家の裏だ。おとわは帰宅するとたけから何時もの美味しいご飯を食べさせてもらい御機嫌であった。そこへ母、千賀が帰ってくる。



「1日で逃げるとは辛抱が足りないにもほどがある!」



「あんなところで暮らしていては、死んでしまう。もう無理だ!絶対に無理だ!」



千賀はおとわの出家が井伊が生き残る唯一の道であり、おとわの今の行動は井伊を滅ぼしますよと、怒るのだが、今回はおとわも負けてはいない。こんな家は出ていってやる!と実家を後にする。勿論、おとわも千賀が心を鬼にして言っているであろうことには気がついていた。

南渓の想い

龍潭寺の僧、昊天には解せない事があった。確かに今川を納得させるためにおとわの出家は必須ではあるが、いずれは還俗をさせるのは暗黙の了解であったはず。敢えて、龍潭寺で修業をさせる意味が果たしてあるのだろうか?昊天はこの疑問を南渓にぶつけた。



「あの子はたった十歳で今川の命令をくつがえした。ご初代様を拾った神主が「これはただならぬ子」と言ったらしいが、あのとき今川の館でのおとわを見て、「ただならぬ子」とは、まさしくこのようなものをいうのであろうと思ったのだ」



南渓は確かにこのまま体裁は「尼僧」とし、実家で姫として育てる事も出来たかもしれないが、この「ただならぬ子」を姫としてただ育てるのは惜しい。そう考えたのだという。南渓の思慮など知る由もないおとわは実家を追い出されしぶしぶ、寺の仕事に精を出すが・・・



「腹減った・・・」



その様子を見ていた南渓はおとわにある提案をする。



「そんなにお腹が減っているのなら、もらいに行けばよいのではないか?」



僧の仕事には「托鉢」があってと・・・全てを聞く前におとわは目一杯の笑顔で走り出していた!

直虎第4話下巻~竜宮小僧に私はなる!~

「托鉢」という作戦を授けられたおとわは井伊谷の小さな市場へ向かう。ここなら人通りも多いし、托鉢のしがいもあるというモノだ。おとわは腰の悪そうな露天商やらに次々と声をかけるが・・・



「邪魔だ!」



一向に、托鉢に応じてくれる村人は現れない。むしろ、邪険にされるありさまであった。腹をすかせたおとわは当てもなく歩いていると・・・老農夫の夫婦が畑仕事を終え帰るところだった。空腹に負けたおとわは夫婦の目を盗むと一本抜き取り脱兎の如く、薮に隠れてむさぼり食べる。しかし、その様子を鶴丸が見ていたのだ。恥じ入るおとわだが、鶴丸を見てここ数日の想いを吐露する。



「もし亀が戻っても嫁にはなれないし力にもなれない」



鶴丸もやはり「その覚悟があったのでは・・・?」と突っ込むが、そこまで考えていなかったのだとおとわは泣いた。しばし、思案の後、鶴丸はある提案をする。



「竜宮小僧になればよい」



鶴丸はおとわが嫁にならずとも、亀の竜宮小僧となり支えればよいという。鶴の言葉を聞くと突然、おとわのシナプスが繋がった!



先ほどの市場。おとわは腰を痛めているらしい露天商が苦労していた水くみを、露天商が目を離したすきにやってあげてたのだ。不思議そうな顔をする露天商。



「なんだ、さっきのガキか」



おとわを観止めていうが・・・



「ガキではない!竜宮小僧じゃ!」



全てを察した露天商は笑顔でおとわに食べ物与えるのであった。おとわはこれほどうまい餅をたべたのははじめてだった。



「竜宮小僧」はその後も活躍し・・・
10年の歳月が流れた。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎のあらすじ第5話「亀之丞帰る」へ

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第4話「女子にこそあれ次郎法師」