おんな城主直虎の感想第46話「悪女について」でございます。ついに瀬名が・・!信康様が・・・!おんな城主直虎の感想第46話始めます。酒井忠次、先週から別人。ぞして、石川数正。後の裏切りの伏線か・・・。ただ、直虎と万千代の二人が、この事件を通して少しずつ理解し合えるようになったのかも‥?

直虎感想46話「非情徳川家中」

信康の謀反は信長の言掛りである事は間違いない。では、その言掛りから逃れるためには?瀬名は自分が信康の身代わりとなる策を思いつき、たった一人戦いを始めます。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

酒井忠次

信康の処分は決まったものの、家康はなんとか信康を救い出そうと動きます。
しかし、どうやら、



「織田に下れ!」



と、言われた酒井忠次君には真相は知らされていなかったようですね。家康は時間稼ぎのために、大浜城、堀江城と理由を付けて信康を移送します。



※関連記事:→堀江城を守り切った大沢基胤


その度に、織田へ説明に行くのがこの酒井忠次。酒井忠次としては、信康を自刃させるしかないと信じているので、逆に家康の策に織田が気が付きにくい。
(知らないモノは語れない)

瀬名の覚悟

暫く後に瀬名が出奔したとの情報が入ります。その時の徳川家中の反応を見ました。



「お方様であったか(ホッ)」



渡りに船のような感じ。勿論、万千代に言われるまでもなく、そのように見え見えの出奔等は逆に怪しい、つまりは信康を庇っている事は分かりそうなものです。




しかし、大久保忠世はじめ徳川家中の反応の中に瀬名の事を心配する人間はいません。
いや、唯一、本多忠勝だけが、



「それでよろしいのですか!?」



と、語っていました。
三河衆の今川に対する憎しみの深さに慄然とします。この様子を見ていれば、後の石川数正の出奔もまたよく理解出来るという者・・・。




石川数正、瀬名に惚れていたかな・・・。



「お方様程美しいお方は見た事ありませぬ」

「何を今更(笑)」
(分かり切った事を)



瀬名のこの言葉が、強気の瀬名の可愛らしさの最後でしたね・・・。




因みに、やはりこの信康事件こそが石川数正が後に出奔する理由であり、また、信康こそが「本物の家康」の息子であり、秀康や長丸(秀忠)は家康の子ではないという説もあります。では今の家康はいったい誰??




※関連記事:→家康暗殺!近藤武助が暗殺するまでもなく既に暗殺済み!?


おんな城主直虎の感想第46話「悪女について」はまだまだ続きます。

直虎感想46話「南渓和尚の想い」

何度か申し上げている通り瀬名の母佐名は南渓和尚の妹です。そして、佐名はその身をもって井伊家を護った女子にございます。

スポンサードリンク



南渓和尚の心の叫び?

「信康様をお助けしろ!と言いだすかと思うたぞ」



たまたま、信康捕縛の場面に遭遇した南渓和尚と直虎。昔の直虎ならきっと言ったでしょう。



「信康様を助けよ!」



しかし、直虎はこれは魔の悪い所申し訳ありませんと、言うと、ゴタゴタに巻き込まれたくないと言わんばかりにその場を去ります。
そしておそらくその夜。



「信康様をお助けしろ!と言いだすかと思うたぞ」



私はこの言葉は南渓和尚の心の叫びだったと思います。いや、当然冷静な南渓和尚。殆ど不意打ちに近い想定外の場面でもあり、もし直虎がそう言う行動を取ればきっと止めたとは思います。




ただ、



「その想いは嬉し」



と、思ったはずです。
「ただならぬ子」である直虎が繰り出す行動に知恵を貸す事こそ南渓和尚の真骨頂であり、また、信康は亡き妹佐名の息子ですからね。



「井伊を巻き込みたくなかった」



その青天の霹靂とも言える場面で直虎のとった行動は如何にも「普通の人」の行動でした。勿論、それは責められるべき性質のものではないのですが、南渓和尚の言葉からは一抹の寂しさを感じずにレはおられませんでした。

生き方について

「殿(家康)の策が成功する保証はあるのですか?」



井伊谷で瀬名と再会する直虎。そこに、万千代と万福も現れると、家康が考えている最後の作戦について教えらえます。




今川氏真と北条氏政の元へと派遣し、徳川・北条間で盟約を締結する。それを手土産に信長と再度交渉、つまり場合よっては「徳川・北条」が敵になりかねないという脅しも暗に匂わせて、信康の助命を取り付けるという作戦でした。



「愛しているからこそ、殿と信康の役に立ちたい」



この時、南渓和尚の表情がチラッと映るのですが・・・。私は妹の佐名を思い出していたんだと思います。



※関連記事:→おんな城主直虎第11話「佐名と瀬名」

※関連記事:→瀬名の母佐名について


この時のやり取りは切ないものがありましたね。



「信康と徳姫の子宝祈願を・・・」



永遠に子宝を授かる事はありません。ただ、亡くなったのが瀬名の方が先であった事がせめてもの救いと思い、そして、そんなことを思わねばららぬ程に哀しい結末であったと思います。




娘の幸せだけを祈って自刃した母、佐名様は何を思うのでしょうか。



※関連記事:→瀬名の母佐名とその夫について

命の使い道

「瀬名は妻として、母としての命を使い切った」

「妻でもない、そして母でもないお前はその命をどう使う?」



結果的には瀬名は信康を救う事は出来ませんでした。しかし、命を使い切ったのです。「信康を救えかった後悔」はあるでしょうが、「自分の命無駄にした」とは思っていません。賭けるモノが自分の命では足りなかった。それは勿論、哀しい事ではありますが・・・。




一方で、命を燻ぶらせているお方が此処に。信康自刃後、南渓和尚が直虎に言います。太平の世の実現を万千代を通して、家康に実現させる。




我々は良く知っています。家康は後の征夷大将軍として江戸幕府を開き、世界史的にも珍しい太平の世「パックストクガワーナ」を現出し、260年に及ぶ太平の世を実現した事を。




しかし、時は戦国、場所は東海の火薬庫遠江井伊谷。そして、徳川家康は三河と遠江の一部を領有するただの一大名に過ぎません。信長は勿論、未だ、長宗我部、毛利、島津、北条、伊達、上杉・・・。そういった諸大名と比してもその勢力は微弱であり、天下等は夢のまた夢。




しかし、願いは願ったからこそ叶うのです。事実上の天下人である織田信長もまた、尾張・美濃をようやく領有した一地方大名に過ぎない時代に「天下布武」という壮大な、他人からみれば失笑ものの目標を掲げ、そして事実上実現します。




直虎は政次を失って以来、見失っていた「生きる目標」を得ます。



「太平の世を実現する」



万千代を使い、家康に太平の世を実現させる。失笑ものの目標を新たに設定したのだと思います。



おんな城主直虎の感想第46話「悪女について」いよいよ最後の段でございます。

直虎感想46話「父と子」

顔を合わせれば文句の応酬を繰り返してきた父と子。しかし、今宵、子は「父」の想いに初めて触れたのでございます。

生き残った者の嘆き

「死んでいく者は皆本望じゃなどと言う!」

「後に残った者の事など考えぬ!勝手なモノじゃ!!」



出奔した瀬名を追跡してきた万千代と万福。彼らの目的は家康が秘密裡に進めている北条との和睦を持って信長から許しを得る策を瀬名にも伝えるため。




しかし、前述の通り瀬名はもし家康の策が上手くいかなかった場合に備えて、自分は自分の策を遂行すると言います。




直虎は政次を思い出さずにはいられなかったでしょう。そして、瀬名に残される者の辛さとその身勝手さを責める言葉を放ちます。



「もう二度とあのような事は御免じゃ!!!」



勿論、万千代も万福も井伊家が政次の最期は聞かされており事実確認は知っています。しかし、事実関係だけでは「人の気持ち」は動かないのです。




怒り、嘆き、涙する直虎を前にして、万千代と万福は初めて、直虎がどのような想いで井伊家再興を諦めたのか、何を怖れ、何を願っているのかが理解出来たのだと思います。

父と子が望む世界

「何時までこのような事が続くのでしょうな」



信康を助けたい一心で身代わりとなった瀬名が亡くなり、そして、その願いも虚しく信康もまた自刃し亡くなります。




この親子は歩き始めた場所や、距離は全く違います。




しかし、目指す処は同じなのです。



「お前の父上を助けられなかった時」

「私はその想いを受継ぐ事にした」



亡くなった信康はもはや戻って来る事はない。しかし、その想いを己に宿して生きる事は出来る。



「お前が信康様の代わり身となればよい」



そのような身の程知らずな事は出来ないと反論しますが・・・。



「(家康も)息子のように国の行末について語られる家臣がいれば嬉しい」



かつて、井伊家の殿として、孤独な戦いをして来た直虎だからこその言葉です。TOPの孤独を知っているからこそ、真のおける家臣の存在がどれ程有難いかを知っています。




この言葉、直虎がどのような想いで直親を、政次を見送って来たのかを知った万千代です。そして、その直虎の言葉だからこそ、今度は万千代の心に届きます。



「このような悲劇を繰り返さない」



父と子はようやく、同じ方向を見て歩き出したようでございます。




以上、おんな城主直虎の感想第46話「悪女について」でございます。

今宵は此処までに致します。

→【公式】直虎と政次の物語を動画で再び!

→現在動画で視聴可能な大河ドラマ一覧!

→大河ドラマおんな城主直虎の感想第47話「決戦は高天神」

→大河ドラマ「西郷どん」キャスト一覧

→高天神城の戦い!岡部元信の奮戦と武田勝頼の落日

→大河ドラマ「武田信玄」

→何故語られない?長篠の戦いが無謀ではないこれだけの理由

→家康暗殺!田中城攻めで家康暗殺を謀った近藤武助とは実在!? 

→第47話「決戦は高天神」

→第48話「信長、浜松来たいってよ」

→第49話「本能寺が変」

→第50話「石を継ぐ者」