軍師官兵衛のあらすじと感想第15話「播磨分断」です。政職様・・・!あんまり笑わせないで下され!「焼き餅」焼きながら「ヤキモチ」語るとは・・・!しかし、この軍師官兵衛は脇役が濃すぎる・・・!!軍師官兵衛のあらすじと感想第15話

軍師官兵衛のあらすじ第15話「播磨分断」

天正6年(1578年)正月。信長は度々茶会を催し、それを政治にも利用するようになっていた。この信長主宰の茶会に招かれるのは名実ともに織田家重臣の証。そこには秀吉の姿もあった。

→【公式】歴代の秀吉と官兵衛は?

→宇喜多直家役陣内孝則の大河履歴を振り返る

→上月景貞役土平ドンペイは平清盛にちょっと出ていた・・・!

軍師官兵衛のあらすじ第15話上巻「出世の近道」

安土城の茶会には播磨統一を成し遂げた秀吉も参加してた。信長日本で下剋上を成し遂げたが織田家中で下剋上を成し遂げたその筆頭は秀吉。




しかし、この活躍を快く思わないものも当然いる。




滝川一益もその1人。



「城を二つ落として播磨統一とはね(笑ププ!)」



秀吉も当然家中の風当たりの強さは分かっている。そして、まだ自分は重臣の末席に過ぎないことも。




秀吉は敢えて毛利攻めの最終戦は信長の出陣を願い出る。一番美味しいところは「信長」に任せることで家中の反発を和らげるためである。無論、阿吽の呼吸で信長も秀吉の魂胆は見抜いている。
見抜けない嫡男信忠は、



「自分が!」



と出しゃばるが信長は一言。



「毛利はわしが叩き潰す」



と宣言するのであった。




さらに、毛利攻めの邪魔になる本願寺を早く調略するように村重に命じるのであった。




姫路城。




黒田家に珍しい客が尋ねてきた。櫛橋左京進である。左京進は力の娘二人を引き取ると官兵衛に告げる。さらに、播磨が戦場になったのは全て官兵衛が織田に入れあげたため、力の出家も上月景貞の戦死も官兵衛の調略と罵る。




その後、父隆職との話で櫛橋左京進の志方城に、毛利の間者と思しき人物の出入りがあることを告げられる。官兵衛憎しで回りが見えていない今の左京進なら、毛利へ寝返りを打つ可能性も考えられる。官兵衛と隆職は手を打つ事にする。左京進だけでは何もできないが御着の政職を巻き込むべく動くはず。

スポンサードリンク



軍師官兵衛のあらすじ第15話中巻「ヤキモチ」

御着城。




いつものように碁を打つ官兵衛と政職。官兵衛と隆職が予測した通り左京進は「官兵衛の悪口」ばかりを言っています。



「やきもちじゃ。男の悋気はみっともないのぅ」



大河姫

今迄で一判笑ったwwwwウケ狙いではない。殿はガチだ。




お前が言うか?
という突込みは置いといて、決して愚かではない政職は当然そんなはなしには耳を貸さなかった。




一方、光は病床の紺を見舞う。紺は斎(いつき)の件で松寿丸を人質に出した官兵衛と光に感謝していた。



「私の目の黒い内はかってな事はさせない」



そう宣言して光を安心させるのであった。

軍師官兵衛のあらすじ第15話下巻「泣く」

石山本願寺。




では荒木村重が顕如の和睦交渉を担っていた。しかし、勘如は信長を信じる事はできないと和睦を拒否。自ら申し出た「和睦」が失敗したことに暗澹たる気持ちになる村重。摂津有岡城へ戻るとだしの膝で泣いた・・・。



大河姫

村重!!羨ましいぞ‥‥!!!




村重は交渉失敗の報告を信長に行う。意外にも信長は村重を咎めない。だが、秀吉の傘下で毛利攻撃に加わるように命じる。村重には従う以外にすべはなかった。しかし、秀吉傘下に入るには村重には忸怩たる思いが込み上げる。




加古川。




加古川では毛利攻めの陣立て評定が行われようとしていた。小寺家に関しては御着の政職から一任を取り付けている官兵衛。前回、秀吉に挨拶にこなっかった別所に関しては、事前に半兵衛と共に長治と謁見。反織田方であった別所賀相も「織田に付く」事を納得。加古川へは長治が参陣するとの言質を取っていた。




しかし、賀相は加古川に長治はこない。驚くもう1人の叔父重棟。さらに、会議を扇動。



「織田信長は播磨を羽柴秀吉に渡す!本領安堵の毛利につく!」



と。官兵衛が衝撃を受けたのは、義兄、左京進もそれに賛同した事。別所賀相と左京進は繋がっていた。裏で糸を引くのは毛利。




志方城。




志方城へ単身乗り込んた官兵衛。そこには安国寺恵瓊が。




官兵衛憎しで回りが見えない左京進に対して、自分の首を差し出してまで思いとどまるように説得する。刀を抜いた左京進は官兵衛の頬を切る。



「次は戦場じゃ!」



ついに、官兵衛は義兄とも戦う事になったのであった。




以上、軍師官兵衛のあらすじ第15話「播磨分断」です。

軍師官兵衛の感想第15話「播磨分断」

今週は面白かったですね。大河ドラマ軍師官兵衛らしい回。群像劇で主人公がいない感じでした・・・・




この軍師官兵衛は、



「官兵衛を中心に、周辺の人物の魅力を引き出す」



ドラマですね。

あたかも、光源氏の周りの女性たちが魅力的な「源氏物語」のような・・・。
飛躍しすぎかな・・・?




この官兵衛を中心として群像劇で異彩を放っているのが、



荒木村重とだし夫妻



ですね。
あの感じ、きっとファンも多いんじゃあないでしょうか。だしにすがって泣く姿と安土で申し開きをする村重。江口信長いいですね。信長(セリフ少ないけど)中々な感じです。




信長は使えない物は捨てる(村重談)んですけど、けっして村重を低く評価はしていない。それがにじみ出ていますね。それに気づかない村重さん。




そして、それと比較されるのが、完全に調子に乗っている秀吉夫妻。この秀吉が明るく活き活きしている分後半が楽しみですね。




昏ーくー昏ーく陰気な秀吉。




ちょっと違和感があってもったいないなと思うのが、櫛橋左京進と力の二人。左京進は官兵衛をよく思っていない描写が最初からありましたね。あ、あと、力さんも。




左京進の官兵衛嫌いは序盤で描かれいましたが、途中織田につくと決めるあたりではそんな雰囲気が描き切れていなかった。あそこまでキレる位官兵衛がキライなのであれば、なんかもう一押し描いて欲しかったかなと思いました。




官兵衛に対しての「嫉妬」なんかがあるのは分かるんですけど、もう一つ厚みが欲しい・・・。金子ノブアキさんが熱演しているのでちょっともったいなく思いましたね。




あと力さんもですね。
力はいきなり筋の通った人になって、官兵衛とも和解?(強壮剤持ってきたりとか)している。まあ、実際はそんなもんだとも思うのですが、なんかあと一つきっかけとなる「エピソード」を描いても良かったかな。



以上、軍師官兵衛のあらすじと感想第15話「播磨分断」でございます。

大河姫

今宵は此処までに致します。

→【公式】歴代の秀吉と官兵衛は?

→軍師官兵衛のあらすじと感想第16話「上月城の守り」

→宇喜多直家役陣内孝則の大河履歴を振り返る

→上月景貞役土平ドンペイは平清盛にちょっと出ていた・・・!

→大河ドラマ「西郷どん」

→大河ドラマ「翔ぶが如く」

→大河ドラマ「武田信玄」

→大河ドラマ「おんな城主直虎」